• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ヒキ弱王の日常 2021】~新機種3つ打ってきました編~(8月5日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ヒキ弱王の日常 2021】~新機種3つ打ってきました編~(8月5日)

2021-08-05 20:00

    7504cd605976ea84073c13fca1bc2dbed7565ffe


    ~新機種3つ打ってきました編~


    「みそぎのお時間」で新台のことを少し調べたこともあって、久しぶりに昼休み2500発一本勝負をしてきました。一本勝負と言いつつ、「Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン」「P新鬼武者 DAWN OF DREAMS」「Pあぶない刑事」と3機種も打ったんですがね。

    ってか、オレは新機種を調べる時、スロットなら出玉率、パチンコならボーダーラインをまず見るんですけど、最近はパチンコで「おっ、この機種甘めじゃん?」と思って打ってみたらヘソが1個賞球で玉減りが早いタイプだった、という事が本当に多すぎる。

    いや「賞球までちゃんと見ろや!」と言われたらその通り過ぎて、ぐうの音を出すしかないんだけれども、あまりにも多いなと感じたものでね。まぁ遊タイムが搭載されている分、1個賞球にでもしないとプレイヤーに有利すぎるのかな、なんて思っていたら、今回の「P新鬼武者」は1個賞球だけど遊タイム無いじゃねぇか。

    で、今回打った3機種の中で一番手応えを感じた機種はどれかというと、その「P新鬼武者」なんですがね。まず確変突入率80%というところが無条件で良い。通常時にがんばってがんばって1/319を引いて、残念ながらRUSHを引けず終わってしまった時に時短も何も無く数百発の出玉だけで終了、というのがパチンコのよくある最悪パターンだと思いますが、初当りからの突入率が50%~60%ぐらいだと、その最悪パターンが連発することも珍しくないと思うんですよね。そこへ行くと80%なら、だいたい第一関門は突破できる(と信じられる)し、突破できなかった場合も「20%の方を引いちゃったオレが悪いか…」と納得しやすい気がします。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2021/09/17
      YNA#131「ハネモノに宿った執念」(2021年9月17日)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。