• このエントリーをはてなブックマークに追加
ひとり旅部2[北海道稚内までヒッチハイク]1日目 出発!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ひとり旅部2[北海道稚内までヒッチハイク]1日目 出発!!

2015-02-27 11:44
    7bbe8af8fa016d1de1516cf35b4d1cec48fcd728

    ■2015年2月26日

    ■現在地
    北海道函館大沼公園前

    ■移動距離
    64km

    ■目的地まで あと
    620km


    本日の旅の感想


    本日から新たな旅が始まる。
    前回の「青森編」から、今度は北海道でヒッチハイクをすることとなった。
    フェリーで1時間半、北海道函館に到着。
    ここではどんな出会いが待っているだろう。

    2688573e93ffe712e0b6032f2cf4870f73617b91


    本日の旅の大反省

    舐めていた舐めていた舐めていた!

    やるんじゃなかった!北海道野宿!!
    駅の中だし、雨風防げているから大丈夫だろうと思っていたらとんでもない!!
    目が覚めたら全身の震えが止まらない、自力では止められない、勝手にブルブル震え続ける。

    眠ったのが午前3時、疲れていたせいもあって直ぐに寝た。

    それから2時間半、電車の時刻表を見に来た男性の物音で目が覚める。
    起きた瞬間は何ともなかったのに、段々と体が小刻みに震えだし身動きがとれなくなった。
    それから間もなく全身硬直状態でガタガタ震え出した。
    どうしていいか分からず震え続けていると脳内に「死にますよー」のアナウンスが流れ始めた。
    耳鳴りが体の活動限界をお知らせし始めたのだ。
    このままではきっとマズイんだと察し、自ら体を揺らし体温回復に勤めた。
    誰もいない駅でひとりブルブル縦横震え続けるオッサン。
    30分後、ようやく血液も温まり体の自由が効いてきたので、今こうして記事を書いている。

    しかし今も震えが止まらない。

    窓の外にはチラチラ雪が降っていた...どうりで寒いわけだ。
    なんとか暖を取る方法はないのか!?と思っていたその時だった。
    それは奇跡の出合いだった。
    北海道ならではだろうか、なんと公衆トイレに暖房が付いていたのだ!!
    あったかい!信じられないことにトイレがあったかい!!
    凍えきっていた体に生気がみなぎってくる。
    ここでさらに自販機の「あったか~い」コーヒーを購入、体の内側から温める。
    ふぅ…生き返った、生きててよかった。
    トイレがこんなに快適だなんて生まれて初めての経験だ。
    ヒッチハイク北海道編スタート初日で思い知る、完全に舐めていた。
    野宿なんて自殺行為だ、眠ったら死ぬ、間違いない。

    それからしばらく、どうにか理由を付けてリタイア出来ないかと考えを巡らせたが、良い考えが浮かばず
    このまま最後まで旅を続ける事を改めて決意した。





    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    『ライフログ』生主ブロマガ
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥110 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。