• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第155号】虚構新聞友の会会報
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第155号】虚構新聞友の会会報

2016-01-24 12:30

    第155号(2016.01.24)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.虚構記者になるには(第6回)
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会会員のみなさん、こんにちは。社主UKです。現在深夜、極寒の社主室にて、この会報を書いています。PC筐体が金属製なせいで、手のひらを置く部分が凍り付きそうなほどキンキンに冷えてます。

     さて、先週から続いたSMAPの件は月曜夜の公開処け…、もとい生放送で、何とも言えない気分ながらもひとまずは鎮火したように見えます。本紙も水曜日に「※ぐりーんのぐりーんはカタカナのグリーン。」を言いたいがためだけに書いた、「レンジャー5」記事を配信しました。

     ▼レンジャー5、存続へ メンバーが騒動謝罪
      →http://kyoko-np.net/2016012001.html

     実はこの記事内容に行き着くまでに、自分の中でいろいろあったのですが、それはさておき、概ね好評だったので読者の期待に対して、一定の役割は果たせたと思います。

     さて、今週の会報は連載「虚構記者になるには」の第6回をお届けします。これまでは書き方の話がメインでしたが、前回からは着想や発想というアイデアの話に入っています。実生活の上でこれが何の役に立つか分かりませんが(多分何の役にも立たない)、執筆の舞台裏という感じで楽しんでいただければと思います。

     UK@虚構新聞社

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。