• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2022/07/10
      【Mリーグ】ドラフト会議は7月11日
    • 2022/07/30
      天鳳の

    牌譜添削 天鳳七段

    2022-07-07 16:004時間前
    50pt
    7月6日の天鳳 4-1-3-1  九段 3090/3600  
    7月6日の雀魂   1-0-1-3  魂lv2 14.4/20.0

    今日の牌譜添削はAさんです。
    1月に降段してから、特上200戦ほどで鳳凰に復帰しました。最近はあまり打てていないのですが、復帰後は好調で8段復帰が近い状況です。以前より打点や待ちの強さを意識して打っているつもりなのですが、そのように打てていますでしょうか?アドバイスをいただければ幸いです
    良い構想力だと思います。素晴らしい(*^-^*)
    打点を作るスキルは上がりましたが、今度は使いどころです。

    7817ac4070b89fcee973fbf9f35da0d616bafcbb

    南3局2着目の西家です。トップと6000点差
    3着と2800点差、4着と6800点差という点数状況。

    さて、何を切りますか?

    67296fdfb3eb3e2c80f4475a6c0586bdcea0bf18

    オーラスに近づけば近づくほど
    点数状況判断の重要性は増すものです(牌図A)

    2着→1着 賞金4500円up     6000点差
    2着→3着 賞金4500円down
  • フロンティアスピリット

    2022-07-06 15:00
    50pt
    7月5日の天鳳 1-0-1-1  九段 2850/3600  
    7月5日の雀魂   1-1-1-0  魂lv2 15.6/20.0

    82b5c2aec17640f50255120803b7073ab3722fae

    僅差のトップ目で迎えた東3局。
    親の先制リーチを受けてどうするか?

    7d8303ae9d0733b0b94f344d3fe6f7e6fd5121d9

    現物の打八索:麻雀王国とする人多いと思います。

    「トップ目vs親リーチはベタオリ推奨」
    確かにマニュアルにはそう書いてありますね。

    アドリブを利かせよう

    この巡目で、そこそこ良いイーシャンテンなら
    四萬:麻雀王国もテンパイ勝負するつもりで七索:麻雀王国を打ちましょう。

    5c45f4f1f01d6f52fa4e9eebcda94fdd573f850e

    ここで持ってきた七萬:麻雀王国をどうするか?

    94f706885705a7c8a9172a03aa892e656e3d8284
    ワンチャンスだから押すね

    という人は、かなり危険思想の持ち主です。
    いいですか?五索赤:麻雀王国よりも大切に持っていた六萬:麻雀王国なんですよ。

    リーチ者の手牌に関連している可能性は高く
    待ちに絡んでいたとしても全くおかしくないでしょう。

    よってここは――

    a4298cf74f03dd737131ad501263ff72eb2911b3

    結局勝負しとるやないかーい!
    まあ聞いてくださいよ。ここでタイトルの回収です。

    フロンティアスピリット=開拓精神

    七萬:麻雀王国は普通に危険牌ですが勝負します。ただし
  • 新九段坂奮闘記2 vol.25

    2022-07-05 12:302
    50pt
    7月4日の天鳳 2-0-0-1  九段 2760/3600  
    7月4日の雀魂   0-0-1-0  魂lv2 15.1/20.0

    948b6f6f92160e0e5527054cc9544a408ddad5ff

    即リーチ、ダマテン、テンパイ外し
    あなたはどの未来が優秀だと思いますか?

    ca751d5ae8ff7881ee4a529eaebea5eb5db8b585

    ドラは三索:麻雀王国九索:麻雀王国が2枚切れ。ピンズは三色絡み
    期待打点面で、テンパイ外しが比較優位ではないでしょうか?

    64f6104b13fa7db31d6501d2a90242879a35860b
    上家にピンズを先切りしたいなぁ・・・・

    という感覚は正しいと思います。
    麻雀にリスクの無い選択は存在しないのです。

    将来放銃するリスクを負ってピンズを残すか?
    打点逃しのリスクを負って先にピンズを放すか?

    リスクを選択することが選択の肝となります。

    ab07d2039357b28996536e20db10fca70dd334f4

    アガリ逃しのリスクを負って打点を追求
    親リーチ相手にも堂々とフリテンで追っかけましょう!

    e6ec6610fdaf701a0df8165e7823338a8f66d02c

    このようにドヤってますが
    常に打点極振りを推奨しているわけではありません。

    275e61c64884311146b607733b04dd6019076851

    カンチャンからチー発進。この選択は
    打点狙いというよりも着順アップを狙っています。

    347cc4b985b8aadaa0a5d65ef7ae3331960718b0

    3着目の下家とは2600点差。
    20