• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻雀最強戦2015著名人代表決定戦 B卓レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀最強戦2015著名人代表決定戦 B卓レポート

2015-08-08 19:00
    泥んこレースのB卓

    B卓は起家より、本郷奏多・植田佳奈・蛭子能収・福本信行の並びで始まった。
    6f8e194f8f1ad78667913021be4bc0a37c8a839d

    東1局 親・本郷 ドラpai_s_1p.jpg

    まず動いたのが福本である。
    a9ad4ef5de813da601252c5e08043694e877a7c0

    16ad3e0528e5459c20b46f9b4e57929ec63cd0a9

    pai_s_haku.jpgをポンしたもののまだテンパイまでは遠そうだ。ドラのpai_s_1p.jpgも孤立したまま。だが、ここから福本は何とマンズのホンイツへ向かった。蛭子のリーチを受けながらも最終的にこのテンパイに仕上げたのである。
    pai_s_2m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_9m.jpg pai_r_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpg pai_r_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpg pai_r_haku.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_haku.jpg

    強引な一色寄せ・役満狙いが不思議と上手くいく。それが福本の最大の魅力である。過去、同卓した植田から二度も役満をアガっている福本だけに、この対局でも何かが起こるような予感もした。

    さて、この局は西家・蛭子が最初にテンパイを入れた。
    1fff1164866b936604a88f590e7b88da5c84aad4

    e50d105a05d2f1d3f2c531b716e9eb83c13f96c9
    ツモり四暗刻がみえるイーシャンテンだったが、残したpai_s_2s.jpgを重ねてイーペーコーのテンパイが先に入った。強引に狙うのが福本流なら、素直に打つのが蛭子流。ここは暗刻のpai_s_3s.jpgを捨てpai_s_4m.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpg待ちでリーチをかけた。

    福本の仕掛けと蛭子のリーチに対抗すべく、親・本郷もpai_r_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgとチーして食いタンのテンパイを入れていた。
    9ed2ea70f4f4d318811502b793b4ee743970c466

    が、直後に蛭子のロン牌pai_s_4s.jpgを掴んでしまう。
    b3a85051033b4186cbda93f0d25e2a1e9d901c0e
    ここで勝負する人も少なくないはず。が、本郷はテンパイの誘惑に駆られることなく、このpai_s_4s.jpgを止めてテンパイを崩した。すぐにpai_s_6s.jpgを引いてカンpai_s_5s.jpgのテンパイを復活させる。

    が、もっと凄いのはこの後だった。本郷はもう1つの蛭子のロン牌pai_s_1s.jpgも引いてしまう。
    017877b012894b92686d67f9c45b20cafaac18a9

    44b400e9f37d4e88221903b12a438df97f1e7e20

    ここで本郷はこのpai_s_1s.jpgを止めてオリたのである。pai_s_4s.jpgで回った以上、pai_s_1s.jpgも捨てない。意志の強い打ち方に対し、ニコ生のコメント欄における本郷の評価が一気に上がった。対局前のアンケートでは支持率が低かった本郷だが、アカギを演じる単なるイケメン俳優ではなくかなり打てる雀士なのだという認識にさせたのである。

    次局、またもや蛭子にチャンス手が入った。
    東2局1本場 親・植田 ドラpai_s_3m.jpg

    蛭子の手牌
    pai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpg

    タンピンドラ2のテンパイである。ただpai_s_1p.jpgで3900になるのが惜しいのでリーチをかけるのが多数派だろう。ただ、蛭子は好形テンパイでも1巡だけヤミに構えることが多い。よって、今回も次巡にリーチをかけるのだろうと思われた。

    だが、ここで福本からpai_s_4p.jpgが飛び出した。蛭子がリーチならイーシャンテンの福本は捨てない牌である。蛭子の気まぐれが功を奏し、2着勝ち上がりでは非常に大きい満貫をゲットした。
    0e22b40946b47b9dcdad167b426e6b01a240fbb8

