• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

近代麻雀プレミアリーグ後期決勝第2戦レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近代麻雀プレミアリーグ後期決勝第2戦レポート

2016-01-05 19:00
    208307727c38d9911918cab45367592f295f3987
    2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


    後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

    決勝2戦めは起家から達也・小林・和久津・寿人の並びでスタートした。
    3057a44334873c481ea08250cb708c1adf2fe386

    初戦トップの達也を逆転するための現実的な条件は、寿人・達也とトップラスかトップ3着なら無条件、トップ2着なら13100点差。小林はトップラスで10300点差、トップ3着なら30300点差、和久津はトップラスで42400点差。寿人を除く2人は、とにかく達也を3着以下に沈めないと話にならないという状況である。達也直撃が理想だが、山越しで達也を狙っても決まることは滅多にない。さらに、高い手が入ったとき達也以外から出た場合、アガらないわけにもいかないが、アガれば必然的に達也の順位が下がりにくくなり、結果的に自分の首を絞めてしまうことすらある。

    そんな厳しい状況の中、まずアガリを決めたのが達也だった。
    7dd70e87d80b59fc5ce72febbccd0c53662d1037

    4巡目にpai_s_6m.jpgpai_s_haku.jpgのシャンポン待ちでリーチ。

    東家・達也の手牌 pai_s_6m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_haku.jpg ドラpai_s_haku.jpg

    このpai_s_haku.jpgを持っていたのが前回2着の寿人である。
    71fe2b3459834de6618bad504956a6ffe883d927

    リーチ一発目に現物のpai_s_7s.jpgを抜いてオリている寿人だが、もう手に安全牌はない。前に出ようがオリようが結局pai_s_haku.jpgは切ってしまう牌だ。すぐに達也のアガリとなる。

    e846b15bd52ca2a916c4cddd69c6913fc92a183f

    裏も乗って7700のアガリ。前回2着の寿人からの直撃だけに、達也にとっては優勝に大きく前進するアガリとなった。

    さらに続く1本場。先にテンパイを入れたのは和久津だ。
    f9803663792f244a190336fc16120c565a1c11fd

    9f65a9890636af925a71fdd7d4f2e308133b0edb

    高めのpai_s_ton.jpgをツモって達也に親っかぶりをさせ、少しでも点差を詰めたいところ。だが、ロン牌は前に出なければいけない打ち手から出るもの。この局も、和久津のリーチ後にチーテンを入れた小林がすぐpai_s_haku.jpgを掴んで切る。和久津も見逃してツモが期待できるような待ちでもないので、アガらないとしょうがない。5200は5500のアガリ。
    fbf06dad84c03e6b7e3b474645bf71196112d5ee

    これで、持ち点は達也・和久津・小林・寿人の並びになり、ますます達也有利の状況になる。短期条件戦の場合、往々にして追いかける側の理想とは正反対の状況が出やすい。だからこそ、初戦のトップは大きいのである。守ってばかりでもいけないが、勝負すべき局面を冷静に見きわめ、それ以外は丁寧に受けていればいいからである。この決勝第2戦も東1局を終えた時点で、早くも達也の優勝が濃厚という雰囲気が漂う。



    東4局。ここで達也が珍しい仕掛けを見せた。

    78f667d9a2cf06f95564936fd0e9c62c6f9bd655

    9c06227ab608cd0f6a28875d518cfc21f7c3b1dd

    役牌のpai_s_nan.jpgをポンして2シャンテンという仕掛けである。小林なら当然のポンだろうが、達也の場合はまず鳴かない形だからだ。残った形はさほど悪くないとはいえ、仮にここで寿人のリーチを受ければアガリどころか放銃のリスクすらある。ただ、その寿人の親だからこそ仕掛けたのではないだろうか。

    東4局を迎えた時点での得点状況は、起家から達也36000、小林16200、和久津29500、寿人18300となっている。小林・和久津は親をすでに1回消化し、かなり厳しい状況。これに対して寿人は現状3着とはいえ、この親とラス親がある。達也にとって、最大の敵はやはり寿人なのだ。だから一発で親を落としたかったのだろう。結果、この局は寿人・小林のリーチを受けながら達也もテンパイで流局。最高の結果とはならなかったが、達也の勝負所での打ち方が見られた1局となった。



    南入。達也の二度目の親は、メンピンツモで連荘後、1人ノーテンで流局となった。
    79a059b96d1be28c484a032197fe618ade7a81f0

    小林がドラポン、和久津は国士のpai_s_1p.jpg、寿人はその両者に対し受けながらチートイツのテンパイとなった。結果、1人ノーテンとなったが前局でアガっているぶん、実質被害なしで親を流した。あと3局。だが、起家スタートは相手3人の親を落とさなければならず守ってばかりもいられない。ここからが勝負である。

    南2局。とにかく連荘あるのみの小林の親。

    00bcbff018ec980e59232124192890cdc34bae60

    こういう状況はまずテンパイ、そしてトップ者の足止めがテーマである。仕掛けだと打点が読まれやすく効果は半減するため、やはり先制リーチがベスト。その小林に最初のテンパイが入る。

    d6e5ce6e48387a228321d22d71dd095d478ffff3

    だが、この手は三色もみえる。また、ドラ引きでも手が高くなる。よって小林は、その両方を狙いテンパイ崩しの打pai_s_5m.jpgとした。

    だが、この後、小林の待ち望むテンパイ形がなかなか入らない。

    小林の手牌変化
    pai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpg ツモpai_s_5m.jpg 再びツモ切り
    pai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpg ツモpai_s_5s.jpg 打pai_s_5p.jpg(三色・一通の両天秤)
    pai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpg ツモpai_s_5s.jpg ツモ切り
    pai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpg ツモpai_s_3s.jpg ツモ切り
    pai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_8m.jpg ツモpai_s_3s.jpg ツモ切り

