• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米国のオフセット戦略は人工知能を活用 - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第491号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米国のオフセット戦略は人工知能を活用 - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第491号

2016-05-23 11:59

    特別号

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■小川和久の『NEWSを疑え!』
    第491号(2016.5.23)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    ・改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────

    【今回の目次】 

    ◎テクノ・アイ(Techno Eye)
    ・米国のオフセット戦略は人工知能を活用
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
    ◎編集後記
    ・沖縄の女性殺害で思い出す「なだしお事件」(小川和久)

    ──────────────────────────────────────────

    ◎テクノ・アイ(Techno Eye)

    ──────────────────────────────────────────

    ◇◆米国のオフセット戦略は人工知能を活用

    米国防総省の研究開発は2014年11月以後、オフセット戦略、つまり不利な条件を乗り越える戦略を中心に進められている。ここで言う不利な条件とは、米軍の戦力投射に欠かせないコンピュータネットワーク、人工衛星、航空機、空母など大型艦船、そして同盟国・友好国の飛行場や軍港に対する、仮想敵国やテロ組織の攻撃能力が発達・拡散している問題である。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。