• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

2017UCIトラック世界選手権 二日目レポート 「ベリーバット…ベリーベリーバット…もっと頑張らなくてはいけない」と言って会場を後にしたベトゥコーチ。 3選手とも男子ケイリン敗者復活戦敗退
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017UCIトラック世界選手権 二日目レポート 「ベリーバット…ベリーベリーバット…もっと頑張らなくてはいけない」と言って会場を後にしたベトゥコーチ。 3選手とも男子ケイリン敗者復活戦敗退

2017-04-14 11:37

    2017UCIトラック世界選手権も二日目。観客の入りは良さそうですね。夜の部は結構入っていたと思います。

    二日目の日本選手の出場は男子ケイリンのみでした。

    が、二日目はなかなか厳しい結果となりました。

    3選手の内、1選手は二回戦に進むだろうと思っていたのは幻想でした。

    やはり、世界選になると出場してくる選手の顔つきが変わってきます。

    よりハードにレースに挑んでくるのでありました。

    世界チャンピオンの重さを感じる一日となりました。

    また、昼の部が終わり、日本選手がすべて敗退し、ホテルに引き上げる間際にベトゥコーチの虚ろな目つきで、「ベリーバット…ベリーベリーバット。もっと頑張らねばなりません」と言っていたのが非常に印象的でした。

    頑張れニッポン!



    男子団体追い抜き

    76c860ec2767bb6d6f33be594934a476b64a7d346b4b0ae155e462e73ec91e524b0b9c5e1f046241e5d28fa4b5b6371a7330d81d4ecbb5514db18750
    3f8cabfdb579460ca3c34c3a8d267b136e4830ab

    オーストラリアが強かったですね。

    そして、メンバーも交代してきて表彰台には6選手が並んでいました。

    ここのところ、交代して次につなげる作戦が多いと思います。それだけ、高いレベルの選手が揃っている証なのでしょう。

    ハイレベルのパフォーマンスを出すには強化だけではなく、多くの選手の育成が必要ですね。

    特にエンデュランス系の種目は多くの選手が必要と感じました。

    ■男子団体追抜(決勝)

    1位 オーストラリア 3:51.503

    2位 ニュージーランド  3:53.979

    3位 イタリア 3:56.935



    男子ケイリン

    356153563ab42c8bca88cfd46e7aa4f65227a1b858a50995061841e8a78056b6bb597aaec5524c61

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。