• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2019/05/20
      目を鍛え、判断を鍛える
    • 2019/05/24
      点数計算ができない理由をガチのマジで考えた

    フリテン受けを残すプロセス

    2019-05-19 13:0023時間前
    108pt

    0a3bf9655ed7a5d6f4e428c428ec20e6c295ef05

    上家のリーチ、切り順に若干の違和感を感じますよね?(牌図A)
    今日はこのような、違和感が残るような切り順に関する考察の話をします。

    43b2fd718164d70439c654923e9d4b89359a7235

    このように完全孤立の数牌を打った後――

    5bb998b6eb97ec12ea0719d91a063481d3426e4e

    こう来ると、たとえドラじゃなくても6mは手元に残すじゃないですかー

    3bcfc54fabf63e39f997327f5de4f34b37387f0b

    その結果がフリテンチーです。対面の打8mからのツモの流れ
    なんとなーくですが、後引きだったことが予想できるのではないでしょうか?

    e0bc8ed1eb6dd6ed956c6465c2bcf58685326343

    また、このように8mをトイツ固定した後も――

    cfd42e4d4fcf1cfa7940328d3f1164b4c00b2fd4

    こうくると打5m6-9mのフリテン受けが残るブロックになりそうです。


    ・孤立牌を打った後、後引きでフリテンターツ
    ・トイツ固定の後に、後引きでフリテンターツ

    フリテン受けになってしまうケースは
    ターツの種を後から引いたケースがほとんどです。


    三萬:麻雀王国五萬:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国  

    カンチャンターツの選択です。打五筒:麻雀王国としたら――

    三萬:麻雀王国五萬:麻雀王国三筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 ツモ四筒:麻雀王国 打五萬:麻雀王国

    ダイレクトに裏目の四筒:麻雀王国を引いて
    フリテン受けのピンズ両面ターツを残すケースもあるでしょう。

    この場合は五萬:麻雀王国三萬:麻雀王国とターツを払
  • 特南の歩き方 牌譜添削version

    2019-05-18 15:00
    108pt
    今日の牌譜添削はBJさんです。BJさんは
    決定機では手堅い選択が多いものの、決定機以前は割と強気な選択が多いです。

    決定機 = リーチを受けた後の選択
    決定機以前 = リーチを受ける以前の選択

    必ずしも悪い選択というわけではないのですが
    先制テンパイが難しそうな手牌は、もう少し工夫してみてはいかがでしょう?

    4c4fcd75d3c4dcba38d34751255c0dc6c2e73f9d

    例えばこんな牌姿です。ちょっと厳しそうな感じがしますよね?

    3トイツから始めるチートイツ

    僕はこれ、チートイツに決め打っちゃいそうですねー

    ef9ec13082e28ab1d0283eb7f9c6d8a0d73c3615

    ここまでで3人無筋の孤立牌はすべて捨てている感じです。

    三萬:麻雀王国三索:麻雀王国六索:麻雀王国 OUT →  一萬:麻雀王国九索:麻雀王国發:麻雀王国 IN といった構えになってます。

    a6ce4723bf09e84000e7fd2dcb81ce51ac7ebbbc

    もちろん、チートイツのほうがテンパイしにくいですし
    アガリの可能性も減ると思います。しかしこのように考えて見てください。

    A・アガリ率20%の手牌 → アガリ率15%に下げる
    B・アガリ率10%の手牌 → アガリ率5%に下げる

    Aの場合はそこそこアガリが見込めるので
    他家の
  • 敢えて〇〇しないこと

    2019-05-17 12:00
    108pt
    393632c8f67056ab53452d198ecfad81171621da
    牌譜

    テンパイ受け入れマックスは打二索:麻雀王国です。しかしここは
    七筒:麻雀王国として、好形テンパイ受け入れMAXに構えるのがセオリーです。 

    3fd046db9e7efda2c61e4cd158a626cdcb70fa78

    こうなると 受け入れMAX=好形テンパイ受け入れMAX となるので打二索:麻雀王国
    これが基本フォームですが、敢えて打二索:麻雀王国としないケースも考えて見ましょう。


    四萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国 ツモ四筒:麻雀王国

    これなら手役という強い理由がありますので、四筒:麻雀王国をツモ切りたくなりますね。

    四筒:麻雀王国が全見えで、三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国が強く見えるケースは三索:麻雀王国四索:麻雀王国を払いそう。
    ソーズ受けが相当強く見えるようであれば、四筒:麻雀王国をツモ切ることもありますが

    いづれの場合も 何となく―― ちょっと良さげ――
    程度の理由では、敢えて基本フォームを無視する明確な理由とはなりません。

    c0f460f4e0fa66d7b5829e09aa05dd3d1edd2e3b

    二索:麻雀王国が若干よさそうだから―― と八索:麻雀王国を切ってリーチする人。
    確かに二索:麻雀王国七索:麻雀王国の比較なら二索:麻雀王国のほうが良さげです。しかしこの手牌は――

    33dbb0faa6fef1b7db9d488bd57e7d673bf2ffab

    タンヤオですのでこっちでリーチです。
    この程度の場況では敢えて基本フォーム外す強い理由とはならないのです。

    29ae19be7f8712853cae25d8233bf507a0d949e2

    何を打つのが基本か? と問われると