• このエントリーをはてなブックマークに追加
向井理ら登壇!『いつまた、君と ~何日君再来~』大阪舞台挨拶レポ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

向井理ら登壇!『いつまた、君と ~何日君再来~』大阪舞台挨拶レポ

2017-06-05 11:16
    こんにちは、インライフ編集部のヤマセです。
    2017年5月27日に行われた、映画『いつまた、君と ~何日君再来~』の大阪舞台挨拶へ行ってきました!
    この映画の企画者でもある向井理さん、そして尾野真千子さんが登壇されたトークの様子をレポートしたいと思います。

    logo1.jpg

    映画『いつまた、君と ~何日君再来~』は、2017年6月24日(土)より公開予定。今作は、俳優・向井理が祖母の卒寿(90歳)のお祝いに、家族や親戚と自費出版して送った祖母の手記を、映画化に向け自ら7年の歳月をかけて企画してきた意欲作です。

    主演である、祖母・芦村朋子役を演じるのは、尾野真千子さん。そして向井理さん自身が、祖父・吾郎役を演じます。メガホンを取ったのは、3月に前編、5月に後編が公開されてまだ記憶に新しい映画『サクラダリセット』などを手がける深川栄洋監督。そして脚本は、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の脚本家である山本むつみさんという豪華なスタッフ陣により製作された、戦後の日本を生き抜いた家族の物語となっています。

    試写会初!上映後の舞台挨拶

    05.JPG
    今回の大阪での舞台挨拶には尾野真千子さん、向井理さんのお二人が登壇。
    上映後まもない観客の方達がまだ感動に包まれる中、舞台へ2人が上がると、まずはそれぞれ挨拶を行ってくれました。

    上映後の舞台挨拶はこの大阪が初ということで、すごく緊張していると話す向井さんですが、「少しずつ皆さんの手元に届くようになってきました。よろしくお願いします。」と意欲作が日の目を浴びることをとても嬉しく思われているように感じました。
    主演を務めた尾野さんは「朋子役を演じる中で、戦後まもない混乱の時代を生きる大変さを学ばせてもらった」と、向井さんに改めてお礼を言いながら、そんな作品を上映前から多くの人に見てもらえて嬉しいと話されていました。

    タイトルや主題歌の言葉「何日君再来」について

    01.JPG

    自身の祖父にあたる吾郎役を演じた向井さんですが、祖父といえど、実際に会ったこともなければ、あまり家族での話にも出てこなかったそうです。その為、演じるにあたって何か特別考えたということはなく、自身の家族の話というよりも、昭和の時代に生きた"ひとつの家族"の話を作りたかったと話してくれました。

    そんな家族の物語の主題歌、そして朋子と吾郎の縁をつなぐ重要な曲「何日君再来」。原曲は1937年に上海で製作された映画『三星伴月』の挿入歌で、当時の日本でも空前の大ヒットとなり、テレサ・テンをはじめ多くのアーティストがカバーした名曲です。

    そんな「何日君再来」の日本語バージョンを今作の主題歌として歌うのは、「とと姉ちゃん」でヒロインを務めた高畑充希さん。みんなで試写を見たときに、曲をエンドロールで聞いた尾野さんは号泣したそう。向井さんも「本来主題歌は映画の余韻を残すために流れることが多いのに、余韻というよりはラストの登場人物のひとりとして全てを最後に包んでくれていた」と話されていました。

    「何日君再来」とは、「いつの日君帰る」。"いつかまた、君と会えたらいいな"といった歌詞の内容も、非常に2人のことを言い表している楽曲「何日君再来」にもぜひ注目して映画を楽しんでもらえればと思います。

    続きはこちら
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。