• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

第34回ウッチープラネット  第71回日本選手権競輪(ダービー)を振り返って
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第34回ウッチープラネット  第71回日本選手権競輪(ダービー)を振り返って

2017-06-03 15:34

    今回はダービーを振り返ります。

    昨年からゴールデンウィーク開催になったダービー。雰囲気は時期的な事もあり少し変わり場内はレジャー感が漂っていました。競輪界で一番重いタイトルでありますが、これも時代の流れです。

    選手も以前の様な雰囲気はなく、時代が変化。

    世間と競輪界も同様です。
    b20192559f9db65669de39a2f819d2a31627c2e7

     

     勝負の世界に生きる選手達が徐々に減ってはきています。しかしタイトル戦の中心選手達はやはり以前の様な緊張感を前検日から漂わせています。そんな選手にならないとタイトル争いは出来ないとも言えます。

     京王閣ダービーは2年振り。前回は平原が順調にそれまでのスケジュールをこなしながら調子を上げてシリーズを迎えました。そして勝ち上がりを見ても平原が抜けた存在で決勝も勿論本命。平原自身もダービーのタイトルを獲りにきた雰囲気がありました。そして迎えた決勝。展開は読みやすいメンバー構成。平原が中団確保から捲り優勝の図式。しかし、3月開催のダービーで季節の変わり目。その日に限り強風が吹き荒れました。動きながら位置を獲る平原の

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。