• このエントリーをはてなブックマークに追加
売り方を考える前に、商品設計の極意は「奥」から!【ヤマタクのWEBマーケティング】第3号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

売り方を考える前に、商品設計の極意は「奥」から!【ヤマタクのWEBマーケティング】第3号

2015-04-15 12:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     「今ある商品をいかに売るか」を考える前に・・・
     商品設計の極意は「奥」→「手前」だ!

    ────────────────────────────
    ヤマタクのWEBマーケティングのエロしょーもない心理技術
    第3号 2015年4月15日
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    次回番組放送は4月26日(日)13時より
    今すぐタイムシフト予約を!



    そして、有料会員の皆さんを番組観覧にご招待!
    応募締切は18日(土) → 詳しくは【2】で!

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ヤマタクです。

    「もしかしてこの人、
     ただのエロ天然パーマ(略してエロパー)じゃないのかも!」
    と、一刻も早く思われたい。

    そんな下心が隠し切れない爽やかテイストのコンサル実況、
    今回は後編をお届けしよう。

    「今ある商品をいかに売るか」を考える前に、やることがある。

    商品開発なんて難しそうなコト、できる気がしねーよ!
    と、安らかな自己否定の上でまったりしている場合ではない。

    そんな話だ。

    ▼本日のメルマガ
    ────────────────────────────
    【1】誌上コンサル 商品設計は「奥」から攻めろ!
    【2】4月の番組収録観覧にご招待します
    【3】会員限定動画! そのWeb広告、未読スルーされてないか!?
    【4】『webサイトの“乳首”はピンクか?』4月の放送ご案内
       会員全員に使えるCSSテンプレプレゼント!
    ────────────────────────────

    【1】誌上コンサル 商品設計は「奥」から攻めろ!

    前編の存在に気づいていない方、先週の記憶がない方、
    あえてスルーした方のために、さくっと復習すると・・・。

    登場人物はこの2人。

    1.相談者A(以下A)

    英語専門の塾を経営。
    集客も利益も採算ギリギリで、売上アップを図りたい。
    「商品は授業しかないんです」と言うが・・・

    2.ヤマタク(以下ヤ)

    マーケティングコンサルタント。
    ヤラセなしの「本番」にトコトン強いオトコ。
    それがヤマタク。
    惚れるなら今がアタックチャーーーーンス!!


    前回は、利益率の高い構造のビジネスを構築するために、
    まず「絶対に売れる」商品を作ってみよう、という話をした。

    【前回のブロマガはこちら】
    http://ch.nicovideo.jp/orecon/blomaga/ar766793

    労力に対する利益が低い事業は、必ず行き詰まる。
    利益のための労働こそ、経営者の正義なのだ。


    ▼▼▼ コンサル実況中継、ここから ▼▼▼

    ヤ:「絶対に売れる」商品ができると、先生が
    月15,000円の授業を受けている生徒の保護者の何人かに、
    「お子さんは、この短期合宿に行くべきですよ」と言えば、
    かなりの確率で申し込みます。

    つまり、いつもの授業、いつもの商品の中で、
    一番売りたい商品を買ってもらうための
    「教育」ができるようになるんです。


    商品によっても変わってきますが、
    お客さんはまず、安い商品を買うんですね。

    例えば私は以前、女性下着を扱う通販の
    WEBマーケティングを担当していたんですけど、
    やはり、お客さんは安い商品から買っていく。

    そこから、お客さんを教育するんです。
    高い商品は何が違うのか、どういいのか。

    そして最終的に、
    ちょっと高いブランド下着を買ってもらいます。

    最も利益率の高い商品のために他の商品が存在する。

    そう考えて商品設計をするときにはじめて、
    フロントエンド商品にかけた労力が報われます。

    今の状態だと、
    無料体験授業をするたびに人件費が上がっていくので、
    利益も結構、際どいラインではないでしょうか?


    A:そうですね。今は一応、トントンぐらいですが。


    ヤ:その状態に、この
    「合格保証付き1カ月短期合宿30万円」を付け加えることで、
    トントンじゃなくなるんです。利益率が改善する。

    そうしたら、入口の商品にもレバレッジをかけられます。

    月謝を9,800円にして他の塾と差別化を図る、
    その分、生徒数や授業のコマ数を増やしていく、
    といった戦い方もできるようになるんです。


    A:でも、返金も発生しうるということは・・・


    ヤ:合格できない子が1人・2人いて、返金したとしても、
    何人かに同時で教えるので、リスクヘッジもできます。

    商品をゼロから作る場合は、
    一番「奥」の商品から作ります。
    最も高額の商品、売りたい商品ですね。

    一番売りたい商品から逆算して、
    バックエンドを買ってもらうにはどういう教育が必要か、
    という観点でフロントエンドまでの商品を作る。

    すると、入り口の商品の中身が決まってくるんです。

    「フロントエンド/バックエンド」って、
    聞いたことがあると思いますが、
    実はバックエンドから作る、
    バックエンドがフロントエンドの商品を決めている、
    という話なんです。

    そういう商品設計の仕方、ひいてはビジネス構築の仕方を、
    知っておいてほしいんですね。


    ▲▲▲ コンサル実況中継、ここまで ▲▲▲


    もう、Aさん、ほとんどしゃべってないじゃん。

    ――ええ。コンサルの後半戦なんて、そんなものです。

    でも、私が熱く、いやむしろ暑苦しく語るのも、
    「労多くして益少なし」状態のまま頑張っちゃっている人が、
    Aさんに限らず、ホントにとっても多いからなんです。

    ・・・え。
    ヤマタクのコンサルシャワーをナマで浴びてみたい?
    よし、ではこのあとの【2】に、今すぐ飛び込んでみよう!!


    【2】4月の番組収録観覧にご招待します

    このブロマガ・通称『エロしょー』の会員になってくれて
    本当にありがとう!

    誌上コンサルをご覧いただいたように
    会員の皆さんのサイトに直接アドバイスすることが
    売上アップの一番の近道。

    そこで、感謝をこめて番組収録の観覧にご招待したい。

    サイト診断を希望の会員の方には
    番組内で直接売上アップのアドバイスをしよう。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。