• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ・メルマガ

  • 有料メルマガ「バリュー&グロース銘柄発掘情報」好評配信中! 年初来高値更新銘柄も!

    [ 4月6日配信のイビデンが年初来高値更新! ]  金融のプロフェッショナルを中心とした執筆者が、その時々の注目銘柄の中からバリューもしくはグロースの企業をピックアップし、分析する内容です。  スタンスは中長期投資です。  ぜひあなたの株式投資ライフにお役立てください。  発行:毎月第1第3火曜日配信(休日の場合は翌営業日配信)  購読料:11,000円/2ヶ月  お申し込みはこちら ⇒  http://bit.ly/valuegrowthmag  バックナンバーはこちら ⇒  https://note.com/okuchika/m/m1e63ff3b24ab

    4時間前

    • 0 コメント
  • 動き辛い市場

     先々週、5月28日の日経新聞に東京都医師会会長某氏へのインタビュー記事がありましたが、読んでいて鼻で笑ってしまいました。東京は新型コロナウイルス蔓延による緊急事態宣言が何度も繰り返されるほどの(彼ら曰くは)非常事態下であるにもかかわらず、医師会トップの発言がまるで他人事のようでしたから。  医師会内部では、十二鬼月で言えば上弦の弐(童麿)~上弦の肆(半天狗、鳴女)辺りの地位の方でしょうか。  既に1年半近くも「自粛だ!非常事態だ!」と言い続けているにも関わらず、医師会は単なる学術団体だと言い退け(本質は政治献金額トップの業界利益団体)、無責任な発言に終始するとは呆れました。勿論こんな御仁ばかりではないはずですが、鬼(=金の亡者)が支配する世界では倫理観ある医師の声はかき消されてしまうのでしょう。  知り合いの医師の中には、無難な病院経営のために嫌々医師会に入会し、日本医師連盟への会費を支払わされていると言った話も聞きます。あらゆる業界で既得権団体が跋扈しています。農協組織(JA)と同様です。  都医師会も漸くワクチン接種に動き出すとの記事が出ましたが、裏では様々な損得...

    4時間前

    • 0 コメント
  • 子供に投資教育を

     億近読者の皆様こんにちは。  小学生の親御様のために、お金の教育論について寄稿させていただいております遠藤です。  最近急激に「子供に投資のことを教えたい」という保護者様のお声が急増しています。  ニュースになっている通りネット証券の口座数が急増しているのもあり、子育て世代以下の若い世代に投資が広がってきているのを感じます。  私は20代30代の方の投資相談をすることが多いのですが、最近はみなさん結構ちゃんと投資をしています。Youtubeで投資家さんやお笑い芸人さんが投資について語るチャンネルを見て実際にやっている、という人が多いです。  Youtubeでありがちな「観て終わり」になるのではなく、今の若者はインプットしたことを実行に移す力があるからすごいです。  Youtubeでは、多くの方が「S&P500」とか「全世界株インデックスETF」の長期投資を勧めています。これは良いことだと思います。  こういったインデックス投資は算数の基本的な知識の復習に役立ちます。  算数の教科書で「平均」「複利」「確率」を見てもどうも興味をそそられませんがお金の話にな...

    3日前

    • 0 コメント
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 パイプドHD【3919】

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。  2021年1月から億の近道火曜版に「投資家Sの今週の注目銘柄」を掲載頂いております。  原油価格の上昇が止まりません。  先週末に発表された米雇用統計を受けてドル安の流れが強まっており、原油価格も$70に迫る動きを見せております。現在の価格は2018年秋以来二年半ぶりの水準となっており、原油価格上昇=インフレの足音が迫ってきております。  商品相場の大幅な上昇は景気の最終局面で起こると言われており、2008年に発生したリーマンショックの前は、原油価格は$140を超える水準まで上昇しておりました。その後の値動きは言わずもがなであり、株式市場は6月に戻り高値を付けて秋に向けて大幅下落となり、リスク商品の先行指標として機能しておりました。  現在の金融市場では、仮想通貨が商品相場に替わって先行指標になると言われており、5月中旬に起こった下落は記憶に新しい事です。  株式市場の個別銘柄を見ているとミクロの事に注力し過ぎてしまい、マクロを疎かにしてしまいがちですが、全てのマーケットは繋がっており、風が吹けば桶屋が儲かる的な動きは市場...

