• このエントリーをはてなブックマークに追加
『オリジナルヨーヨー』作ってみた。 & 今日は『ポケモン ダイパリメイク』、明日は『テラリア』生放送!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『オリジナルヨーヨー』作ってみた。 & 今日は『ポケモン ダイパリメイク』、明日は『テラリア』生放送!

2021-11-26 10:00
  • 5

 あ、どうもこんにちは、いい大人達のオッサンです。


 いろいろ話したい事はあるのですが、まずは先日のオリジナルカードゲーム『マッツァンカードゲーム』最新情報特番でもチラリとお見せした、このオリジナルヨーヨーを見てくれィ!

32f9dfebb6728c9f68d6f64da75863ebee5e8a2e5c8e09bb1b24c6cb0ebeac211e804cb205668277

 格好よかろうー・・・!(^ω^)←満面の笑み


 ヨーヨー本体の横、着脱可能なキャップ部分に直接印刷を施し、それをヨーヨーにはめ込む事で完成となるこの『オリジナルヨーヨー』は、スキルトイ総合店スピンギアさんが展開するサービスの1つ。

 ↑の写真のデザインは、私オッサンのオリジナルキャラクター『不落の重装戦術家』(↑写真右)の『』をモチーフにメンバーのタイチョーに描き下ろしてもらいつつ、さらに少し注文を加えさせてもらったモノ。


タイチョー
「キャラクターそのものを描き込む事もできるけど、本当に盾モチーフだけで良いの?」
オッサン
『うん!』(←即答)


 いやまぁ、うん、分かってるのよ、こういうキャラ物アイテムってのはその名の通り、『キャラ』がそこに描かれるのが基本って事くらいは。 でも私オッサン的には、好みのキャラそのものよりも そのキャラが身に着けているモノをモチーフにした何か、の方が好物だ。

 ・・・この辺、わりと本気でその理由を書き出してみたのですが、読み返すほどに『もしかして現実と妄想の区別がついてねーんじゃねーか こいつは・・・!』と言われかねない内容になった(という自覚はちゃんとある)ので、記事終盤、チャンネル会員限定スペースに移すことにしまして。



84f6803b8e2633cabb552693e3c1aca4c799a6e8

 それはそれとして、この新たな『不落ヨーヨー』(ストリングプレイ向き)で改めて遊んでみているのですが、ヨーヨーが変わると操作感もだいぶ変わってくるんですなぁ。 これまで使用していた『メタルウィング』が金属製だったのに対し 今回のはプラスチック製、まぁ違いが出て当然ではありますが、スリープ状態からの持続エネルギーにかなりの差を認識、『ブランコ』の成功率が3分の1に減りました。 ヌフゥ。

 こういう差異もヨーヨーの面白さですな、よぉし練習するぞ不落ヨーヨー、またこの『不落』って字面がじつに良いじゃないか、さらに気に入ったぞ!



 ところで皆さん、こういった『ヨーヨー』が登場するというゲームをご存知ですか?

 その名もテラリアっていうんですけども、じつは私オッサンただいま1ペースで『テラリア』生放送企画を進行中でして、しかも明日11月27日(土)13:00から その生放送が予定されているという、うーんなんたる偶然! ・・・というナチュラルかつ無理のない展開で しゃれ込む前回のおさらい、ゲーム内状況もかなりの終盤となってまいりました!





 8回目の放送では、近接タイプから改めて魔法タイプに戻るべく強力呪文『マグネットスフィア』を探しにダンジョンに潜ったり、当たり前のように にっしょくブラッドムーンが押し寄せて『しにがみのカマ』が手に入ったり、軽い気持ちで『パンプキンムーンメダル』を使ってみたら百鬼夜行に呑まれかけてオギャァァとなったり、まだ本気ではないらしいオールドワンぐんだんを撃破したり、ジャングルの地下にあるという『ジャングルテンプル』を探し出すべく我々探検隊は危険な生物達が闊歩するさらにその先へと分け入っていったのであったり、神殿の内部構造が絶妙に『チョコソフトクリーム』だったり、ボス『ゴーレム』が『スペクター装備』の前にバラバラに砕け散ったり・・・等々、濃厚な冒険を堪能しましたな!