    とにかくこの日の蛭子はよくアガり、そしてよく放銃していた。

    東4局では本郷がリーチ。
    256571d87168fea436f08960e033171b6d072dd0

    1dbffc2fa89e8a85b9d912819435b2ee202647ab

    このリーチに蛭子が一発でpai_s_haku.jpgの5200放銃。

    だが、逆に南1局3本場では、蛭子が本郷からホンイツで取り返す。
    61ea8f5742584347dff1a4512e4efe29fdea4d5f

    b2909d4387d87ef3ce0a50fb640993acdf22a097

    pai_s_ton.jpgポン、pai_r_3s.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgチーとさらしてこの形。高めのpai_s_chun.jpg待ちにも取らず、pai_s_4s.jpgpai_s_7s.jpg待ちなのになぜかpai_s_8s.jpgを空切りするというお茶目なプレイを披露する蛭子だが、この手を本郷からアガったのだ。ただ、放銃した本郷も2000点なら御の字。むしろ一局進んだことで、植田・福本にとっては厳しい状況となってきた。

    が、ここで植田が親で粘りをみせる。
    d834244122b586a739f57466d628020e3c26caee

    まず、福本の仕掛けをかいくぐって蛭子から直撃を奪った。
    南2局 親・植田 ドラpai_s_nan.jpg
    pai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpg 蛭子からリーチ・ロンpai_s_3m.jpg 裏ドラpai_s_1p.jpg

    さらに南2局1本場は三つ巴のバトル。最初のテンパイを入れたのが本郷だ。
    北家・本郷 pai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpg pai_s_chun.jpgpai_r_chun.jpgpai_s_chun.jpg ドラpai_s_5p.jpg

    このテンパイ時に出たpai_s_hatsu.jpgを植田もポンしてテンパイを入れる。
    3d0d5a373826bf80443aef21a8e5bf73a0ae4dd5

    東家・植田 pai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpg pai_r_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpg ドラpai_s_5p.jpg

    さらにチンイツイーシャンテンの福本からドラが出る。
    48c971117d204c76112b06fdc935f518ae87d53a

    b5cee077728e037b9cb63ec4b75bebc935a60a4c

    当然、植田はpai_s_5p.jpgポンしてカンpai_s_4p.jpgからpai_s_5p.jpgpai_s_8p.jpgに待ち変え。

    この仕掛け合戦に翻弄されたのが蛭子である。子の役牌仕掛け(本郷)・親のドラポン(植田)・チンイツ仕掛け(福本)という構図。誰が一番安いかは一目瞭然だが、そもそも蛭子は本郷のロン牌pai_s_7s.jpgを持っておらず、その牌自体が福本に危険なのである。放銃で危機回避することはできないのだ。しかも本郷が福本に危険なpai_s_1s.jpg(福本のロン牌)を引いてオリ。

    そこへ蛭子に「うっかり」テンパイが入ってしまう
    3b44d7d4a48f74c7098b30321c005a2e942d2203

    f9bd5bc76aa4babb80930719f5ebf53a44e042e3

    何度も言うが蛭子は実に素直な打ち手なのである。

    蛭子(オリてるけどひょっこりテンパイが入っちゃった。下家の福本さんにはソーズさえ切らなきゃいいし、ドラポンの植田さんにはちょっと怖いけどpai_s_6p.jpgが3枚見えてるから通るかも…)

    みたいなことを考えていたに違いない。が、このpai_s_8p.jpgがまさに植田の親満のロン牌となる。これで2番手が植田になった。

    が、ここからラス親の福本がコツコツとテンパイ料や小さいアガリを重ね、植田の2番手を脅かしてきた。
    d076a90e1516fb62a4ab105cc01c919f01b010f7

    まさに渾身の粘りである。そして南4局2本場、植田から直撃を決め、2100点リードして2着に立った。
    26a81375ef0694346f5a1beed67a3824587fe505

    だが、福本の粘りもここまでだった。
    9925bcafada82aa4f898f26ff797439c70786bb3
    何と8巡目のこのイーシャンテンがついに埋まることなくノーテン終了。pai_s_6s.jpg単騎のイーペーコーテンパイを入れていた植田とノーテン罰符によって再逆転を許してしまった。生放送対局ではことごとく福本にやられていた植田がついに「福本越え」を果たした瞬間だった。


    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。