• このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/07/15 00:00 投稿

傷物語〈Ⅰ鉄血篇〉

それは3月25日―― 春休みのある日のこと。私立直江津高校に通う高校二年生・阿良々木暦は、偶...

結構死ぬまでに時間か 大惨事 誘ってんのか? メメさん主人公じゃん でれ 投げんなw 幕間の”KZM”何かと思 ここの羽川かわ Wow! びっくりした 見たかったやつ この台詞もなぁ 描写ふざけてて草 今ものすごく重い話を

再生 1,114

コメ 154

マイ 53

ニコニコポイント495pt7日間

傷物語 全話パック『Ⅰ鉄血篇/Ⅱ熱血篇/Ⅲ冷血篇』

傷物語の全話パックです。Ⅰ鉄血篇/Ⅱ熱血篇/Ⅲ冷血篇が含まれています。

ニコニコポイント1,040pt 30日間

あらすじ

それは3月25日―― 春休みのある日のこと。
私立直江津高校に通う高校二年生・阿良々木暦は、
偶然に学校一の優等生・羽川翼と知り合う。
彼女の口から飛び出したのは、最近出没するという「金髪の吸血鬼」の噂だった。

普段人との関わりを避けているものの、気さくな翼のことを好ましく思う暦。
その夜、暦は噂の吸血鬼と遭遇する。
“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。
金髪金眼の彼女は、四肢を切断され、周囲に血を撒き散らしながら、暦に助けを請う。

求められるままに、キスショットに自分の血を与える暦。
次に目覚めたとき、彼は彼女の眷属に生まれ変わっていた。戸惑う暦に、キスショットは告げる。

「ようこそ、夜の世界へ――」と……。

スタッフ

原作:西尾維新「傷物語」(講談社BOX)
総監督:新房昭之
監督:尾石達也
キャラクターデザイン:渡辺明夫 守岡英行
音響監督:鶴岡陽太
音楽:神前 暁
アニメーション制作:シャフト
製作:アニプレックス 講談社 シャフト
配給:東宝映像事業部

キャスト

阿良々木暦:神谷浩史
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード:坂本真綾
羽川翼:堀江由衣
忍野メメ:櫻井孝宏
エピソード:入野自由
ドラマツルギー:江原正士
ギロチンカッター:大塚芳忠

2019/07/15 00:00 投稿

傷物語〈Ⅱ熱血篇〉

高校二年の春休みに、美しき吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード...

SEが軽いww 何良い話風に締めくく 良い女すぎる 悲しい それは思った 日本の夜明けぜよ エヴァみある 鉄壁スカート 電波女か? 聖騎士(パラディン) BGMww さっきのカバンと同じ かわいい しのぶかわいい 揉むのかと思った やったぜ...

再生 1,042

コメ 157

マイ 14

ニコニコポイント495pt7日間

高校二年の春休みに、美しき吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・
ハートアンダーブレードと出会った阿良々木暦。四肢を失い、瀕死の状態に
あった彼女を助けた暦は、しかし自らも吸血鬼になってしまう。

人間に戻るためには、奪われたキスショットの四肢を取り戻さなければならない。
怪異の専門家・忍野メメの助言を受けた暦は、過酷な戦いに乗り出していくことになる。

彼の前に待ち受けているのは、
身長2メートルを超える巨漢である吸血鬼を狩る吸血鬼・ドラマツルギーと、
巨大な十字架を自在に操る半吸血鬼(ヴァンパイア・ハーフ)のエピソード。
そして、吸血鬼退治を専門にする、物静かな人間・ギロチンカッター。

はたして暦は、3人の「敵」から、キスショットの四肢を奪い返すことができるのか?
雨がそぼ降る3月最後の夜、血戦の幕が静かに上がる―。

2019/07/15 00:00 投稿

傷物語〈Ⅲ冷血篇〉

ドラマツルギー、エピソード、そしてギロチンカッター――怪異の専門家・忍野メメの助力も得て...

ジョネスやん 最悪です 逆にどうやったら死ぬ あららぎ君カッケーな これは死にたくなりま 確かに 不穏すぎるんだが? 怖、マジかよ 凄い時間だった おもしろかった タイトル回収 かわいい ここ頭痛の表現か? 夢想 綾波シリーズ シュ...

再生 985

コメ 195

マイ 13

ニコニコポイント495pt7日間

ドラマツルギー、エピソード、そしてギロチンカッター――
怪異の専門家・忍野メメの助力も得て、3人の強敵との戦いに勝ち抜いた阿良々木暦。

彼はついに、吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの四肢を奪い返すことに成功する。
すべては、普通の人間に戻るため……。

しかし再びキスショットのもとを訪れた暦は、吸血鬼という存在、
その恐るべき本質を知ることになるのだった。
決して取り返しのつかない自分の行為を悔やみ、そしてその顛末に困惑する暦。
後悔にさいなまれる彼の前に現れたのはほかでもない、暦の「友人」羽川翼だった。
そして彼女が暦に告げた、ある提案とは……。