1da7dc10ab355d21f43f20d5f38efd7a6f1bde4d
タイムシフト視聴は↑の各リンクより、放送後3週間が期限、後々アーカイブ動画化予定!)



 『ジャングルテンプル』の発見には てこずりましたが、しかし一方で、あれだけジャングル地下の奥の奥を探し回ったのに結局は地下の入り口近くにあったとか、しかも じゃあくな大地 に点在する縦穴の中でも特に深い深~い穴の奥底がじつは神殿の入り口だったのだ、のような所謂『思い出』は獲得できたように思われます。

 もちろんこれは後付けの妄想と言えばそれまでなのですが、一定の法則はあるにせよコンピューターがランダムで作り上げる『テラリア』の世界は、そのすべてに後付けの余地がある空間でもあります。

 じゃあくな大地がジャングルを飲み込むほどに地表を覆うのであればそれはまさしく『じゃあくなとちぎけん』(ワールド名)であり、この世界の砂漠は大抵いつも砂嵐、人の住まう地は赤月・日食・襲撃に見まわれ、しかしこの地には伝え聞く かの名剣『アルカリス』が眠り、天高く雲の上に存在するという 空島わんぱくランド(勝手に命名)は シケたことに宝箱が置いていない───。

 そんな面白な世界で今回、じゃあくな大地のひときわ巨大な縦穴の奥底に目指すべき謎の大神殿が顔を覗かせていた、しかもその構造は誰が見てもチョコソフトクリーム・・・なんとステキな記録と記憶の数々ではありませんか。

 そんなステキな、じつに妄想しがいのある世界を引き続き楽しむべく、今後も妄想を迸らせながら遊ばせていただきますよぉ、えぇ!





 というわけで次回、第9回目となるテラリア生放送は、明日11月27日(土)13:00より長時間スタイルにてお届けします、たしか次のボスを倒しちゃうと世界がまた大変なことになるんじゃなかったっけ・・・? 建築釣りをするなら今のうちでしょうかな!

 よろしければぜひ、お付き合いください!








 ここからはお知らせ!

 本日11月26日(金)は20:00より、メンバーのマッツァンによるポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド初見プレイ生放送を予定、放送外にて ひたすら地下に潜ったその成果をお見せできるとはマッツァンの言!

 お楽しみに!


ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール
公式サイト → https://www.pokemon.co.jp/ex/bdsp/ja/





 以降の放送スケジュールは、チャンネルTOPページ右上からアクセスできる月間スケジュールをご覧ください!
9cff2a758de86190b1ab2bdbbea92231e9d42709







 そしてここから先は、記事冒頭の好みのキャラそのものよりも、そのキャラが身に着けているモノをモチーフにしたアイテムの方が好物だとするその理由に話が戻るんですが、といったところで始まるch会員限定ブロマガスペース。


 過去の動画や生放送でも幾度か話題にしていますが、早い話が、子どもの頃の思い込みが原因の1つなんじゃないかと考えてまして。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

オッサンさんの気持ちわかるなぁ…装備の装飾や紋章とか描かれてるの好きですね
ただの妄想だけど、そのキャラに近づけたそうな気がするんですよね

No.1 2ヶ月前

相変わらずオッサンの熱量がすごい(いいぞもっとやれ)

No.2 2ヶ月前

斜めから見ると装飾部分を立体的だといいなぁって思ってしまうなぁ。
キラキラ宝石付けたい(笑)

No.3 2ヶ月前

いい大人達ヨーヨー欲しい・・・w

No.4 2ヶ月前

子供によくある事ですねと微笑ましく思おうとしたら、想像した顔が今のオッサンのままで失敗しました。

No.5 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。