• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第107号】虚構新聞友の会会報
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第107号】虚構新聞友の会会報

2014-10-14 17:30

    第107号(2014.10.14)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.会員のみなさまへお詫び
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     会員のみなさん、こんにちは。社主UKです。「関西のJRは全て運休」を予告するなど上陸前の勢いの割には存外普通だった台風でしたが、みなさんは大丈夫でしたか。本紙社主室は先週迎えた新入社員の活躍で、本の山が倒壊、ティッシュの死骸が散乱するなど、室内に台風が吹き荒れたような惨状です。

     さて、ちょうど今日更新した記事にあるように、いつも出張版を寄稿している雑誌「週刊アスキー」が今週第1000号を迎えました。

     ▼祝1000号のはずが… 週刊アスキー、号数誤る
      →http://kyoko-np.net/2014101401.html

     本紙なりの祝辞ではありますが、内容について事前に断りなく書いたので、編集部から「24時間ニコ生で盛り上がってるところに水差すな!」と怒られるのでは…と、更新後1時間ほどメールとツイッターをドキドキしながら眺めていましたが、特に何も言われなかったのでそのまま寝ました。

     その後お昼に再度見てみたら妙にアクセスが増えているので、何だろうと確かめてみたところ、週アス公式ツイッターが「祝1000号のはずが… 週刊アスキー、号数誤る」と、本紙記事だという注釈なしのツイート。お叱りのメールも来ていないので、これが編集部なりのOKサインなのだろうといい方向に曲解しました。もし来月あたりに連載が急遽終了したら、「実は怒られたんだな…」とお察しください。

     さて、実は今会報を書いているこの瞬間、とても残念なお知らせが届いたので、今回は予定を変更してご報告を。詳しくは来週にも公になるはずですが、その前にあらかじめ会員のみなさんにお伝えしておきます。

     UK@虚構新聞社

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。