• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ひとりぼっちの戦争】横山緑がニコニコ原宿ver終了に抗議デモを行う!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ひとりぼっちの戦争】横山緑がニコニコ原宿ver終了に抗議デモを行う!

2013-10-04 18:00
  • 15
88c524f3ef15846fa96b7c14201a83edc3a46590

2013年9月29日 原宿ニコニコ本社前・・・
そこには、たったひとりで大企業に立ち向かう男の姿があった。
男の名は、横山緑(36)





最新バージョン「GINZA」発表に伴ない、旧バージョン「原宿」の廃止が告知される。

使い慣れた「原宿バージョン」から強制的に「GINZAバージョン」へ移行を強いられる現実を前に、リスナーの一部からは反発の声が上がった。
その声の主の一人が、株式会社ドワンゴに対し全面戦争を仕掛けることとなる。
横山緑その人だ。

曰く、「あんな使いづらいプレイヤーは改悪だ!」

賛同する者が少ない中、それでも自分の信念に従い
孤軍奮闘、巨大な敵に立ち向かう決意をするのであった。


■何故そこまで「新ver」を嫌うのか?

彼は大の機械音痴だった。
前回の企画放送の時、初めてNLE※に触れ、漏らした言葉。
※NLEとは、ニコ生ライブエンコーダの略称。高画質配信を可能にする外部ツール。

「こんなのあったんだ」

驚いた。
配信を始めて4年、今まで見る事も使うこともなかったのだと言う。

周りに流されること無く、己の信じるものだけをこよなく愛する男。彼の生き様を見た。

彼には揺るぎないポリシーがあった。
『説明書は絶対に、読まない』

昭和52年生まれ。
実にファミコン世代らしい考え方である。


■「デモを起こそう!」彼はそう言った

筆者の携帯が鳴った。
「デモやるから看板つくっといて」

c5fecdd6ec9bf7e0ce9a4381e0100d2a27355ae7

1f6a70a0a68dd033a71c02e88945d974ed05a2ed

今、プロジェクトが動き出す。


■原宿警察へ許諾申請の手続きを取る

警察
「デモ?竹下通りで?何人でやりますか?」

筆者
「ひとりぼっちです」

…鼻で笑われる。

警察
「それはデモではないですね」
「街宣になるので申請はいりません」

終始半笑いで対応をされたが、警察から以下の条件を付きつけられた。
・車に気をつけること
・大きな看板を持たないこと
・デモを行う会社に連絡をする事(推奨)
・2人以上人数を増やさないこと

■ニコニコ本社・原宿へ連絡

筆者
「申し訳ありませんが、明日、原宿本社前でデモを行いたいと思います。」

ニコニコ本社スタッフ
「はい、分かりました」

以外にあっさりだった。

筆者
「つきましては、広報担当の方にお話を伺いたいのですが」

ニコニコ本社スタッフ
「そちらと警察との取り交わしなので、当社は一切関わりません」

ともあれ、承諾を頂いた。


デモ当日。
彼は、手ブラだった。

857ddd1da16562fdb840fce48272ccca896159a7
裸一貫、巨大企業へと戦いを挑む横山緑。
ヘルメット・抗議板を手に、いざニコニコ本社へ。

「シュプヒレコール!」
「シュプヒレコール!」

彼の声が街中に響き渡る。
先日36歳になったばかりのこの男。彼を突き動かすものは、一体なんなのか。

■原宿「竹下通り」に到着

a7cf40fe8519f780355e545a54de700232c6e535

29daeac3d9063dd154d8c5854af688ea74ef0c10

週末の原宿竹下通り。人の往来の多さに困惑。
ふと足を止め、彼の口から発せられる言葉に誰もが耳を疑った。

「…コワイ」

ニコニコ本社までの道のり、残り500m。
ここに来て、まさかの断念か。

ひとり戦うと宣言した男、横山緑。
それを見守る筆者。

彼は諦めなかった。
人の往来を掻き分け、恐怖に打ち勝ち声を張り上げる。
一歩一歩、足を進めていく。

彼の声に耳を貸す者は誰もいなかったが
それでも、声を張り上げ主張を続けた。

後に彼はこう語る
「たとえ伝わらなくても、行動で示すんだ」

まさに孤軍奮闘。彼はひとりで戦っていた。


■「伝わらない思い」真逆の結果を生む事に

88c524f3ef15846fa96b7c14201a83edc3a46590
ニコニコ本社前で思いの丈をぶつける。
人通りの少ないニコニコ本社前に声が響く。

そこで予期せぬ現象が起こった。
「ニコニコプレイヤーGINZA」の評価がうなぎ登りに上がっていったのだ。

彼の行動は、民衆の心を掴めなかった。

一部リスナーからは「反発するリスナーの多さを逆手に取った新手の宣伝活動」となじられた。

デモならぬステマ。
勝ち馬に乗ったのは、運営だった。

しかし彼の挑戦が終わることはなかった。


■「ニコニコカフェ・ショップへ直談判」

47fea08fd1ef35d6739e1e45e65ea683fe9b9d03
ニコニコ原宿本社2階にある「ニコニコカフェ」
そこで働くスタッフに直談判するべく、鋭い眼差しのまま店内に入る。

