• このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年2月12日「生シネ」『17歳』他、計3作品を紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2014年2月12日「生シネ」『17歳』他、計3作品を紹介

2014-02-13 13:08
    「生シネ」スタッフのFです。

    まずは、機材トラブルにより放送がとまってしまいましたこと、
    お詫び申し上げます。

    楽しみに待っていてくれていたみなさま、大変失礼いたしました。

    (1月29日まではタイムシフトでご覧になれます)
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv168034690


    ニコニコ生放送のタイムシフトは途切れた箇所ございますが…
    Ustreamのアーカイブ放送では途切れることなく視聴が可能ですので、
    ご覧になってみてください。
    http://www.ustream.tv/recorded/43716713

    他にもUstreamでは過去放送が無期限公開されております。
    見逃した回も視聴可能ですよ!

    ※生シネは2010年からUstream(http://www.ustream.tv/channel/cinesc-ust)で毎週お届けしてきている番組ですが
    2014年より、ニコニコ生放送でもお届け(同時放送)する事になりました。


    2月12日の放送でご紹介したのは、この3作品です。

    17歳

    0b07dab9419fbfacb66ea63e0754aa9edef4defa

    【ストーリー】
    「8人の女たち」「スイミング・プール」のフランソワ・オゾン監督が、少女と女の狭間で揺れ動く17歳の性を繊細につづった青春ドラマ。名門高校に通いながら何不自由ない生活を送る17歳の少女イザベル。バカンスに訪れたビーチで初体験を済ませた彼女は、やがて不特定多数の男たちを相手に売春を重ねるようになり…。主人公イザベルを演じるのは、モデル出身の新人女優マリーヌ・バクト。「まぼろし」のシャーロット・ランプリング、「輝ける女たち」のジェラル・ペラスら名優たちが脇を固める。

    祖谷物語 おくのひと
    c8dc76734c4a47b07b7481b931071adfd270c495
    【解説】
    日本最後の秘境といわれる徳島・祖谷(いや)を舞台に、都会からやってきた若者と人里離れた大自然の中で暮らす人々の交流を通し、大地に根ざして生きることの尊さを描いた
    長編作。弱冠29歳の新鋭・蔦哲一郎監督が35ミリフィルムで四季折々の自然をカメラに収めて撮り上げ、2013年・第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門にも出品された。東京から自然豊かな山里の祖谷にやってきた青年・工藤は、自給自足の生活を始めようとするが、一見のどかな村にも、土建業者と自然保護団体との対立や、田畑を荒らす野生動物と人間との戦いなど、さまざまな争いがあった。そんな時、山奥で質素な生活を送るお爺と女子高生の春菜に出会った工藤は、2人の静かな生活に心が洗われていく。しかし、時が流れるとともにお爺の体が弱っていき…。若手アクション女優として注目を集める武田梨奈がアクションを封印し、春菜役を務めた。お爺役に田中泯、青年・工藤役に大西信満。「萌の朱雀」の河瀬直美監督も女優として出演している。



    エヴァの告白
    2df7cbc3b224e3298ae8362046a98ca5b819570f
    【解説】
    マリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナーの豪華共演で、希望を抱いて新天地アメリカへと渡った女性が過酷な運命に翻弄され、それでも生きるためにある罪を犯してしまう姿を描いた人間ドラマ。監督は、「リトル・オデッサ」「裏切り者」のジェームズ・グレイ。1921年、戦火を逃れてポーランドからアメリカへと移住してきたエヴァは、病気の妹が入国審査で隔離されてしまい、自身も理不尽な理由で入国を拒否される。強制送還されそうになったエヴァは、彼女の美しさに見惚れたブルーノという男に助けられるが、ブルーノは移民の娘たちを働かせ、売春を斡旋する仕事を生業としていた。厳格なカトリック教徒から売春婦へと身を落としたエヴァは、彼女に思いを寄せるマジシャンのオーランドに救いを求めるがそれもかなわず、やがてある罪を犯す。




    話題にも登場していた3作品に共通したキーワードは『女優』でした!
    魅力あふれる女優陣のプロフィールをご紹介いたします。

    17歳 イザベル役/マリーヌ・ヴァクト
    1990年フランス・リヨン出身。
    15歳のときにオペラ座界隈のH&Mでスカウトされ、モデルとしてスタート。2011年にはケイト・モス後のイヴ・サンローランの香水”パリジェンヌ”のイメージモデルに抜擢される。20歳のときに女優デビューを果たし、本作で長編初主演を飾った。本作が出品された第66回カンヌ国際映画祭では、オゾン監督の新たなミューズとして注目を浴び、”カンヌの夜に咲いた昼顔”と世界中のメディアから絶賛された。


    祖谷物語 おくのひと 春菜役/武田梨奈
    1991年 神奈川県出身。
    10歳のころ、空手大会に出場した父の負ける姿を目にし、空手道場に入門。その後、月心会、全国防具空手道連盟などの大会で実績を残す。2008年映画「少林少女」でオーディションに参加し、合格。2009年映画「ハイキック・ガール」で初主演。琉球少林流空手道月心会黒帯。


    エヴァの告白 エヴァ役/マリオン・コティヤール
    1975年フランス・パリ出身。
    「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」でアカデミー賞主演女優賞受賞。舞台俳優である両親の影響を受けて子供の頃から舞台に立ち、オルレアンの演劇学校を首席で卒業。代表作は「TAXI」シリーズ、「インセプション」「ミッドナイト・イン・パリ」など多数。2010年、フランス文化を豊かにした貢献に対し、フランス芸術文化勲章を授与された。



    魅力的な女優はカワイイだけじゃなくて、特技があったり秀でた才能を持っていたりするのですね!
    女性の私から見ても、特に17歳のマリーヌ・ヴァクトがすごい好みです!
    みなさんはこの3人の中では誰が好みでしょうか?





    最後に、本番直後の中井さんと鈴木さん!
    e68f13597c01fecfb9ec3bb7cdf52537f20ef98f


    ※収録場所
    アポロ千駄ヶ谷スタジオ
    https://www.facebook.com/apollostudio.sendagaya


    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。