• このエントリーをはてなブックマークに追加
新・贅沢図鑑『珍しい高級魚』編!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新・贅沢図鑑『珍しい高級魚』編!

2016-06-28 11:39
    先日、アコウと言う魚を知り合いから頂いたので、煮付けにして食べました。
    アコウはなかなか釣れませんが、とても美味しいので好きな魚のひとつです。

    そこで、普段スーパー等では見る事のない「珍しい高級魚」はどんなのがいるんだろうと調べてみました。もともと釣りと魚が大好きなので名前は聞いたことある魚が多かったけど食べた事ない魚ばかりでした。

    食べた事ある方がいたら感想聞かせてください。
    それでは、なかなか市場に出回らない『珍しい高級魚』をご紹介します!

    1.クエ

    sakana1.jpg

    和歌山などでクエ鍋として有名な『クエ』。
    養殖もされているので見たことはあるって方は多いと思いますが、天然物となると話は別です。

    漁獲量が少なく、大物となるとかなりの高額で取り引きされます。
    大きさにもよりますが、1キロあたり約1万2千円ほどで、1匹20キロの大物だと30万円にもなります!

    鍋料理に使われる事が多いので、冬の魚のように思われがちですが、1年を通して美味しい魚です。
    夏に産卵を終え、体力を戻す為、秋口にかけてエサを食べまくるので、この時が一番美味しいという猟師さんもいるほどです。

    2.アカムツ

    sakana2.jpg

    『アカムツ』は水深100~200Mに棲息する深海魚で、大きくても40cmぐらいの魚です。
    高級魚としてグルメ番組などで取り上げられる事も多い為、市場でもあまり値崩れせず、1匹約1万円ほどで取り引きされています。

    ちなみにこのアカムツ、別名『ノドグロ』とも呼ばれており、理由はその名の通り口の中、いわゆるノドが黒い為です。

    どのくらい黒いのかと言うと、
    sakana3.jpg

    このぐらい真っ黒です。
    あと、深海に棲むからか「ウオノエ」という寄生虫が口の中に入っている事が多く、釣れた時に口から寄生虫が転がり出てきて知らない人が悲鳴を上げるなんてのも良くある事です。

    苦手な人もいると思うので画像は載せません(笑)

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。