• このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー

ストーリー

15年で終幕せずに25の年を重ねた大正時代。大震災から著しい復興を遂げ、和と洋が混ざった独特な文化で発展し続けている帝都トウキョウ。
近代化が進み、印刷された本が増え始める中で、【手書きの和綴じ本を、読んだ者が自殺する】という不可解な事件が立て続けに起こる。
はるか昔から、“言葉には霊力が宿り、文字には魂が宿る”とされ、書いた者の“情念や記憶”が本に残るという。
嫉妬、憎悪、侮蔑、憐憫――そして愛。
揺らぎうつろう中で辿り着くのは真実か、それとも――。
(C) IF/Nil Admirari PROJECT
(C) 2018舞台「ニル・アドミラリの天秤」製作委員会

スタッフ

原作:「ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚」オトメイト(アイディアファクトリー)
脚本・演出:菅野臣太朗

キャスト

尾崎隼人:杉江大志
鴻上滉:仲田博喜
星川翡翠:星元裕月
汀紫鶴:健人
鵜飼昌吾:大崎捺希
鷺澤累:古畑恵介
久世ツグミ:大和田南那
燕野太郎:大原海輝
朱鷺宮栞:黒田絢子
柾小瑠璃:栞菜
隠由鷹:吉岡佑
百舌山識郎:末野卓磨
笹乞藤一郎:湯本健一
葦切拓真:瀬戸祐介
四木沼喬:和泉宗兵