• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ・メルマガ

  • セラミックス:日本が誇る職人芸の世界10(最終回)

     電力関連は主力の“がいし”とNAS電池に分けられる。  NAS電池は世界で唯一、発電所・プラント等で利用される蓄電施設で、2014.3期に売上高51億円、2015.3期158億円、今期は250億円(レポート作成当時)の計画で久々に約10億円の営業黒字に転換する計画。海外及び西日本地区の大口案件によるもの。1~3Qまでは赤字だが、4Qの大口案件で巻き返す計画。  しかし今期で大口案件は一巡してしまい受注残が僅かの状況から、2017.3期は小口案件ばかりだと売上高は50億円程度まで急滅してしまうだろう。  NAS事業に関わるスタッフは200~300名からなり、事業経費としては人件費が一番重く、好調なセラミックス関連への一時的な人員配置転換が、見た目の事業利益を左右させよう。  一方、ノリタケから分離し設立された際の祖業である“がいし”事業は安定的となってきた。  日本の鉄塔・電柱及びがいしは約40年経過し交換時期が訪れようとしている。日本ガイシの説明では2014~2025年にかけて緩やかに取り換え需要が発生し、2025年以降は急速に需要が拡大することで、工事能力の不足に陥る...

    1時間前

    • 0 コメント
  • 市場潮流

     今週(8月3~7日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で619円94銭上昇し(率にして2.9%の上昇)、2万2329円94銭で取引を終えました。2週ぶりの上昇です。  日経平均株価が前週末の31日(金)まで6日続落したことで、重苦しいムードが漂いましたが、同日の米国株が上昇。アップル株が上場来高値を更新したことなどを受けて雰囲気が一変。週初の3日(月)は日経平均株価が前週末比485円の大幅高となり、4日(火)も前日比378円高と大幅に続伸しました。  ただ、5日(水)以降は短期的な過熱を警戒した向きの利益確定売りが優勢となり、小幅ながら3日続落して取引を終えました。  米国株は堅調に推移していますが、日本株は今週回復したものの、反発力はやや弱い印象です。  ただ、今週は20年4~6月期が好調だったゲーム株など「巣ごもり需要」関連銘柄が買いを集めました。  米国株が強いのは、7月末の米連邦公開市場員会(FOMC)で、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が次回9月のFOMCでの追加緩和の可能性を示唆したなどにより、長期金利が低下傾向にあることと、新型コロナウイルス...

    1時間前

    • 0 コメント
  • 山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」【8/11第72号レポート配信! 素早い経営判断と強力な人材と高品質低価格で成長する企業を分析!】

     個人投資家向け高品質企業レポートを好評配信中!  題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。 【8/11第72号レポート配信! 素早い経営判断と強力な人材と高品質低価格で成長する企業を分析!】     今週は、愚直なほど高品質低価格にこだわり、成長する企業を分析。  強烈なスピード感の経営判断と、強力な営業人材、多彩なコンテンツ力で高い成長率を目指し、アップサイドも期待できます。  ぜひご購読を。 以下の無料サンプルをご覧の上、文末のフォームよりお申し込み下さい。 ・アニコム(8715)  https://bit.ly/3e4N2ft ・ピーバンドットコム(3559)  https://bit.ly/2Xoa6Qq ・手間いらず(2477)  https://bit.ly/2Vew9GC  ★ お申し込みフォーム ⇒  https://goo.gl/8TLmfM  グロースとは成長株のこと。  山本潤氏率いる「株の学校」で、山本氏をはじめとする講師陣の薫陶を受けた精鋭アナリスト達が、成長株にフォーカス。銘柄を発掘し、その内容を詳細にレポートします。  毎週火曜日配信、1回に1銘柄の深掘りレポートです。  毎回山本潤氏の監修コメントも入り、中長...

    15時間前

    • 0 コメント
  • 炎のファンドマネージャー有料メルマガ第305号配信中!!

