• このエントリーをはてなブックマークに追加
冬の一人旅に最適!”日本で唯一流氷が見れる”北海道・知床を紹介!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

冬の一人旅に最適!”日本で唯一流氷が見れる”北海道・知床を紹介!

2017-01-27 19:17
    バックパッカーとなり、世界中を旅する…男の夢のひとつですよね。
    今ひそかなブームとなり年々注目されている1人旅にお勧めのスポットを紹介していくコラム『大人の男の一人旅』

    第13回目は、北海道にある"日本で唯一流氷が見れる"「知床半島(しれとこはんとう)」の魅力を紹介したいと思います。
    知床半島はアイヌ語で"地山の突き出た所"を意味する「シレトク(sir etok)」が名前の由来。特に積雪量も多く、流氷が見られるなど冬のアウトドアに最適です。

    ということで夏場にも魅力たっぷりのこの半島ですが、今回は冬の知床の魅力を紹介していきたいと思います!

    ◆知床の場所や交通手段は?

    01.jpg

    知床は北海道の斜里郡斜里町と目梨郡羅臼町にかけてあり、オホーツク海の南端に突出している半島。西のオホーツク海、東の根室海峡とで挟まれています。

    知床へは、遠方の場合各最寄りの空港から「女満別(めまんべつ)空港」「根室中標津空港」「釧路空港」などにアクセスするのが便利です。今回は最も便のある「女満別空港」からのルートをご紹介します。
    「女満別空港」へは、東京からは約1時間40分、大阪からは約2時間。到着したらレンタカーなどの車なら約1時間。観光バス「知床エアポートライナー」を利用すれば約130分で「ウトロ温泉バスターミナル」まで行くことができます(料金は3,300円)。

    飛行機は1日1~3便程度となっているので、乗り遅れたりすることのないよう注意しましょう。また、悪天候などで運航休止となる場合も多いため、天気予報などは随時確認しておきましょう。

    ◆知床の魅力

    ここからは冬の知床ならではの魅力をご紹介。

    知床の冬の風物詩「流氷」

    03.jpg

    知床の魅力として欠かせないのが、オホーツク海沿いの地域で見られる「知床の流氷」。毎年1月から3月頃にユーラシア大陸にあるアムール川でできた大量の流氷が流れ着きます。

    09.jpg

    網走・紋別なども流氷が有名ですが、こちらは船に乗って流氷を見に行きます。ですが知床は流氷を受け止めるような形の地形のため、陸上にいながら接岸した流氷を見ることができ、観察しやすい地域なのです。

    09.jpg

    また、夕陽と流氷の組み合わせが見られるのも知床ならでは。流氷に反射するオレンジ色の夕陽はかなりの絶景です。
    おすすめのポイントはウトロ市街地にある「夕陽台」。知床の漁港とその奥で広がるオレンジ色の海を一望できる数少ない場所。入場料無料なのも嬉しいですね。

    流氷ウォーク

    05.jpg

    そしてなんと知床では、流氷の上を歩く「流氷ウォーク」ツアーも体験することができます。
    ウトロ市は、流氷の接岸期間が長く量も多いため、流氷の上を歩いたり流氷の合間に浮かんだりして楽しむことができます。

    なんてクレイジーなツアーだと思った方もおられるかもしれませんが、ご安心を。
    流氷の浮かぶ海に入っても問題ない上下一体型の流氷専用ドライスーツを普段着の上から着用して楽しみます。保温性が高く、水も入り込まないので心配はいりません。また、浮力も高いので泳げない方も溺れる心配はありません。

    04.jpg

    ドライスーツを着たらあとは楽しむだけ。流氷の上を歩いたり、流氷割りにチャレンジしたり、海に浸かったり、自由に流氷と触れ合いましょう。

    また、流氷の近くには「流氷の妖精」と呼ばれるクリオネも運がよければ見ることが出来ます。間近で泳ぐ姿を見られるのもこのツアーならではではないでしょうか。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。