• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「質問:京大法学部へ進むべきか、アニメを作るべきかで悩んでいます」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「質問:京大法学部へ進むべきか、アニメを作るべきかで悩んでいます」

2018-07-31 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/07/31

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2015/01/04配信「年初め!戦闘思考力を磨いてお悩み解決!ズバっとSP」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2015/01/04の内容一覧

    質疑/京大法学部へ進むべきか、アニメを作るべきか

     カズキさん、18歳、浪人生。

    「将来、何もなりたくなく、ただ行きたいというだけの理由で、京都大学の法学部へ進学すべく勉強をしていました。ですが最近、以前のような気持ちでペンを取ることが出来ないのです。幼い頃に夢見た、アニメ業界で働きたいという思いが心を染めています。これは逃げなのかもしれません。私はどうしたらよいのでしょうか? このままでは、どちらも不本意に終わってしまいそうで、怖いです」

     あのね、まぁまぁ、逃げだと思うよ。結論から言うと(笑)。
     どの辺が逃げか? っていうと、文章に現れてんだ。
     はい、ここ注目ね。
     「ですが最近、以前のような気持ちでペンを取ることができないのです」って、あのね、勉強することを、ペンを取るって言う人はいないよ(笑)。
     ペンを取るというのは小説家とか、そういう執筆業やってる人であって、勉強することができないって言えばいいじゃん。
     勉強することができないって言えばいいのに、ペンを取ることができないってことは、その、なんだろうな、いわゆる表現に酔ってる状態なんだよ。
     つまり、この悩みをできることが嬉しくてしょうがないっていうのかな。
     この悩みが嫌じゃないってことを示してると思うんだよね。

    (中略)

     べつに僕、意地悪で言ってるんじゃなくて、文体というか文章っていうのには、その人間の本音が、本音の一部というのかな。心の温度とか、心のあり様・状態みたいなのが現れるんだよ。
     だから、ケンカ腰の口調とか、あと皮肉っぽい口調というのがあるじゃん。同じように、人間っていうのは文章書いた時にも、口調っていうふうなものから、その人の問題点というのがちょっとわかる場合があってさ。
     この「ペンを取る」とか「思いが心を染める」っていうのから、カズキ君はこの悩みが決して嫌じゃないというのがわかるんだ。
     で、「どうしたらよいのでしょうか?」というのに関しては、じゃー、やってみようか。

     カズキ君が悩んでる選択肢はこうだよね?
     京大法学部にするか、アニメ業界に行くか。
     この選択肢で悩んでるわけだ。
     まぁ、じゃあ、どうなるのか? と言ったら、アニメ業界、京大法学部っていっても、これ、じつは進路で悩んでるんじゃないんだ。
     これ、プロセスなんだよ。
     わかるかな?
     つまり、京大法学部に行く人は、京大法学部に行きたいんじゃなくて、「弁護士になりたい」とか「検事になりたい」とか、そういうなりたいゴールがあって、そのプロセスで京大法学部、行くんだ。
     医者になりたい人が医学部に行くのとまったく同じ。
     運転免許欲しい人が、自動車運転したい人が自動車学校行くのと、まったく同じなんだよ。
     京大法学部というのは、プロセスなんだ。
     それに対して、アニメ業界で働きたいの、これはゴールだよね?
     どちらかというと「アニメ作りたい」って言ってるわけだよ。
     で、法学部のほうはプロセスであって、法学部に行ったからといって何をしたいというわけでもない。
     カズキ君の、悩みの根本はそこだよね。
     べつに何もしたいことがないので、取り敢えず、京都大学の法学部、目指してる。
     京都大学の法学部っていう、具体的なことを書いてるということは、それぐらいの偏差値があったり、もしくは塾の先生に「これだったら、狙えるよ」と言われて、最大限狙って有利そうなところ、やってるんだと思う。
     だから、何のために行くのかわかんなくて悩んじゃう。
     でも、「自分のしたいことをしろ」っていうふうに、だいたい君ぐらいの年齢だったら、親から散々言われるわけだよね。「本当にしたいこと、何なのか?」とか「自分のやりたいことをやれよ」と。
     そしたら、毎日、せっかく努力するぐらいだったら、こっちのほうへ行きたいというふうに考えるわけだ。
     ところが問題があってだな、こちらのほうは努力すれば可能なんだよ。
     で、こっちのほうは運と才能が必要なんだ。
     つまり、こっちのほうは今やってる、君が今むなしいと感じてる、毎日毎日の繰り返しの努力をやれば、基本的に目指せるモノ。
     ただし、それはプロセスでしかなくて、京大の法学部行ったからといって、4年経ったら、もしくは6年経ったら卒業して、また次の目標見つけなきゃいけない。
     でも、積み上げたら、やること、可能。
     ところがここは、どんなに積み上げても、同級生に庵野秀明がいたら、夢破れてマンガ家になるかもわかんないんだよな(笑)。
     ま、島本和彦ってやつがいるんだけど、そいつに関してはWikipediaをよく調べてくれたまえ。

     運と才能、特に才能だったら、まだ、まだ努力すれば、何とかなるんだけどもさ。
     運はもう、本当にどうしようもないよ。
     なので、この努力すればOKで、努力ができる、つまり京大の法学部を目指せてるということは、君は努力、コツコツ努力をすることが、カズキ君、得意だと思うんだ。
     それをこちら側のほうに振り向けるのは、僕だったら、リスクが高すぎるからやらないけどね。
     で、オマケにこいつはプロセスにしか過ぎないんだから、もうあの、ニコ生見てる人は、もう、だいたい気が付いてると思うけども(笑)。
     当たり前なんだけど、カズキ君がいるわけじゃん。
     で、カズキ君はどっちに行こうか悩んでるんだけども、簡単だよ。
     こういう経路で行けば、いいだけだ。
     京大法学部に入って、首席で卒業したら、アニメ業界に入るスキ、いくらでもあるよ。

    (中略)

     で、それが思い付かないことのほうが問題なんだ。あのさ、逃げたいんだよ、君は。
     まぁ、ぶっちゃけ言っちゃって、悪いけどさ、勉強するのがしんどくて、逃げたくなってるんだわ。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/08/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「朝ドラ『なつぞら』完全解説〜ワンス・アポンア・タイム・イン・アニメーション」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。