     月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「 炎のファンドマネージャー 」の有料メルマガ「炎の投資情報」305号が8月11日に配信されました。  企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。 【決算チェックをはじめ、IPO銘柄チェックなどレポート!】 【8/11 第305号では】 ■相場の視点 ~3割の企業が赤字転落する中でも日本の株式相場は底堅い~ ■決算チェック(4銘柄) ■決算説明会報告 ■直近IPO銘柄チェック(2銘柄)  → ご案内ページ  http://www.honohfm.com/

    15時間前

    • 0 コメント
  • 円安要因

     先週のZOZOの第一四半期決算は想定以上でした。  売上は対前年同期比19.4%増で営業利益は33.9%増です。販売数量は伸びても単価が下がることで10%程度の売上増加と見込んでいましたが、それどころでは無く、コロナ禍の中でEコマースの威力を見せつけた格好です。  中身を見ると想定通りの単価ダウンですが、粗利率は変わらず維持されていますから、どこのアパレルメーカーもZOZO頼みの投げ売り状態であったことが窺えます。  在庫処分のため幾ら価格を引き下げても手数料はZOZOの言い値(35%)を受け入れるしかなく、ペイペイからも連日、大幅値引きの広告が出されていました。一律給付金の追い風が吹く中、販売数量・金額ともに伸びたにもかかわらず、アパレル各社にとっては地獄の投売りだったと想像できます。  今回は春夏物の投売りで消費者は衣料品を安く多めに買えました。7月のセールも一段の安売りになったかと想像します。もう春夏物は売れません。8月下旬から始まる秋冬物はどうするのか?既に仕入れを止めている(または抑えている)と言った記事を見ますが、下手な仕入れをすればまたも投げ売りせねばな...

    15時間前

    • 0 コメント
  • 株の玉手箱 次の内需関連を探せ!

     今週に発表されたカカクコム1Q収益は、売上高が33%減少の95億円、営業利益で66%減の22億円で大幅な減収・減益となってしまいました。  特に厳しかったのが食べログで、売上高は17億円と前年1Qの63億円、4Qの65億円と比べても大幅な収入減に見舞われています。新型コロナウイルスにより外食産業でのネット予約人数が大幅に減少、新規営業も5月までストップと環境は厳しかったことでしょう。  新興メディア・ソリューションも人の往来の減少で旅行や映画中心に減収となり大幅な減収となっています。  しかし価格.comは59億円で、前年4Qの63億円からは減少しましたが、前年1Qの56億円を超えてきております。広告やサービスはそれぞれ14.5%減収、5.1%減収でしたがショッピングが27.9%増収と事業 全体を引っ張ったのです。  ショッピングでは減収の製品カテゴリーもあったことでしょうが、在宅勤務、巣籠によりEC利用者の増加が見られ、多くの耐久財、消費財で注文が増加したそうです。同社の説明会資料によれば、ノートパソコンが59%増、FPテレビ54%増、冷蔵庫51%増、エアコン・ク...

    15時間前

    • 0 コメント
  • 【たけぞう氏「2020年下半期注目投資テーマ&注目銘柄セミナー+YEN蔵氏との座談会」 開催!!

    昨年5月に開催し、大好評を博した、たけぞう氏+YEN蔵氏」のセミナーをまた開催いたします! ■今回のテーマは「2020年下半期注目投資テーマ&注目銘柄」 です。 ◆今後の相場展望を解説!  24年以上株式ディーラーで活躍してきた、たけぞう氏が、今年後半の注目投資テーマを解説します。 ◆有力銘柄、注目銘柄もピックアップ!  投資テーマに関連した銘柄を具体的にお話しします。 ◆YEN蔵氏との座談会も開催!  外資系銀行で為替ディーラーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。  為替だけでなく株式にも造詣が深いYEN蔵氏の、世界的なトレンドや金融業界の動きなど、貴重な話題を聞けるチャンスです。  Twitter:  @YENZOU 【たけぞう氏よりご挨拶】  億の近道では昨年5月のセミナー以来2回めとなります。たけぞうと申します。  私は昭和63年(1988年)に証券会社に入社をして4年間、東京証券取引所で場立ちをしました。  その後2年間の事務部門を経て、平成6年(1994年)に以前から希望していたディーラー部所への所属となりました。  退任するまでの24年5ヵ月間をディー...

