• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【Mリーグ】ゼウスの凋落
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Mリーグ】ゼウスの凋落

2020-12-03 16:00
  • 4
e18a4b8800b6695bbc6a97ca2e96275b97cc80e2

東家と北家の2軒リーチを受けた丸山プロの選択。
ハネマンはほぼ確定の高打点、みなさんは何を切りますか?

a3086369acc79636278b0bfecca59fa03894f9dc

丸山プロの選択は打發:麻雀王国でした。

では園田プロ、村上プロ、たろうプロがこの發:麻雀王国
切るか? といえば、おそらく切らないと思うんですよ。

麻雀打ちは教わらなくても勝手に強くなる

「育成」という名目でMリーグ入りした丸山プロですが
打ち筋は誰かに似ているわけではなく、むしろオリジナルです。

どちらかといえば現Mリーガーの中では
強欲で強気な打牌がかなり多いような気がします。

他人に影響を受けるのは良い面も悪い面もある

同じようにキャリアの浅い瑞原プロや岡田プロも
チームメイトや他のMリーガーに大きく影響を受けていると思う。

他のプレイヤーに影響を
受けるのはむしろ良いことのほうが多いです。

しかし打ち方、いや考え方を
完全コピーすることは不可能ですから

真似すべきところ、真似しなくて良いところを
自分の判断でうまく取捨選択するしなければならない。

見よう見まねは失敗すると毒になる

丸山プロの場合、手組面は
うまく取り入れているようにみえますが

押し引き面に関してはまだ
セルフコントロールができていないように感じます。

b44c6d785ccbbadf0454268cf4e2b3aeee97ecab

チームメイトである鈴木たろうプロの選択。ここから打六筒:麻雀王国として
高打点ルートを広げにいきます。まあ、らしいといえばらしいですね。

麻雀はバランスのゲーム

とは鈴木たろうプロの言葉でした。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2021/01/26
    特南の歩き方 牌譜添削version
  • 2021/01/27
    2020年度版 現役麻雀プロがガチで天鳳位を目指すブログマガジンが選ぶMリーグランキング 第8位
  • 2021/01/28
    2020年度版 現役麻雀プロがガチで天鳳位を目指すブログマガジンが選ぶMリーグランキング 第7位
×
昨年のMリーガーランキングに変動がありそうですか?
もし変動があるなら今年もランキング知りたいです。
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

変動はかなりありそうです。12月後半から書き始める予定です。
1ヶ月前
×
「たろうプロはビハインド時のバランスに問題あり」その通りだと思います。
好きに打てばいいとは思いますが、3s放銃や清老頭狙って誤ポンって…ってなりました。

1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

そろそろ結果を出してほしいですよね!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。