• このエントリーをはてなブックマークに追加
YNA#131「ハネモノに宿った執念」(2021年9月17日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

YNA#131「ハネモノに宿った執念」(2021年9月17日)

2021-09-17 20:00
    YNA#131「ハネモノに宿った執念」


    最近パチンコ打ってるのか? と言えば、デルタ株蔓延してからはさっぱりで、8月は0回、9月は1回。7月はけっこう行ったんだけどね。
    9月もほんとは一切行くつもりなかったけど、やっぱりそわそわしちゃうときがあってさ、2時間だけ打ったんだよ。
    「Pビッグポップコーン」を1,500円やって「あ、これはけっこうしんどい台だぞ」と分かり、残った500円を「Pニュートキオ」に入れたら意外と遊べる台でさ、超ひさしぶりに「ハネモノ楽しいじゃん!」って思い出した次第だよね。
    収支は-2,000円。

    ぼくは高校時代にハマっていたハネモノのことを思い出していた。
    その名は「たこべぇ~」。いまは亡き奥村遊機の数少ない名機だ。……いや、ほんとにそうなんだよね。
    味のある機種はある。でも名機と言えるのは、これとあとデジパチの「ドリームX」、一般電役の「マジカルランプ」くらいでしょ。
    後継機の「たこでちゅ~」はぜんぜんだったし。

    高校からの帰り道にあった「みなとホール」ってのはさ、角台を優遇する傾向があったんだよね。

    77cc2542655b94ecaf5b4d3e2a620d6389154d8f
    2013年頃。ストリートビューによると2019年もこの状態だった。

    たぶんほぼ万年釘だったと思う。
    「たこべぇ~」と「マッハシュート」(西陣)の入り口側2台がかなりのペースで打ち止めになってるのを発見してさ。
    当時は4000発出たら打ち止めになって、午後5時に抽選開放するんだったかな。2.5円交換だし、ずいぶんのどかな時代だよね。

    だから休みの日は朝から並んだりもして。
    ライバルなんていないからほぼ打てるんだよ。
    そんな風に小銭を稼いでいたある日のこと。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。