• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

※無料記事【ミカド店長イケダミノロックの業務日誌】不定期連載 三鷹戦記(その4)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

※無料記事【ミカド店長イケダミノロックの業務日誌】不定期連載 三鷹戦記(その4)

2019-03-14 12:00

     ども! イケダミノロックです!

     大塚ギチくんの進捗をお伝えするこの記事もいよいよ佳境へ。ギチくんが代表を務めていたアンダーセル事務所の明け渡し作業ついに実施!

     前回お伝えしたとおり、アンダーセル社の残存物の所有権は「俺とリサイクル業者の相見積もり」によって管財人が決める。結論としては、俺の買値額が上回ったらしく、2月の末に管財人から「買取契約書を結びたい」と連絡があった。長い時間はかかったが、やっと事務所の明け渡しが決まった。

    0001d38061463897ae48d4da14af853418b6ce01

     管財人とやりとりする中で、買取の契約書には「退去の期日」を記載する必要があるようで、俺はその時点でタイへの出張を控えていたため、バッファを見て3月10日と記載した。しかし後日「もうちょい早い日付で」と訂正が入ったので、自身のスケジュールとの兼ね合いから落とし所として3月4日を指定。

     アンダーセルの残存物は、池袋ミカドの立ち上げ時の半分くらいだろうか? そんな経緯から俺は運送業者に2トン車を要請。最悪、入り切らない場合は廃棄処分場との往復を要請した。日付は4日完全指定だ。

     アスクルでダンボールを40箱発注。この数はランブルプラザのゴミ捨てを経験してる経緯から算出。ヤマト運輸には午前中にアンダーセルに配送するよう指示を出した。なぜならば、我々は管財人立会いでなければアンダーセルへの出入りが法律上できないのだ。なので、事前に部備品などの調達と下準備は不可能。何もかもその日の一発勝負だ。

     廃棄に関する人員は元アンダーセルスタッフのクドー、アニメハイスコアガールの設定担当のキバンゲリオン、おなじみルパン小島、秋葉原にある基板屋・マックジャパンのみなさま。ありがたい限りだ。みんなギチくんが大好きだから、手弁当で忙しい中、一肌脱いでくれたのだ。

     しかし、調べるとこの日の天気は雨。

     まぁ、やるしかないよね。ギチくんへの最後の恩返しだと思って……。

    754035483c513edd36207131e5fc60942fc9bc57

    (続く)
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ゲーセンミカドのブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。