• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【ミカド店長イケダミノロックの業務日誌】1月20日の所感
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ミカド店長イケダミノロックの業務日誌】1月20日の所感

2021-01-27 12:00

     ども、イケダミノロックです!

     配信でプレイした『龍虎の拳』は純粋な対戦格闘ゲームではなく、CPU戦メインの格闘ゲーム風アクションゲームと言えるかもしれませんね。あくまで対戦はオマケという感じで、最初の『餓狼伝説』もそんな感じでしたよね。

     『龍虎の拳』には『ストII』になかった「超必殺技」、そして幻影脚に代表される「対象ロック型必殺技」が搭載され、後の格闘ゲームタイトルに大きな影響を与えていたりします。しっかしCPU戦は難しかったですね(笑)。ほとんどノリがアクションゲームなので、技に上段・下段等の属性が存在せず、あくまで見た目でガードの上下を判別しているようです。なので同じ技をガードするとしても状況によって上段だったり下段だったりと、後の格闘ゲームのセオリーや固定観念を持った状態だとCPUにボッコボコにされます(笑)。

     『餓狼伝説』『龍虎の拳』の開発プロデューサーである西山さん(現ディンプス社長)は、前職カプコン在籍時代に初代『ストリートファイター』を開発した方でもあります。『ストリートファイター』もCPU戦がメインでしたよね。なのである意味、初期のネオジオSNK格闘ゲームタイトルのスタイルは「もう一つの『ストリートファイターII』」、あるいは「真『ストリートファイターII』」の姿と言えるのかもしれませんね。

     CPUにあったまるけどなんか憎めない『龍虎の拳』。移植もあるでしょうし、ぜひ遊んでみてね♪



    ■ゲーセンミカド YouTube
    ・ゲーセンミカド YouTubeチャンネル1
    https://www.youtube.com/channel/UCPrifqgoJmq7UgmRkZUKTJQ

    ・MIKADO GAME CENTER2
    https://www.youtube.com/channel/UCLC1pzg18WtM3VMcXSJeUvA

    ・ミカドライブ3
    https://www.youtube.com/channel/UCvGREfzd7UO7jkK6op-qM_A

    ■ゲーセンミカドグッズの通販まとめ
    ・マックジャパン通販

    ・SUZURIミカドショップ

    ・海外向け通販サイト(国内から買えます)
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ゲーセンミカドのブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。