    4日前

    • 0 コメント
  • 人間経済科学と賢人たちの教え その5

    産業新潮 http://sangyoshincho.world.coocan.jp/ 8月号連載記事 ■その5 共感・同調が社会・経済の基本原理 ●「国富論」は「道徳感情論」の別冊であった  アダム・スミスが1776年に著した「国富論」は、近現代における経済学の出発点とされるあまりにも有名な本であり、実際に読んだことがあるかどうかはともかく、その名を知らない読者はいないはずだ。  しかし、世の中に意外と伝わっていないことが二つある。  一つはアダム・スミスが道徳哲学の教授であったことだ。  グラスゴー大学卒業後、オックスフォード大学中退。1748年にエディンバラ大学で文学と法学の講義を始めた。そして、1751年にはグラスゴー大学の論理学教授に就任し、翌年道徳哲学教授に転任しているのである。  1750年には、「人間本性論」で有名なデビッド・ヒュームと出会うが、彼が死ぬまで生涯親しく交流し、強い影響を受けることになる。  それらの流れの中で、1759年に出版されたのが「道徳感情論」であるが、その経歴からも分かるように、当時はこの本が彼の代表作でありベストセラーであった。そのベストセラーの中の「経済」に...

    4日前

    • 0 コメント
  • 山本潤さんと考える「ポートフォリオ戦略で考える、長期投資の大切さ」-後編

     今回は同じ億近執筆陣でもあります、山本潤さんとのインタビュー記事後編を作成しましたのでお届けいたします。  前編はこちら ⇒  http://okuchika.net/?eid=9341 山本潤さんと考える 「ポートフォリオ戦略で考える、長期投資の大切さ」 ●長期目線で考えれば、未曾有の事態にも慌てずに対応できる。 小屋:  私たちのお客さまは富裕層の個人が多いので、自分や家族の人生を考えた10年、20年単位の長期的な視野を持ってくれていますが、コロナのパンデミックのような事態が起こると、短期的な値動きにどうしても引っ張られてしまう人が増えると感じます。 山本:  人生全体ぐらいの長期スパンで投資を考えるのはとても重要ですね。  私が投資家の方々によく言うのは、  「ご自身が亡くなられた後、孫やひ孫の代まで考えて、運用しましょう」  ということです。  例えば毎年5%の配当がある企業なら、100年経てば500%の配当益が得られるわけですよね。  それだけ利益が得られれば、買ったときの値段なんてどうでもいい話になります。  いまは1%の配当しかなくても、その企業のやっていることが正...

    4日前

    • 0 コメント
  • 株の玉手箱 【2銘柄】新規上場会社が属する一大産業●●

    本文 *約1500字・完読サクッと3分でどうぞ 【まえがき】  米中がキナ臭くなり、コロナも拡大方向。  何が起きても上がり続けてきた株も、流石に地政学リスクまで飛び込んでくれば方向感変わってきそうな局面。  こんな時は・・・やはり新顔(IPO)をチェックすべき。  実際の所、こちらで取り上げたIPOはどれも相場を魅せてくれました。  8月も頼むぞー。 【ティアンドエス(4055)8/7上場】  まずは業績面を評価したい。  2016年11月期からは一度も落とすことなく増収増益ペース。市場拡大期待の人気テーマで収益化しているのは心強い。  属するのはAI関連。画像の処理&認識やディープラーニング、ロボット、自動運転、メモリ高速化など時流に乗るキーワードが満載。  IPOは需給と言いますが、人気化しそうな事業と公開枚数の少なさから買い優勢。VCの巨額資金も見当たらず今のマーケット状況も追い風となり初値は飛ぶと見ています。センカンダリーは慎重に見定めるべし。 【ニューラルポケット(4056)8/20上場】  事業内容の時点で勝負は決まっているIPO。  「...

    4日前

    • 0 コメント

Twitter

生放送

放送済みの番組はまだありません。

動画