• このエントリーをはてなブックマークに追加
YOUTUBEでの登録者が6万人を超えた男性VTuberが感じるこの業界への違和感
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

YOUTUBEでの登録者が6万人を超えた男性VTuberが感じるこの業界への違和感

2024-04-24 15:50
    こんにちは!大地獄悪です!
    ブロマガでは政治以外で俺が感じた事や思ったことを無責任に書きなぐっていこうと思います!


    俺が大地獄悪になるまで

    そもそも俺がVTuberというのを初めて知ったのはキズナアイなんですが、当時は正直なところ「へぇー凄い時代になったもんだな」ぐらいにしか思わなかったわけです。


    その後は数年間にわたって全くVTuberに興味も湧かなかったんですが、懲役太郎という元ヤクザのVTuberに出会ってそれが変わりました。

    なるほど!バーチャルという匿名性と実際の声という信頼感を両立できるわけか!と。
    ただその時点ではまだVTuberになるという考えには至りませんでした。
    多分まだLIVE2DやOBSとかのツールに関する情報も少なかったと思います。

    そこから一気に月日は進んで2022年の夏、にじさんじの壱百満天原サロメを見て自分でもやってみたいと思いました。
    というか「ここまでは無理でも俺ならある程度はイケるな」という謎の自信がありました。

    この頃にはVTuberもある程度「マニュアル化」されていて、今となっては誰でもすぐになれる時代になりました。
    ただ、この「マニュアル」が後々かなり厄介だって事に気付くんですが・・・




    VTuber自身がVTuberの可能性を潰している

    マニュアル化されていれば、あとは時間と最低限の費用があればVTuberにはなれます。
    が、本気で登録者を増やそうと思うなら、ある程度は戦略が必要になるわけです。

    といっても俺も別に頭がいいわけではないので「マニュアル」に加えて自分の経験があればイケるだろうと考えていました。
    そんな事では当然、伸び悩みます。

    そしてVTuberの「マニュアル」から逸脱した活動を開始します。
    それが今の活動です。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするにはログインして下さい。