• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「島本和彦の魅力・面白さがすべて詰まった『逆境ナイン』」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「島本和彦の魅力・面白さがすべて詰まった『逆境ナイン』」

2018-09-15 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/09/15

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2014/10/12配信「『進撃の巨人』最新話解説と、『攻殻機動隊』は100点満点!!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2014/10/12の内容一覧

    繊細でクレバーな島本和彦の『逆境ナイン』

     あのね、『逆境ナイン』は島本和彦先生自身も自分の一番の作品と言ってるんだよね。
     今はもちろん『アオイホノオ』と言ってるし、あとは、人によっては『燃えよペン』『吠えろペン』がものすごく好きな人がいるんだけども、僕が思うにやっぱり島本和彦の魅力・面白さがすべて入ったマンガっていうのは『逆境ナイン』です。
     で、『逆境ナイン』は、何だろうね、いきなりこう、ドン、「逆境とは!?」てなふうなところで始まるんだけども、自分の思い通りにならないことを言うということで、主人公は野球部の部長なんだよね。で、「逆境とは?」って来て、次のページで校長室に行って、「不屈闘志、野球部キャプテン、入りますっ!」って言って、校長が出て来たら、バンとめくったら、「廃部だ!」ってなことで、「逆境とは」というのでいきなり連載の第1話のつかみが、もうみんなも見たこの『アオイホノオ』の頃の島本和彦、焔燃のマンガのスピード感、いわゆる定番をやろうとしてるんだよ。
     だから島本和彦先生だけでなくて、あらゆるマンガはデビュー作の頃は、まだ自分の文法って確立してないから、さっきのさデッサンの模写っていうのあったんだけども、マンガの模写をやっちゃうんだよね。
     すでにあるマンガ、面白いマンガを自分なりに写してコマ割りしたらこうなるっていうふうなことで、自分のリズムが出てないと。

     でも、この『逆境ナイン』の島本和彦はついに自分のリズムをつかんで、いきなり大コマでぐぁーっと主人公が現れて、「野球部キャプテン不屈闘志、入ります」「廃部だ!」って言ったら、どーんって吹っ飛ばされて、そしてナレーション、つまり作者自身の声で「逆境とは自分の思い通りにならない状況のことを言う」というドカーンと入ってくるというふうなところからくると。
     で、そこからお話がさんざん転換して、「フッフッフ、校長」っていうふうなことで、何かこう目が生き返って、何か言おうとしてるわけだよね。「この校長室には、甲子園の優勝旗がありませんね。俺たちが」って言って、「いや」と言って黙ってしまう。
     で、ナレーションで「この男は今、大きな風呂敷を広げようとしている」っていう(笑)。
     「だが、その風呂敷はあまりにもおっきい」という、マンガではあり得ないようなナレーションが入って、風呂敷をバッと広げた絵があって、「校長、この隅にでっかい優勝旗が欲しいと思いませんか」っていう展開になるというですね。
     この後、こう段々と段取り台詞がこういうふうにあった後、すいませんね、見せられなくてですね、第1話がザーッとあるんだ。
     で、ザーッとあって、最後のほうで「そう、もうおわかりだろう、この男こそ本編の主人公である。君たちの夢を叶えてくれる不屈の闘志を持つ男。それがこいつ。その名も不屈闘志だ!」っていう、これでね、第1話だよ。
     もうね、なんというか馬鹿なのは判ってるんだ。この作者が馬鹿なのはべつに今に始まったことではなく、時は1980年大阪芸大の頃から馬鹿だったんだけども、こんなかっこいいマンガ、描いてくれるんだよ。
     こんなかっこいいマンガを描いたあとの、こいつのまた駄目っぷりがいいんだよね。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/02/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「興行成績は振るわないけど、ぜひ映画館で観てほしい『ファースト・マン』」
    • 2019/02/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「関ジャニ∞の村上くんと、『ユーチューバーが消滅する未来』をどう生き抜くか話してきました」
    • 2019/02/27
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ラ・ラ・ランド』OPの交通渋滞は、「人生の渋滞」のメタファー」
    • 2019/02/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「政治ってそもそも何のために行われるんだろう?」
    • 2019/03/01
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「これからの世界を生き抜くには、「愚かなスネ夫」ではなく「賢いスネ夫」になれ!」
    • 2019/03/05
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ラ・ラ・ランド』OPの自動車はどんな配置になっている?」
    • 2019/03/06
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ファースト・マン』解説:X-15のテストパイロットだったアームストロング、死と隣り合わせの日常」
    • 2019/03/08
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ラ・ラ・ランド』のOPをミニカーとフィギュアでジオラマにしてみたよ」
    • 2019/03/12
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ファースト・マン』解説:過酷なテストに耐え抜いたニール・アームストロングのクソ度胸」
    • 2019/03/15
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ファースト・マン』解説:超絶難しい「月軌道ランデブー方式」に挑んだジェミニ計画」