• このエントリーをはてなブックマークに追加
投資家Sの今週の注目銘柄 JBCCホールディングス【9889】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

投資家Sの今週の注目銘柄 JBCCホールディングス【9889】

2021-07-08 16:44



     皆様こんにちは、投資家Sと申します。


     世界中でインフレが止まりません。

     直近では、北米を中心とした戸建て建築需要の増加によって木材価格が高騰、足元は幾分落ち着きを見せておりますが、値上げ後の木材が日本入って来るのは、夏以降との事です。

     日本は30年続くデフレで物の価格が下がる事に慣れ過ぎており、消費者のインフレに対する耐性がほとんど出来ておりませんが、北米を中心とした先進国では、物価の上昇スピードが猛烈な勢いで進行しております。

     ガソリン・住宅価格・航空運賃・レンタカー・時給が軒並み上がっており、あらゆる物の価格に上昇圧力が掛かっております。

     リーマンショック後の世界経済は、金融危機による景気後退・デフレ突入を回避する為、中央銀行が市場に大量の資金を供給して、景気の悪化を食い止めてきました。

     大量の資金供給がデフレの進行を食い止めたのは事実ですが、副作用として格差の拡大と資産性の高い商品の価格上昇を加速させました。

     この流れは今年で13年目となりますが、どうも潮目が変わってきたのではないかと筆者は考えております。

     世界的なインフレでモノの値段は上昇しておりますが、日本の経済力低下で“買い負け”が発生しており、強い円が支えてきた購買力が徐々に低下しております。

     私は、”日本は貧しい国になった”という事を日々の事象から実感しておりますが、世間一般にはそのような意識はまだ浸透しておらず、現在の状況で何とかなってしまっているのがこの国の凄さでもあります。

     株式投資家にとっては、本来インフレは歓迎されるべき経済状況なのですが、原材料価格の上昇を価格に転嫁しづらい日本では、内需関連の製品価格上昇が起こりにくい構造があります。

     結果として、コストを自助努力で吸収する事となり、最も削減し易いコストとなる人件費の低下に繋がる事になります。

     このサイクルが変わる時期が近づいていると筆者は考えておりますが、インフレの初動はデフレの残像が色濃く残る事になる為、株式市場にも厳しい展開が訪れる可能性がありそうです。

     きっかけが何になるのかは分かりかねますが(現時点ではFOMCもしくは、アメリカの物価指標と考えております)、昨年とは明らかに違う状況になっている事を認識しておく必要がありそうです。


     今回は、2021年6月下旬に掲載を行った、DX(デジタルトランスフォーメーション)銘柄についてご紹介させて頂きます。


    ■JBCCホールディングス【9889】


     ITインフラの構築支援を手掛けているJBCCホールディングス(以下JBCC)【9889】は、1964年に会社設立、1990年に株式市場に上場を行っている。

     同社は情報ソリューション事業を主力としており、日本企業のDX化を支援する事業を展開している。DX化に対するニーズはコロナ禍でも変わっておらず、前期の業績は2020年3月期から売上高8.5%減、営業利益24.8%減となっているが、2020年3月期はWindows10関連の更新ビジネスによる特需が有り、業績が大幅に押し上げられていた。
     特需を除いた既存ビジネスの成長率は、前々期から売上高1.5%増、営業利益8.9%増となっており、業績の拡大は続いている。

     6月17日(木)付の日経新聞朝刊に「システム大手6社の3月末の受注残高最高DX関連追い風」との記事が出ており、1年前と比べて6%受注残高が増えたとの記載があった。
     SI(システム・インデグレーター)は、DX化の恩恵をフルに受けて業績を伸ばしている会社が多く、JBCCも恩恵に与って安定成長が続いている。

     2022年3月期の業績予想は、売上高が前期比2.6%減の585億円、営業利益は7.5%増の28億円となっており、減収・増益予想。決算発表時に公表した新中計での2024年の目標値は、売上高600億円、営業利益
    33億円の予想となっている。

     一見すると成長していないように見えるが、今回の中計期間をグループ一体の事業構造変革期間としており、高付加価値ソリューションに注力する事を示している。
     具体的には、同社の開発の特徴となる「JBアジャイル」を推進をして行く事を表明。お客様の要望に優先順位をつけて対応し、開発・テスト・リリースの繰り返し回数を予め設定する事で、コストと納期を確保した開発を実現している。

     投資家にとって重要なのは、同社株にどの程度の妙味があるのかだが、最大の魅力は、高い配当利回りにある。
     6月17日時点での配当利回りは3.67%となっており、事業安定性の高いSIの中でもトップクラスの利回り。さらに、中計最終年の2024年3月期には、年間配当を52円から62円に10円増配する目標を既に示しており、現在の1,415円の株価水準で購入を行った場合には、2024年3月期の配当利回りは4.38%に上昇し、高配当に磨きが掛かる。

