• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「新版12月公開決定!『この世界の片隅に』の「完成のためにカットされた30分」と残った“かけら”」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「新版12月公開決定!『この世界の片隅に』の「完成のためにカットされた30分」と残った“かけら”」

2018-07-27 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/07/27

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2016/12/04配信「真木P登場『この世界の片隅に』に迫る予算の壁!明らかになる片渕監督との本編未収録30分を巡る攻防!!プロデューサーの仕事とは?」対談・真木太郎(アニメプロデューサー)」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2016/12/04の内容一覧

    『この世界の片隅に』の「完成のためにカットされた30分」と、残った「かけら」

    岡田:えーとね、僕まずなに聞こうかと思って。まず一番最初に気になったのが片渕監督が愚痴ってるんですよ、2時間半あるはずだったと。でも、真木さんに30分切られたと。

    真木:そんなに愚痴ってますかね。

    岡田:愚痴ってる。いろんなところで、恨み言いってる。

    真木:あーそうですか。

    岡田:みんな、もうこの30分をいずれ復活させたい! とか言ってるんですけども、30分切ったんですか?

    真木:正確に言うと切ったのは監督で、私は予算とスケジュールを縮めたんですね。結果、その予算とそのスケジュールに合わすためにはすでにあったコンテのなかから、そうですね、30分近くカットせざるをえなかったというのが現実ですね。

    岡田:そういう場合って、僕自身、たとえば『オネアミスの翼』の時だったら、真木さんの立場にいるのがバンダイにいる渡辺さんという人。僕が丸山さんみたいなラインプロデューサーというふうになるじゃないですか。僕、それで渡辺さんとその後、10年会えないほどの大げんかをすることになったんですけど、丸山さんはなんもしなかったんですか。30分切ってくれと言うのに対して。だって片渕監督はそりゃ、切れって言われたら切るかもわかんないけど、そこを守るのが丸山さんの役割でもあるわけでしょ。

    真木:それはちょっと経緯が違っていてね、経緯はなにかっていうと、もともとこの作品というのはお金が集まらなかったんです。

    岡田:そっからか。もともと、この作品にお金が集まらなかったという。

    真木:そうなんですよ。

    岡田:すごい大事なことをすごいさらっと言いますよね。

    真木:そこでクラウドファンディングっていうのが、登場するしね。集まんない期間が長かったんですね。僕は、じつは途中から丸山さんに呼ばれて、一緒にやって欲しいということで、僕がジョイン(合流)したときにはじつはコンテができていた。

    岡田:2時間半バージョン。

    真木:2時間半バージョン。クレジットがないんで、今劇場公開しているのはクレジットを除くと、大体120分ですから、約30分多いコンテができていました。このコンテに従って制作費を計算すると、4億円だったんだよね、当時は。4億円を、丸山さんも僕も集めに行ったんですよ。僕が入ってから1年半くらいかけましたけど、4億円が集まらなかった。どうするんだ、という会議になって、これは2億5千万円にしましょうと。

    岡田:2億5千万。2億5千万も、結構、思い切った予算ですよね。

    真木:2億5千万も集めて来れるのかっていう話になって、そりゃま、集めてきますよと、集めましょうということになって。じゃ2億5千万をベースにしてやりましょうということになって、

    岡田:結局

    真木:結局、できなければ意味がないでしょ。完成しなければ、意味がないでしょという、どっちを取るかということですよね。だからお金を2億5千にして、スケジュールも決めて、予算を縮めれば、スケジュールと作業量は切らざるをえないですよね。

    岡田:じゃ、真木さんが切ったのは、あくまで予算4億必要だろうというバジェットを、2億5千万に収めてくれと、

    真木:そうです。

    岡田:スケジュールも、いえば2016年の夏、もしくは秋に収まるようにしてくれ、みたいな話だったわけですよね。

    真木:そうですね。

    岡田:こっから先は、丸山さんなり片渕さんのさじ加減で2億5千万で、2時間半の映画を作るという方法もあったかもしれないわけ?

    真木:あったかもしれない。あったかもしれないけれども、実際、現実的にはやっぱりカットをして作り上げたってことになりますね。

    岡田:フィルムの、今現状でやってるフィルムのなかで2時間半、幻の2時間半バージョンのかけらみたいなのって、結構、残ってるんですか。

    真木:かけらって、どういう意味ですか。

    岡田:具体的に言うとですね。すずが憲兵に取り上げられるじゃないですか、微妙なネタバレになります。その時に、だんなさんがこれ使えって言って渡したノートの裏4分の1がカットされてますよね、あれって、かけらじゃないかな、と。

    真木:はい、そうですね。おっしゃる通りですね。

    岡田:つまり、あのあたりから連想されるもう一つの人間関係みたいなのが、原作版からばっさりカットされてますよね。

    真木:いや、これもう、こうの先生の原作がありますから、映画と見比べると、どこのシーンを切ったかっていうのはよくわかるわけですね。そういうことでいうと、リンさんという下りが、かなり多くカットされてますね。

    岡田:真木さんとしては、こんなこと言ってもしょうがないんでしょうけども、カットして良かった?

