• このエントリーをはてなブックマークに追加
思い出「ロードランナー」「NUTS & MILK」その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

思い出「ロードランナー」「NUTS & MILK」その2

2013-08-16 14:40

    続きが、かなり遅くなってしまって申し訳ありません。
    書いてはみたものの、納得いかない部分があったので書き直しをしているうちに、こんなに期間が空いてしまいました。
    今回ので満足か?と問われれば、決してそうではないのですが、これ以上時間をかけても無駄じゃないかとも思いますので、とりあえずその2としてアップさせていただきます。



    さて、前回は、営業の中野さんと全国にある初心会という、任天堂の一次問屋の親睦団体を巡って、ハドソン製品の紹介と売り込みをしたところまで紹介しました。

    この初心会というのは、現在は存在しません。
    年代は定かではありませんが、1990年代後半に解散したと記憶しています。

    とにかく、任天堂さんから紹介された問屋さんの団体になるわけです。
    単純に初心会を通せばいいという事で動き始めたのですが、前回にも書いた様に、ファミコン自体でサードパーティというのが、初めてだった事もあって、そこら辺から分かって貰わなければいけませんでした。

    さて、このゲームの紹介に関しては、いろんな場所に行ったものです。
    とにかく説明出来る場所であれば、どこにでも行けばなんとかなるだろうと思ってました。
    とある玩具屋さんの会合があると聞けば、そこにファミコンとモニターを持っていって説明をさせてもらったりもしました。
    店頭でのゲーム大会などがあれば、そこにも出かけたと思いますが、まだこの1984年当時は、そういう店頭イベントはありませんでしたし、どちらかというと、対ユーザーでは無く、対ショップさんや問屋さんをメインに活動していましたので、そういう活動はしていなかったと記憶しています。

    さて、この時点でハドソンが生産を計画しているのは、両タイトルを合わせて30万本でした。
    これ以上作りたかったのですが、製造依頼するための資金が不足していたので、作る事が出来なかったというのが本当のところです。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。