• このエントリーをはてなブックマークに追加
学生時代「大仏」と呼ばれた私......30年かけてたどり着いた命がけのダイエット[体験談]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

学生時代「大仏」と呼ばれた私......30年かけてたどり着いた命がけのダイエット[体験談]

2016-12-03 20:00

    <提供元サイトで全文を読む>

    私は、生まれたときは2,300グラム程度の小さい赤ちゃんでした。

    そして、小学生6年生になるまでは、身長は高くても、体重は平均値でした。

    ただ、私は父親に似て、胴長で手足が短く、スタイルが悪かったのです。顔立ちも、糸のように切れ長の釣り目で鼻ペチャでしたから、見栄えがよくありません。

    何しろ、転んだときに、鼻ではなく頬をすりむいたくらいですから……。いかに鼻が低かったか、おわかりになると思います。

    私の見た目の取り柄は、色が白いことだけでした。

    それに比べて、歳下の妹は母親似で、手足がすらりと長く、くっきりした二重瞼の大きな目で、可愛いと評判の子供でした。

    「ペンギン」「大仏」と呼ばれた子ども時代

    小学校の頃から、父や母は、私を「ペンギンちゃん」とか「大仏さん」とか呼ぶようになりました。

    母は「ペンギンは、手足が短くて可愛い」と言いますが、父は「おまえの顔は、奈良や鎌倉の大仏にそっくりだよ」と言うのです。私は「大仏さん」と呼ばれるのが大嫌いでした。

    小学生の終わりから中学生の初めにかけて、私は膝を悪くして運動ができなくなりました。身長が急に伸びたため、骨と筋肉のバランスを崩したそうです。

    運動ができないのに、従来と同じように食べていたので、中学生の夏には、丸々と太ってしまいました。ぽちゃぽちゃした胴体に短い手足がついているので、まさにペンギンです。顔もますます大仏に似てきました。

    膝が治ると、母は「運動しなさい」と言うのですが、運動神経が悪くて、運動が苦手な私。学校の体育の先生もあきれるほどなので、体育の授業が苦痛でした。

    妹は運動神経がよく、体育の先生のお気に入りです。

    私と妹は、小学校から同じ私立学校に通っていましたから、教わる先生も同じです。妹は「あんたの姉さんはダメだね」と体育の先生に笑われたそうです。

    高校に進むころには、すっかり太ってしまいました。160センチ63キロですから、たしかに太りすぎです。一方妹は160センチ45キロで、スタイル抜群でした。

    成績トップでも、男にはモテない




    <続きを読む>

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。