• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「コールガールの人形から生まれた「バービー」がアメリカの玩具を変えた」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「コールガールの人形から生まれた「バービー」がアメリカの玩具を変えた」

2018-07-30 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/07/30

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2018/07/22配信「戦後日本のおもちゃ産業と、『トランスフォーマー』の大出世!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2018/07/22の内容一覧

    コールガールの人形から生まれた「バービー」がアメリカの玩具を変えた!

     1945年、戦争にボロ負けした日本に進駐軍としてやってきたGHQは、今後、日本という国を二度と戦争を起こさないような国に改造しようとしました。
     まあ、GHQの目的がそれだけだったら、ただ単に「ベトナムみたいにすべてを焼き払って、農業しかないような国にしちゃえ!」という作戦でも良かったんですけども。
     ところが、日本にGHQが進駐してきた直後くらいから、朝鮮半島の情勢が怪しくなってきたんです。次に、同じ連合国側だったソ連や中国との関係が、ちょっと微妙になってきてしまった。
     なので、日本にも、朝鮮とかソ連に対する基地の役割というのを持たせて、「アジア防衛」というのを考えなきゃいけなくなったんです。
     そのためには、日本を経済的に発展させなくてはなりません。しかし、だからといって、軍事化はあまりさせたくない。
     こういうのが、当時のアメリカの考えだったわけですね。

     ところが、日本を経済的に発展させようにも、日本の重工業というのは、概ね爆撃しつくされて、ベースになるインフラ自体がなくなってしまっている。おまけに財閥も解体しちゃった。
     なので、「どうやって日本を経済発展させようか?」となっていたわけですね。
     その結果、「とりあえず、小さいところから始めよう」ということで、アメリカが積極的に援助したのが「繊維産業」と「玩具」だったんです。
     この繊維産業については、『アオイホノオ』でも描かれている通り、僕自身の実家が刺繍屋だったものですから、「当時の繊維産業がどのように発展していったのか?」というのはよく知っていたんですけども。もう1つが玩具だったんですね。

     日本に進駐していた米軍は、とにかく大量に缶詰を食うんですよね。日本では、西洋風の料理がそんなに手に入らなかったから。
     この缶詰の空き缶は、ブリキで出来ていたんです。鉄の上から錫のメッキを施された物をブリキというんですけども。このブリキというのは、オモチャを作るのにちょうどいい材料だったんです。

    (中略)

     当時の日本は、こうやって安いブリキのオモチャを作ったり、他にも、安い洋服を作って、アメリカに輸出して、これでようやっと敗戦のどん底のところから経済復興のステップに入っていきました。
     その結果、1951年には、なんとか「サンフランシスコ講和条約」というのが結ばれて、占領が終わり、日本は再び独立国になりました。
     おめでとう日本!

     ということで、ちょうどその頃、勝ったアメリカでは何が起きていたのか?
     ということで、今度はアメリカに話が行きます。

     アメリカの玩具メーカーに「マテル」という会社がありました。
     このマテルという会社の社長の、ハンドラー夫妻がスイスに行った際に、娘のバーバラにお土産を買おうと見ていると、「リリー人形」というカッコいい人形を見つけたんです。
    (パネルを見せる)
     女の子を模した人形なんですけど、大人っぽくて、大きさも30cmくらいあるんですね。
     当時のアメリカでは「母性を刺激するようなオモチャがいいオモチャだ」と言われていたので、とりあえずアメリカ中の女の子が持っていた人形というのは、赤ちゃんの人形しかなかったんです。
     そんな中、リリーというメッチャカッコいい大人の人形を見た、ハンドラー夫妻は「これだわ!」と持って帰りました。

     このリリー人形というのは、実は日本と同じく戦争に負けたドイツの商品で、「ビルト」というドイツの三流新聞の1コマ漫画に出てくるコールガール、つまり、売春婦のキャラクターを模した人形だったんですよ。
     このコールガール人形は、本来、飲み屋のテーブルとかに飾ったり、あとは、ちょっと気になっている女の子にプレゼントして、「もう! これ、コールガールの人形じゃない! いやあね、エッチ!」「まあまあ」みたいな話題にするために売っていたと言われているんですよ。
     だけど、そんなことなど全然知らないハンドラー夫妻は、当初はこれを娘のバーバラにあげようとしたんですけど、「これ、ちょっとカッコいいんじゃない?」ということで、マテル社の商品としてアメリカで売ってみることにしたんです。
     そして、この人形に、娘のバーバラの名前にちなんで「バービー」という名前を付けて、アメリカで売り出したわけですね。

     ところが、こんな人形をアメリカで作るとなると高く付く。だって、これ、服も布で出来ているんですよ。
     その結果、「どこかの国で作った方が安いんだけど、こういう人形を精密に作れて、おまけに服とかもちゃんと縫って作れる国はどこかないか?」ということになり、当時「オモチャとアパレル製品なら、なんでも安く作りまっせ!」と言っていた日本がバッチリだということで、マテル社は日本に、この人形を大量に発注することになりました。日本の玩具問屋の「国際貿易」というところに話を持ちかけて、開発から生産から全部依頼するんですね。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/09/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「スラッグ渓谷とポムじいの秘密、そしてラピュタの本当のサイズが明らかに!」
    • 2019/09/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【雑談スペシャル】“中国製のパチもんレゴ”を作ってみた、最後の『なつぞら』解説などなど」
    • 2019/09/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『なつぞら』予言的中!残るは「のん&妹」の驚愕出番予想!」
    • 2019/09/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第25回」です!」
    • 2019/09/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「恐怖!地元民も怖れる「ポニョ」心霊スポットのタレコミ情報」
    • 2019/09/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ポニョの母は夫が数千人!フジモトは永遠に苦しめられる男性像、と嬉しげに語る宮崎駿」
    • 2019/09/27
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「世界を破滅させる恐怖の女王!宮崎駿が見つけた『崖の上のポニョ』の本質」
    • 2019/09/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『崖の上のポニョ』で、宮崎駿は空想で現実を書き換えた」