• このエントリーをはてなブックマークに追加
ガタガタに生え揃った前歯 矯正して笑顔を取り戻した私の話 [体験談]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ガタガタに生え揃った前歯 矯正して笑顔を取り戻した私の話 [体験談]

2016-05-24 20:00

    <提供元サイトで全文を読む>




    皆さんは、コンプレックスってどれくらいお持ちなんでしょうか。

    私は幼少期からコンプレックスの塊でした。

    人一倍外見の美しさに関しては敏感であり、ざっと挙げるだけでもA41枚がすぐにいっぱいになってしまうことでしょう。

    その中でも、特に私が悩んでいたことがありました。

    それは、ガタガタに生え揃った前歯です。

    こうして文章に書くのも恥ずかしく、出来れば誰にも言いたくはないのですが、私と同じようにコンプレックスで、長年悩みを持っている方の気持ちが少しでも軽くなればと思い、ここに私の半生を(大げさですね)書かせて頂きます。

    強いけどガタガタの前歯

    そもそも私がこの前歯を気にし始めたのは、小学校6年生の時です。

    それまではキュッとしまった小さな顎に、白く小さな歯が愛らしいと周りから褒めてもらっていたので、コンプレックスには思っていませんでした。

    歯医者さんへ行けば、「丈夫な歯だね、ステインも付着しにくいし、白くて綺麗だね。ただ、この前歯の裏側は磨きにくいでしょう。虫歯にならないように丁寧にブラッシングしてね。」と指導をされていました。

    私の前歯、上の前歯はタレントの優香さんと同じく、内側に倒れています。

    下の前歯はリアス式海岸のようにガタガタで、特に右の前歯は90度横に傾いていました。

    口をつむっていれば全くわかりませんし、ニコッと笑うと上の前歯がちらりと覗く程度で、私自身さほど気になりませんでした。

    そう、ずっと気にならなかったです。

    写真で客観的に自分をみて

    そして迎えた小学校6年生の遠足。そこでカメラマンの方にたくさんの写真を撮ってもらい、あとで希望の番号を伝えて焼き回ししてもらいました。

    届いた写真を両親に見せながら思い出に浸っていると、私と友人がアップに出てきました。

    今までないくらいの満面の笑みでの1枚です。

    ふと私の歯を見ると、真っ白で綺麗は綺麗なのですが、前歯の傾きがはっきりと映し出されていました。

    この明らかな傾きは、本当にショックでした。毎日鏡で見ているはずなのに、何故か忘れられない1枚になってしまい、それから大きな口を開けて笑うことはなくなり、話す時ももそもそ話すようになりました。

    あの時の写真は、今でも鮮明に覚えています。

    「あんな醜い歯並びを、決して人に見せるものか」と心に近い、写真を撮る時は口をつむって撮る癖がつきました。

    コンプレックスで歪んでいく心

    人はコンプレックスを持つと、それが美しい人に強い憧れを持ちますよね。

    逆に自分と同じような欠点を持つ人を見ると、どう思うのでしょうか。

    私の場合は、ガタガタな歯並びを見ると嫌悪感を抱きました。

    「この人はひどく汚い歯並びなのにそれを隠そうともせず、どういう神経で大口を開けて話したり、笑ったりしているのだろうか」と思い、なるべく避けました。


    一度コンプレックスを持つと、人の心はこんなにも歪んでいってしまうのでしょうか。

    矯正を決意するも……

    <続きを読む>

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。