• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.044 結城浩/サイエンスを、正しく、楽しく/手書きノート(9)/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.044 結城浩/サイエンスを、正しく、楽しく/手書きノート(9)/

2013-01-29 07:00

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2013年1月29日 Vol.044

    はじめに - サイエンスを、正しく、楽しく

    結城です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。 昨日(2013年1月27日)、TBSテレビの「夢の扉+」という番組を見ました。 サイエンスCGクリエーターの瀬尾拡史さんのお話で、たいへん感動的な回でした。 あなたはごらんになりましたか?

     ◆夢の扉+ サイエンスCGクリエーター瀬尾拡史さん
     http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20130127.html

    瀬尾さんは、人体を正確にヴィジュアル化するお仕事をなさっている方です。 瀬尾さんは、東京大学の医学部に合格した後、 半年で二年分の単位を取ってしまい、 開いた時間を使ってCGの専門学校に通ったのだそうです。 さらに「私を留学させなければ東大医学部は後悔する」という主旨の 嘆願書を出してアメリカの大学に留学。たいへんな行動力です。

    そして、人体を精密にヴィジュアル化(さらには3D化!)するために たくさんの努力をします。単に「わかりやすく」見せるだけではなく、 気管支を精密に3D化することで、医師の内視鏡トレーニングにも使えるとか。

    結城がいちばんぐっときたのはこの方のモットー。それは、

     サイエンスを、正しく、楽しく。

    というものです。 単に「楽しく」するだけではない。「正しく」という態度。 結城はここにすごく共感します。

    結城も、自分が書く本を通して、

     プログラミングを、正しく、楽しく。
     数学を、正しく、楽しく。

    伝えていけたらいいな、といつも思っているからです。

    結城はめったにテレビ番組を見ないのですが、 たまたま見てたいへん感銘を受けたのでご紹介いたしました。

    では、今回の結城メルマガをはじめましょう!

    目次

    • はじめに - サイエンスを、正しく、楽しく
    • 本を書く心がけ - 手書きノートのスナップショット(9)  ・『数学文章作法』初校ゲラより(1)
       ・『数学文章作法』初校ゲラより(2)
       ・『数学文章作法』初校ゲラより(3)
       ・『数学文章作法』初校ゲラより(4)
       ・『数学ガールの秘密ノート』校正メモより(1)
       ・『数学ガールの秘密ノート』校正メモより(2)
       ・『数学ガールの秘密ノート』校正メモより(3)
       ・『数学ガールの秘密ノート』校正メモより(4)
       ・『数学ガールの秘密ノート』校正メモより(5)
    • 次回予告 - 教えるときの心がけ - CodeIQで出題して
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。