• このエントリーをはてなブックマークに追加
草彅剛・市井昌秀監督 映画『台風家族』大阪舞台挨拶
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

草彅剛・市井昌秀監督 映画『台風家族』大阪舞台挨拶

2019-09-05 15:51
    9月4日(水)に大阪市内で開催された、映画『台風家族』先方上映会の舞台挨拶に主演の草彅剛さんと市井昌秀監督が登壇した。
    IMG_9713.JPG

    本作は、2019年9月6日(金)に全国ロードショーされる。 『箱入り息子の恋』『僕らのごはんは明日で待ってる』で知られる市井監督が12年間かけたオリジナル脚本となっており、ブラックユーモア溢れる"ある一家の真夏の1日"を描いた作品。

    ストーリー


    紙袋を覆面代わりに被った老人が地方銀行で2000万円を強盗。金ピカの宮型霊柩車で逃走し、妻と共に行方をくらます。 強盗事件はあっという間にニュースになったが、老夫婦の行方も、霊柩車も、奪われた2000万円も不明のまま月日は過ぎていった…
    時は流れ2018年。台風が近づくある夏の日、鈴木小鉄は妻の美代子と娘のユズキを連れて実家へと車を走らせていた。10年前に銀行強盗をして世間を騒がせた両親の葬儀に参列するためだ。葬儀といっても、死体はおろか霊柩車すら見つかっていない。にもかかわらず形式的な葬儀をする理由は、きょうだいで財産分与を行うためだった…

    続きはコチラ

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。