• このエントリーをはてなブックマークに追加
永瀬正敏、河瀬直美監督が登壇!映画『光』大阪舞台挨拶レポ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

永瀬正敏、河瀬直美監督が登壇!映画『光』大阪舞台挨拶レポ

2017-06-09 10:59
    こんにちは、インライフ編集部のshoyaです。

    いま話題の映画『光』の大阪での舞台挨拶に2017年6月3日行って来ました。この作品は第70回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に選出され、私もスゴく気になっていた映画です。
    logo.jpg

    永瀬さんと河瀬監督のタッグは2015年上映の映画『あん』に続いて2作目。歓喜と感動に満ちた《愛の溢れた映画》『光』を製作されました。ヒロイン水崎綾女さんは映画『ユダ』で大胆な濡れ場を披露した女優。脇を固める役者には藤竜也さん・神野三鈴さんなど演技派が出演。視力を失いつつある天才カメラマンと視覚障害者に向けた『映画の音声ガイド』に関わる女性の真実の《愛=光》ストーリーとなっています。

    舞台挨拶

    01.JPG

    壇上に現れた永瀬さんと河瀬監督の印象ですが、永瀬さんは映画『光』の雅哉役とは異なりミージシャンの様な雰囲気を醸し出したクールな大人。河瀬監督は一見、気難しそうなオーラを出していましたが、話し始めると軽快な関西弁が居心地良く、途中途中で笑いも欠かさない話上手。対照的な二人のトークは和やかな雰囲気の中、スタートしました。

    02.JPG

    カンヌから帰国したばかりの二人は、今までで最高のステージだったとカンヌでの出来事を話し始めました。
    まず一番感動したのは10分以上続いたスタンディングオーベーション。さすがの永瀬さんも男泣きし、河瀬監督と抱擁を交わしたのだそう。また受賞の連絡はスタッフから永瀬さんが先に聞き、監督はそのとき電波の届かない所で観光を楽しんでいたそうです(笑)。

    主人公の雅哉はカメラマンという役ですが、永瀬さんも普段からカメラが趣味。実は祖父が写真館をやっていたのも影響しているとの事。監督のこだわりでカメラは2眼のローライフレックスを使用。理由は直接相手を見ずに撮れるので、柔らかな表情が撮れるからだそうです。そんな永瀬さんの写真展が、8月31日まで小豆島で開催されているので、『光』を見たあとはこちらもチェック。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。