• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第445号】虚構新聞友の会会報
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第445号】虚構新聞友の会会報

2023-12-08 17:30

    第445号(2023.12.8)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.流言飛語~「今年の言葉」の話2023
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会のみなさま、こんにちは。虚構新聞のUKです。寒さが厳しくなってきましたが、いかがお過ごしですか。今月最初の会報をお届けします。

     まずは第8回友の会関西親睦会について、開催日アンケートへのご協力ありがとうございました。お答えいただいた方全員が「1月以降」で最も都合がつきやすいとのことでしたので、年内開催を予定していましたが、ひとまず来年に持ち越したいと思います。具体的な日程につきましては、1月中旬から2月初旬の間に開催できるよう改めてアンケートを行う予定です。

     さて、いよいよ12月ということで、今回のコラム「流言蜚語」は昨年に引き続き「今年の新語・流行語」を紹介。テレビでおなじみ「新語・流行語大賞」だけでなく、英米の出版社が発表した海外のトレンドも合わせて概観します。

     「今年もなかなか秋が来ないな」などと思っているうちに、今年も残すところあと3週間あまり。そんなわけで、今年も日本と海外で相次いで発表された「今年の言葉」を眺めながら、2023年を振り返ろうと思います。

     UK@虚構新聞社

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。