そこで待っていたのは、思いもよらぬ冷遇

横山緑
「すいませーん」

カフェ店員
「・・・」

横山緑
「すいませーん」

カフェ店員
「・・・」

無視である。まったく相手にされなかった。
すぐさま3階にある「ニコニコショップ」へと向かう。

横山緑
「あの、僕のこと知ってますか?」

ニコニコショップスタッフ
「知りません」

その場にいた女性スタッフ5名全員が首を横に振る。

公式放送に何度も出演し、ショップにサインも飾られていた横山緑。
プライドを傷付けられた。
(サインは現在撤去されている)

心が折れる音がした。

その後、デモとは関係のないクレームを言い放った後、退散。
なんの収穫も得られなかった。


99175d37a5c60e2a855e8d692e24990b7b22569d

3b672efe22fb4c027fed7a20b68a5bbb5b8ede0d
ニコニコショップに貼られたポスター。

筆者
「彼ですよ」

ニコニコショップスタッフ
「…?」

アンチコメントには耐性があった。

しかしこの対応は、アンチよりも辛辣であった。

『好きの反対は嫌いではなく、無関心』

打ちのめされた。
このあと、更なる仕打ちに打ちのめされる事となる。


■通報「警察を呼ばれる」

2f1d5e2516e9c142fc6ef59bc207a817d90bb160
通報が入った。警察4名に呼び止められ、事情聴取を受ける。

またしても辛酸を舐める。
しかし、怯むことはない。どんな状況でも、毅然とした態度は崩さなかった。

信念に従い行動する男、横山緑。
逮捕も覚悟の上であった。

しかしたまたま居合わせたガジェット社員も巻き込まれてしまい、大変バツを悪くしたのか、素直に警察の指示に従う事に。

こうしてニコニコ本社前デモ活動の幕は閉じられた。


■「諦めない心」タクシーでニコニコ銀座本社へ

f10ce8940c92950fd375f249e6c4dc4f2bb79b9e

折れたかに思われた心は、折れていなかった。
原宿を後にし、すぐさまタクシーに飛び乗り
目指すはニコニコ「銀座」本社。

bb2111007fc04e44af427de97c0fbd4d58c5b048

彼の戦いはまだ終わってはいない。
まだ始まってもいないのかもしれない。

ひとりきり、誰一人味方のいない中で、それでも信念を曲げず、大きな壁に立ち向かい続ける男、横山緑。

e74ca431f3678387b1d768fd29bed8469331ac78

彼を見守るのはここまでにしよう。

ひとりで挑み続ける男の背中を見送りながら
筆者は原宿の街を後にした。
(焼き肉を食べに行きました)



総括:
「たとえ伝わらなくても、行動で示すんだ」


次回の
暗黒行動連盟の活動は
『ニコニコ銀座本社』でデモ活動を行う。(予定)

力也記者名:力也
プロフィール:福井から上京し「綿菓子屋ふわり」を開店
半年で潰すも現在チラシポスティングで生計を立てながら
元気にニコ生で活動中。35歳。
コミュニティ:co352781
Twitter:https://twitter.com/lilyfilter
e-mail:lilyfilter2@yahoo.co.jp
ガジェット通信記者リンク:http://getnews.jp/archives/author/rikiya
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
『ライフログ』生主ブロマガ
更新頻度: ほぼ毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥110 (税込)

チャンネルに入会して購読

他5件のコメントを表示
×
記事が長い割りになんか熱が伝わってこなく
流し読みしてったら、最後に力也が書いた記事だと名前を見て分かった
驚きもなく、あぁと納得した
あぁ、つまらん と
97ヶ月前
×
身内のユーザー生放送のネタ。
しかも、内容は原宿のグッズショップで抗議活動をしたという茶番。
グッズショップの名前がニコニコ本社だから、だまされる奴いるんだろうな。

PS.ハゼは6時間粘っても釣れないにブロマガ会員釣るのはうまいな。
97ヶ月前
×
ひどい放送内容だったやつか
97ヶ月前
×
今更
97ヶ月前
userPhoto
ume
×
力也はだまって放送を切るくせをどうにかした方がいい
なんで最後走ったんだ?
そーゆーのは自分のコミュニティでやれよ
あとな、この記事は暗黒コミュでアップされてる動画を見れば大体わかる内容しか書いてねーんだよ
97ヶ月前
×
原宿バージョンは使い辛い。どう考えても新バージョンの方が上。
97ヶ月前
×
ブロマガ書くために放送したの?
副編集長の身内ネタなのに、あたかも身内ネタじゃないような書き方。

これがネットで一番おもしろいヤツを見つけるブロマガなの?
有料ブロマガならもう少し芯の通った企画・ブロマガにすれば?
97ヶ月前
×
○→シュプレヒコール
☓→シュプヒレコール
97ヶ月前
userPhoto
『ライフログ』編集部
×
>>14
ご指摘ありがとうございます。
記事内では横山緑の発言をそのまま掲載しております。
筆者は金八世代です。
金八第二期が最高傑作だと思っております。
あのラストシーン、加藤と松浦が警察に連行されて行く有名なシーン。
中島みゆきの「世情」が流れる中、母親が護送車を走って追いかけるシーンは今も鮮明に思い出すことが出来ます。
つまづき倒れる母親に何度泣いた事か・・・。名シーンです。
話が長くなりましたが、シュプレヒコールの波が通り過ぎて行くあの名シーンを一生忘れることのない筆者が間違えるはずがありません。

あーまた金八見たくなった・・・。
97ヶ月前
userPhoto
RTB
×
何で途中で帰ったんですかね?
最後まで見届けるべきだったのでは?
97ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。