• このエントリーをはてなブックマークに追加
OTOKOMAE NEWS~男前ニュース~Vol.61
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

OTOKOMAE NEWS~男前ニュース~Vol.61

2018-05-16 11:50

    役所広司はなぜ「ビール俳優」になったのか?


    1.jpg

    役所広司(62)が今春からアサヒビールの新商品「アサヒ グランマイルド」のテレビCMに出演している。矢野顕子が歌うBGMに乗って、瑛太とともにソファで真面目に談笑したり、じゃれあったりする姿が映し出される。瑛太との初共演や、大貫妙子の楽曲を矢野顕子がカバーしたことで、注目が集まっている。
    しかし、それ以上に業界関係者の注目を集めているのが、役所の「ビール俳優」という側面だ。役所といえばこれまで、サッポロビール「ヱビスビール」やキリンビール「一番搾り」のCMに出演してきた。一番搾りのCMには2000年、2014年と2回出演。広告業界きっての“ビール俳優”といえるだろう。

    2.jpg

    「同業他社のCMに出ると批判が起きるタレントもいるなか、役所は別格。あの眼力と顔力はインパクトがあるので、企業側としても『やっぱりビールならこの人』となるのでしょう。それぞれのビールのCMも役柄や演じ方が違う、工夫されているので視聴者も気にならないのでしょう。またこれまでスキャンダルなどもなく、安心して起用できる“キレイ”な俳優というところもポイントだと思います」(芸能リポーターの川内天子氏)
    一方、CM業界ではどう見られているのか。関係者の一人は言う。

    続きはコチラ

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。