     FOMCでのテーパリング検討によって、株式市場には暗雲が経ち込み始めているが、こういう時はキャピタルゲインではなくインカムゲインを意識した投資を考えたい。

     何故なら、配当は我々投資家に対するフリーキャッシュフローだからである。


    (投資日報α 2021年6月21日号掲載)


    (投資家S)


    ―――

    ■7/22オンラインレクチャー YEN蔵の「投資の真髄 ノウハウ伝授」に投資家S氏(櫻田学氏)がゲスト出演します!
     毎週多数の注目銘柄を発掘するコツは何か?YEN蔵氏が掘り下げていきます!
     ぜひ視聴ください! 詳細はこちら ⇒ https://twitcasting.tv/c:okuchika/shopcart/86857



    ■有料メルマガ「櫻田学の100バガーを探せ!」

     億の近道では、投資日報社の櫻田氏執筆のレポート「100バガーを探せ!」を配信しております。同レポートは綿密な取材と企業分析力で長期成長株を見出していく取り組みです。
     [ポイント][銘柄詳細][考察][株価・バリュエーション]などわかりやすく整理されており、さらに会社公表の資料なども駆使し、理解を深めるには最適なコンテンツとなっております。
     原則的に週1銘柄配信となりますので、多くの銘柄を比較検討することで投資成果向上のツールとして活用できます。

     お申込みから当初3週間は無料で購読できます。
     ぜひお試しください。

     ▼毎週月曜日配信(休日の場合は翌営業日)
     ▼購読料 8,800円+税(9,680円税込)/月
     ▼お支払いはpaypal(ペイパル)によるクレジットカード決済のみです。
      (毎月自動引き落とし)

     お申込みはこちら ⇒ http://bit.ly/search100bagger

     ▼配信内容
      執筆者の櫻田氏より
     「【100バガー】を探せ 執筆者の”櫻田 学”です。
      株式市場では、株価が10倍まで跳ね上がる銘柄を【テンバガー】と呼び、大化け株の代表として注目されますが、本レポートは、その上を行く”100バガーを探せ!”とのタイトルで、長期成長が期待出来る厳選個別株を中心とした情報をご提供しております。
      [株式投資は決して難しく無い=むしろ優しい]という事を、本レポートの読者に時間を掛けて毎週お伝え致します。」

      1)テンバガーを超える可能性もある、100バガー候補銘柄を原則月1回配信
      2)3年以内に2倍が狙える、100%バガー(2倍)候補銘柄を月1回程度配信
      3)月1回、過去に配信した銘柄のフォローレポートを配信(3銘柄程度)
      4)株主総会・決算説明会・IR担当者への取材など、筆者が足で稼いだ独自の情報をレポート内で限定公開
      5)毎週のレポートを解説した【動画】を購読者に限定公開

     ▼櫻田 学氏プロフィール
      トレース合同会社 社長
      株式会社投資日報社 専務取締役
      大学卒業後、2004年から証券会社にてFXの仕事に従事。
      以後、14年間に渡り、営業・企画・トレーディングの最前線で活躍。
      リーマン・ショック・ユーロ危機・Brexit等々の並居る大相場の中、裏方として市場の最前線で指揮を取り、FXの表も裏も知り尽くす。
      2018年秋、11年間勤めたマネックス証券を退社して、暗号資産(仮想通貨)の交換業者となる、株式会社ディーカレットの立ち上げメンバーに加わる。
      2020年5月に、相場道を究める為に同社を退職。
      個人投資家として株式投資を行いながら、投資に掛ける時間が限られる兼業投資家の方に有益な情報を届ける為、株式について日夜分析を行っている。
      日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA)
      相場に対するモットーは、「利食いたくなったら乗せろ」

     お申込みはこちら ⇒ http://bit.ly/search100bagger

     ▼注意事項
     ・配信はPDFファイルで行いますので、AdobeのAcrobatをご用意ください。
     ・最初に無料購読期間がありますので、お申込み時に0円支払いとなりますが間違いではありません。
     ・この有料メルマガは情報提供を目的としており、特定の金融商品や銘柄の推奨をするものではありません。投資は自己責任でお願いいたします。


    ●投資日報αの過去動画・100バガーを探せのレポート動画をご覧頂けます。
     https://www.youtube.com/channel/UCsCEG2T2Beg0tt_-mfjv-Xw

    ●本連載のベースとなる投資日報αは、週2回発行の紙面では、各界識者によるマーケット分析に加え、弊社株式運用班による厳選銘柄を掲載。購読者限定の動画配信やWEBセミナー、特別レポートの配布など「新聞付きのサブスクリプション・サービス」となります。
     お申込みは下記のURLからお願い致します。
     https://www.toushinippou.co.jp/products/detail.php?product_id=226


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。