    何とここまで計5回のテンパイを崩している。しかも、途中、達也がpai_s_haku.jpgをポンして流しにかかっているにもかかわらずだ。納得のできないテンパイでも仕方なくリーチに踏み切る打ち手も多いだろう。だが、小林はとことん形を追い求めた。

    そしてようやくリーチにいけるテンパイが入る。
    982698077137cfea1844914151423417c481deee

    その待ちを達也が一発で掴む。
    5599d8549782de24995e4105cc9fa3fe5cfdfe77

    が、さすがにここは我慢してオリる達也。親の小林に放銃すれば、進局できないばかりか着順を一気に落とす可能性もある。アガった小林はおろか寿人を楽にさせてしまうのだ。結果、流局で小林は親を維持した。

    続く1本場。小林が鋭すぎる仕掛けを入れる。まずはこの手牌。
    c9e8cbc2981c65cff5a14c03adf8a8d8130056d4

    ドラ暗刻、ドラのシャンポンリーチも期待できるイーシャンテンの小林。前巡、pai_s_6s.jpgが薄いということで一通を見切った小林がpai_s_4s.jpgツモ。ここは、234の三色もみてpai_s_1s.jpgと振り替えるかと思われたが、小林はそのままツモ切った。この時点では真意を量りかねたが、直後にその理由が分かった。

    小林は上家の達也からpai_s_2p.jpgpai_r_2p.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_3p.jpgの形でチーし、打pai_s_4p.jpg。純チャンドラ2でpai_s_1p.jpgpai_s_3m.jpgのくっつきのイーシャンテンに組み替えたのである。
    95b61ddbcfae732740ab16870d0003d88586dd42

    この形も視野に入れてのpai_s_1s.jpg残しだったのだろう。この後、pai_s_2p.jpgをくっつけてのペンpai_s_3p.jpgテンパイを入れた小林。相手にしてみれば手役は絞れても、この待ちはかなり想定しづらいだろう。まさかの達也直撃もあるかと思った小林のテンパイだが、先にpai_s_3p.jpgツモで親満のアガリとなった。

    6bd3ef56d86845c4fdded76d85af512c802944d6

    これでトップ目に立った小林。だが、ここからが難しい。達也を3着以下に沈めるには、直撃が難しい状況である以上、和久津や寿人の復活が必須だからだ。小林は5本場まで連荘したが、結局達也のポイントを削ることは叶わなかった。



    ラス前の和久津の親は1局で落ち、迎えた南4局1本場。親のない小林は、この時点で役満ツモでも逆転できず、達也からの3倍満以上を直撃するしかないという厳しい状況。

    こうなると寿人と達也の一騎打ちである。
    b36b94bb76296eaf022c76eec2bf5d7f75718d85

    その寿人についに一撃終了の条件が整った。2000オールとテンパイ料で14200点まで戻した寿人。何とここで6000オールをツモれば、この半荘トップでアガリ止めができ、かつトータルでも優勝になるのである。

    その寿人がリーチ。
    ea8cbedfaf10a3649fdcfb6fec3c22abbd2b0e41

    待ちはドラのpai_s_5s.jpg単騎。ハネマンにはツモって一発裏1か裏2が必要だ。決して低いハードルではないものの、1局で決着する可能性はある。が、このリーチはツモれず流局。ただ、6000オールで終了という現実味のある条件がある以上、達也も安穏としてはいられない。

    さらに局が進み、寿人の条件も4000オールまで下がる。
    f687786170940a36a027a6b4f1441d07702a3d41

    そして南4局6本場7巡目、ついに一発裏ドラは不要の優勝リーチがかかった(積み場と供託3本があるためトップに届く)。
    ccfb90f53556afd9e98884cfcb07ac78b163d794

    いよいよ後がなくなった達也が、このリーチに突っ込んだ。そしてイーシャンテンで寿人のロン牌pai_s_4m.jpgを勝負し、放銃となる。
    380365561b2e9068f19fed5d809598c6ccce50cb

    4c928e41430c4bee06f1fd5033f204df777d76ca

    651ebf70dcd56538b836e4db8dfa625ea3bf677c

    ただ、寿人はトータルトップの達也からとはいえロンではトップになれないため、これでは決着しない。当然、見逃しも考えていたはず。巡目にもよるだろうが、特に小林・和久津からは万が一出たとしても見送っていただろう。ただ、トータルトップの達也がリーチに無スジを捨ててくる以上、見逃せばそのまま達也にアガられてしまう可能性もある。この局でケリをつけたい気持ちを抑え、寿人は手牌を倒した。

    達也は、このpai_s_4m.jpgが捕まったことで逆に窮地を脱したともいえるだろう。続く7本場、寿人は1000オール、そしてオーラス開始時には役満ツモでも優勝できなかった小林にも達也からの6400直撃がOKという状況になった。が、ピンチの後にチャンスありとはよくいったもので、達也に(寿人のpai_s_ton.jpgポンがあるので)4巡目にテンパイが入る。役なしなので当然即リーチである。

    b287832c953e10be66d9877359eb5272b8da6987

    この待ち、リーチ時点で山に5枚いた。随分手こずりはしたものの、終盤に達也がpai_s_3m.jpgをツモり長い長いオーラスにようやくケリがついた。

    決勝第2戦結果
    小林+54.5 達也+9.0 寿人-12.0 和久津-51.5

    決勝最終戦結果
    達也+78.1 小林+33.4 寿人+4.1 和久津-115.6

    後期の優勝は鈴木達也。前期決勝の惜敗のリベンジを見事達成したのである。
    23e061aab0ea1682b96567b265fa88c1c61129ba

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。