    3日前

    • 0 コメント
  • 有料メルマガライブラリから(384)「バランス・シートを読むための簡単な知識(4)」

     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。  自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。  なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。 =コラム「バランス・シートを読むための簡単な知識(4)」  (有料メルマガ第348回・2015/9/22配信号) ※2015年9月現在の内容です。留意してお読み下さい。 【前略】  今日は『パッと見てよい企業がどうか判断するコツ』について書いてみたいと思います。  先週までバランス・シートに何がかいてあるかを見てきました。来週からは個々の勘定科目を少しだけ説明してこの企画を終了しようと考えています。  今日は財務について学んだことを株式投資に適用する場合のヒントを学んでおきたいと思います。  特に資産の割安株、企業の解散価値と比べて、株価が大幅に安いときに購入するという、一番やさしく間違いの少ないウォーレン・バフェット氏の師匠であるグレアムの投資手法を目指す、私の...

    3日前

    • 0 コメント
  • コロナ後に飛躍成長する企業を模索

     悲喜こもごもの決算発表で変動を続けてきた株式相場。ここに来て調整ムードの中から徐々に抜け出そうとしているものの、外国人投資家や日銀頼みだけでは迫力不足にならざるを得ない。  それでも投資家は今後の時流に乗る可能性のある個別銘柄を模索されているに違いない。  半導体不足、円安トレンドや銅、木材などの素材高、食料品価格の上昇などインフレ状況を醸成しそうな流れから金融政策のテーパリング、長期金利上昇など指摘する声もあり、そうした株式相場にとっては波乱要因となりそうなネガティブな材料を横目に水面下ではアフターコロナ時代に活躍する有望銘柄を見出す努力が続いていると考えたい。  企業の決算内容には単に数字の羅列だけでは分からないことが山ほどある。  過去から現在、更には未来へと続く企業経営の方向性を読み解く投資が皆さんのポートフォリオ構築にとっては重要な点だろう。  売上や利益、財務内容といった定量分析で得られる情報に加え、企業経営の担い手となる社長の経営手腕、役員の交代、注目人事、新たな中期計画立案、新たなビジネスアイテム、ビジネスモデルのユニークさ、独自の新製品、出願、取得した特許...

    5日前

    • 0 コメント
  • 相川伸夫の決算説明会報告(丸順3422&中央自動車工業8117)

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きがあった物だけ抜粋)  ※6月4日(金)執筆時点 ・中央自動車工業(8117)20年10月9日配信  株価2020円⇒3155円(+56%) ※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。  私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経過観察です。  銘柄には大化け狙いと堅実成長狙いの銘柄が混じっており、銘柄数もかなり増えたので全てを列挙することはやめることにしました。  5/28に丸順と中央自動車工業のオンライン決算説明会が開催されました。  ポイントは両社ともにこうした動きがこれまで全くなかったにもかかわらず、今回、説明会が開催された点にあります。  両社ともにきちんとした決算説明資料を使用した会社プレゼンがあり、その後質疑時間も20分弱ありました。しかし、残念ながら6/4現在ではこうした資料がHP等で開示されてはいないように見受けられます。長期投資をしてくれる個人投資家、株主はいわば会社のファンです。折角の良い資料なので、ぜひとも両社ともにIRに活用してもらえればと切に思う次第です。  本日は当日の質疑内容を私のメモ...

