• このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第208話(9月23日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第208話(9月23日)

2019-09-23 12:00
    1db6a156d93d01726402b3982e3cd792d5946e39

     

    平成元年4月1日からスターティングいたしました我が国の消費税ちゃんも、

    今年いよいよ30周年キャンペーンとして10%へのランクアップボーナスが確定。

    これに伴いましてパチンコ業界もあれやこれやの仕入れ値が上がってさあ大変、

    ついでにアルバイトスタッフの最低賃金も10月からアップして人件費もこれまた大変と、

    会社の偉い人たちの間でマネーの話ばかりが飛び交っている今日この頃。

    ということで今週は皆様にもパチンコ業界の増税に伴う動向のお話にお付き合い頂きましょう。

    それではレッツ、税率アップチャレンジ!!

    (例の音楽が流れた後に白アイコンをゲット)


    まずは世間では増税だ、キャッシュレスで還元だと騒いでおりますがパチンコ業界としては、

    10月1日と同時に全国のホールで一斉に増税に伴う何らかの変更が起きる訳ではございません。

    つまり前回の税率アップ時(2014年4月1日)と同様に今回もホールによって対応策、及びその時期はまちまちとなります。

    玉やメダルの貸し出し数を減らすホールもあれば、交換率を変更するケースも。

    はたまた頑張って据え置きを継続する店舗さんもあるはずです。

    そう、ホール毎の増税対策が現在に至るまで実に様々なパターンが存在しているように、

    今後も増税への対応は店によってバラバラですよというお話でございます。

    ほぼ全国一斉に行われるはずの変更点としては、タバコ交換時の玉(メダル)数アップぐらいですかね。

    では、どのような変化が多くなるのかを私が大胆予想してみましょうかね。

    大胆予想といってもパンティを脱ぎながら予想する訳じゃないわよ、ゴメンなさいね。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/12/06
      YNA#43 「ほわほわライターの収支報告~11月編~」(2019年12月6日)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。