• このエントリーをはてなブックマークに追加
市場潮流
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

市場潮流

2020-09-02 15:15
    cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



     今週(8月24~28日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で37円65銭下落し(率にして0.16%の下落)、2万2882円65銭で取引を終えました。2週連続の下落です。


     週初は、新型コロナウイルスの治療法やワクチン開発への期待感から、米国株式が続伸したことなどを受け、国内株式相場も上伸。25日(火)には、日経平均株価が新型コロナの感染拡大により株価が急落する前の2月21日の水準(2万3386円)を一時上回りました。
     ただ、週末にかけては、利益確定売りや安倍首相の健康への懸念などから伸び悩み、週末28日(金)はザラ場中に「安倍首相が辞任の意向」との報道を受け、一時急落しました。


     「アベノミクスの終焉」が不安視されますが、誰が後任の首相になるにせよ、コロナ禍にあって、大幅な政策転換は難しく、基本政策は継続されるものと考えます。従来通り、好業績銘柄を選別していくことが肝要と思われます。


    (水島寒月)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。