    5日前

    • 0 コメント
  • 指数の動きからひも解く物色トレンド

     個別株の動向に関心を寄せておられる皆さんに本日は直近の指数の変動から見たその物色のトレンドを解説しておきたい。  頭重い展開の日経平均とマザーズ指数。多くの個人投資家がこのところのこれらの指数変動を見て全体相場が調整ムードにあると判断されているのかも知れません。  ただ、一方でTOPIXと東証2部指数については、どうも新たな局面に入りつつあるのではとやや強気の見方に傾きつつあるのではと思います。  東証市場改革が打ち出され今月末基準で3つに区分されようとする中で個別企業は一体、自社がどの区分に位置しているかを既に分析し理解していると思われます。  時価総額(株価×発行済み株式数)や流通時価総額(株価×流通株数)を意識しての自助努力は株価に反映されがちです。そのボーダーラインにある銘柄の株価に上振れの可能性をある点をまずは認識しておく必要があります。  プライム市場とスタンダード市場の境界線にある銘柄だけではなく、グロース市場とスタンダード市場との境に位置する銘柄(これはむしろグロースの方が好印象か)更にはスタンダード市場にも上場が許されない銘柄もあり、IR活動の積極化を含めそ...

    5日前

    • 0 コメント
  • 祝!?トヨタ株1万円台乗せ!!

     5月12日の発表以来、わが日本が誇る最後の産業の砦とも言うべきトヨタ(7203)の株価が堅調に上昇。日本の経済や社会を語る時、トヨタを抜きには語れない。  社会や歴史の教科書にも登場する自動織機を発明した豊田佐吉に端を発して今日では世界の自動車メーカーの頂点に立っているトヨタグループ。その創始者の誕生日は1867年3月19日。その誕生から154年を経てトヨタグループの中核企業となるトヨタの株価がもう間もなく1万円の大台に乗せようとしている。 (タイトルは株価1万円を先取りしたもの。明日にでもこの1万円台乗せは実現するだろう。)  5月12日の発表というのは9月末に5分割を実施するというもの。  つまり1万円という株価がついてもそれは5分割後に2000円になるわけで目の前の1万円は既に分割後の株価2000円を頭に入れたものとなっている。  実はトヨタは6月18日から9月末までに上限4100万株、上限2500億円の自己株買い(平均単価は6100円)を行うことも同じ5月12日に発表している。発表後は市場環境の悪化もあって株価はさほど反応しなかったが、直近になって大きく評価されてきた...

    5日前

    • 0 コメント
  • ■明日6月9日(水)19:30~炎チャンネルスペシャル2第5回生配信! 地方銘柄研究ほか

    明日6月9日(水)19:30~  2021年4月から開始した炎チャンネルスペシャルのシリーズ2の第5回です。隔週配信の全6回シリーズです。 [第1部] ■市場動向  ・5月相場の振り返り 売りたい投資家VS買いたい投資家  ・株式相場のポジティブ要因とネガティブ要因  ・日本株は安いと言えるのか?  ・安定パフォーマンスの大型銘柄VSテンバガー候補の中小型銘柄  ・6月後半の相場展望  ・話題の個別株 これまで取り上げてきた銘柄チェック  ・始まった6月IPO ズバリの注目IPO銘柄 ほか  youtube視聴ページ(無料・第1部約15分)   ⇒  https://youtu.be/4zkZudIf250 ===(以降 有料)=== 有料アーカイブ視聴のお申込みはこちら(500円)   ⇒  https://twitcasting.tv/c:okuchika/shopcart/78028 [第2部]地方銘柄研究 ■活躍期待の注目地方銘柄 地方銘柄でリスク分散 地方創生が日本には必要? ■地方5銘柄で構築したポートフォリオ200万円コース ほか [第3部] 株式投資トーク ■投資の視点:日本の特許出願・取得ランキングトップ10の企業 ■...

    6日前

    • 0 コメント

Twitter

生放送

放送済みの番組はまだありません。

動画