• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

第25回 ウッチ―プラネット 伝統とは?選手のイメージとは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第25回 ウッチ―プラネット 伝統とは?選手のイメージとは?

2016-06-19 11:23

     梅雨入りとなり、「雨の宮杯」の季節となってきました。雨の開催は関係者や選手は望んではいませんが、宮記念杯だけは気持ち的に雨も難なく受け入れられます。時期的なものやキャッチフレーズ的になっている「雨の宮杯」のフレーズがそうさすのだと思います。

     ただ、びわこ競輪場が無くなり持ち回り開催になってからは、そんなイメージも薄れてはきていますね。歴史と伝統と言う言葉が一番似合っていたGIでもあります。

     その由縁は高松宮家ゆかりの近江神宮。

     その参道脇にあるびわこ競輪場に殿下が冠を授けて頂き始まった特別競輪であるからです。

     そして独特の東西対抗戦。
    c5463867f70755afc56093de8f7207781d74bb68

     以前は勝ち上がりで東西全てのレースが別れていました。

     ゆえに、準決勝は2つ。

     決勝で初めて東西対抗となる形式でした。特色のあったGIでした。それも歴史であり伝統を作り上げてきた要因でしょう。

     私はプライベートでゴルフをします。そして他のスポーツ観戦もテレビではありますが良く見ます。勿論、自転車のロードレースもそうです。歴史があり成功しているスポーツには伝統があります。その伝統は主催者による所が大きいと感じます。そして選手やファン加速させ出来上がって行くのだと感じます。そこにはぶれない信念がある。

     ロードレースの世界ではステージレースの頂点をツールドフランスなどのグランツールであり、ワンディレースの頂点は世界選手権になっています。確かにオリンピックにも

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。