    真木:できたからね。

    岡田:できたから。たぶんそれ、2時間半に拘っていたら、できないままだった。

    真木:まあ、4億に拘っていたら、結果的にはあの当時は出来なかったと思いますね。ただまあ、ここまでクラウドファンディングもあったし、みなさんに評価いただいて、今、多くの方々に観ていただくということからすると、監督に対してはごめんなさいっていう気持ちはやっぱり出ますよね。結果論だけどね。

    岡田:これ、30分足して完全版ってやろうと思います? 10億超えたら。

    真木:あーそれはね、そういう質問されるとつらいよな。でもまあ、監督にその気があればね、やっぱりプロデューサーとしては監督の願いをかなえてあげたいなと思います。

    30分足した「完成版」はもっとすごい

    岡田:10億、興行成績で10億超えると、制作費2億5千万円リクープくらいですよね。大体。

    真木:海外に売れたりですとかね、クラウドファンディングのお金もありますので、映画のお金だけではないんですね、収入としては。もうリクープ、回収という意味では目途が立ってますね。

    岡田:もう目途が立ちましたか。すごいですね。

    真木:ありがとうございます。

    岡田:興行収益4億で、こっから先、

    真木:こっから先がありますから。

    岡田:こっから先が見えているというのもあるですけども、もうリクープ見えたっていうのは、じつはかなり、真木さんのこれまで手がけられた作品のなかでも優等生じゃないですか。

    真木:超優等生ですね、はい。

    (中略)

    岡田:僕、なんか、微妙なんですよ。先週ね、ヤマカンさん来た時に、30分切ったからテンポ良くなったし、アニメ版のあのすずさん、すごくいいから、あのままでいいんじゃないかと。リドリー・スコットが『ブレードランナー』を完全版完全版といって、どんどんわけわかんなくしていったから、それよりは今のアニメ版のほうが良かったのになって傍から見たら思う時もあるんですけども、コンテ見た数少ないプロデューサーの真木さんとしてはどうなんですか。

    真木:それは、完全版があったほうがいいと思います。

    岡田:ホント?

    真木:うん。

    岡田:もっと、すごい?

    真木:もっとすごい。

    岡田:うあー、そうか。クラウドファンディングしようよ。じゃもう。

    真木:言っちゃったね。今、本編120分でしょ、120分でこれだけいいんだから、やっぱり30分足したらね、って思いますね。

    岡田:2億くらいかかる?

    真木:見てみたいですね。ただ、スタッフが、

    岡田:一回バラけちゃったし

    真木:バラけて、違う仕事に行ってますからね。

    岡田:みんな、なんか金出すって言ってるよ。

    真木:今日は、こんな話になると思わなかったなー。

    岡田:ホント? 僕、すっごい好きなんですよ。ホントに。今年の映画で一番いいと言ってもいいですし、生まれてから見たアニメで一番いいですよ。絶対に、ホントに。

    真木:ありがとうございます。昨日ね、発表されたんですけども、横浜映画祭という映画祭で作品賞を頂きました。ありがとうございます。

    岡田:映画祭? 映画祭でとるのすごいですよね。

    真木:もうひとつは、同時に審査員特別賞というのがあって、それは、主役ののんちゃんがもらったんですね。ですから、ダブル受賞ということですね。

    岡田:おー。

    真木:劇場公開中なんで、とても嬉しく思いますし、関係者の方にもお礼を言いたいと思います。

    岡田:カネ集めて、完全版作りましょうよ。

    真木:わかりました。

    岡田:絶対、カネ集まりますよ。

    真木:これ見てると、一番喜ぶのは監督だね。

    岡田:片渕さん、ついにやった。

    真木:ついにやった。

    岡田:だって、片渕さん、30分なにがなんでも作りたいって、いろんなところで言ってるから。

    真木:言ってるでしょ。そうですよね。

    岡田:それがなんでか、僕もよくわからなかったんですけども、コンテ読んだ真木さんが、絶対にそのほうがすごい、っておっしゃったんで、だったらって。

    真木:それはそう思いますね。

    岡田:みんな、1万なら出すって言ってますから。1万なら出すって言ってもね、正味、2時間が2億5千万で作れたから、じゃ30分が7千万で作れるかっていったら、そんなもんじゃないんですよね。たぶん、1億5千から2億くらいかかっちゃう。

    真木:まあそれはね、映画をやって利益が出たならば、そういうことを考えないといけないと思いますね。それは監督の想いですからね。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/08/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「朝ドラ『なつぞら』完全解説〜ワンス・アポンア・タイム・イン・アニメーション」