• このエントリーをはてなブックマークに追加
一瞬でWEBサイトの売上アップ? 簡単です。【ヤマタクのWEBマーケティング】第4号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一瞬でWEBサイトの売上アップ? 簡単です。【ヤマタクのWEBマーケティング】第4号

2015-04-22 12:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ホームページはスリムなほど売れる!?
     一瞬で売上を上げる二大原則とは

    ────────────────────────────
    ヤマタクのWEBマーケティングのエロしょーもない心理技術
    第4号 2015年4月22日
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    次回番組放送は4月26日(日)13時より
    タイムシフト予約はお済みですか?



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ヤマタクです。

    いよいよ今週末に迫った2回目の生放送、
    テーマも壮大な『webサイトの“乳首”はピンクか?』

    その時が迫るにつれ、否が応でも盛り上がる乳首談義。
    もはや乳首祭りと言っても過言ではない。

    「乳首チクビって、いつまで口唇期かっ!」
    とツッコまれるほど、日々真剣に乳首と向き合っている。

    もちろん今月も、口唇期のリビドーなめんなよ!?
    と気合い十分、
    フロイトのおっさんもびっくりの放送をさせていただく。

    しかも、たとえ精神的には口唇期まっ盛りでも、
    WEBマーケティングになれば どんとこい第二次性徴期。

    今回も調子に乗ってコンサル実況第二弾をお届けする勢いだ。

    「そう簡単に売上が上がったら誰も苦労しねーよ!」
    と、放置プレイにいそしんでいる場合ではない。

    WEBの世界だって、
    高校野球並みに、諦めムードの8回裏からの大逆転が可能だ。

    あなたにも、体験していただきたい。

    ▼本日のメルマガ
    ────────────────────────────
    【1】誌上コンサル WEBサイトの売上アップ? 簡単です。
    【2】会員限定動画! 悪魔のテクニック3「写真」
    【3】『webサイトの“乳首”はピンクか?』4月の放送ご案内
       会員全員に使えるCSSテンプレプレゼント!
    ────────────────────────────

    【1】誌上コンサル WEBサイトの売上アップ? 簡単です。

    一瞬で売れるホームページに生まれ変わる。
    そんなコンサルティングの実況をお届けしよう。

    今回ご登場いただくのは相談者・Bさん。
    実際のサイトはお見せできないが、
    ヤマタクのWEBマーケティングアドバイスは、
    実行すれば正直どんなサイトであっても効果が出る。

    そう。
    要は「やる」か「やらない」か、それだけなのだ。


    ▼▼▼ コンサル実況中継、ここから ▼▼▼

    相談者B(以下B):ECサイトを運営していて、
    楽天、Yahoo!、Amazonと、ひと通り出店していますが、
    アクセスも散らばって、広告も集中できていない状態です。
    自社サイトをもっとテコ入れしたいんですが・・・。

    ヤマタク(以下ヤ):ページ自体は、サイズも圧縮されて、
    アクセス解析もできる状態になっていますけれども、
    ちょっと気になるのが、画像の重さです。

    これはAmazonでも実証されていることですが、
    読み込みスピードが0.1秒遅くなるごとに、
    全体の売上が1%下がります。

    実験してみると、実際にはもっと下がりました。
    ですから、画像は極限まで軽くしてください。

    このブロードバンドの時代に、と思われるかもしれませんが、
    今はパソコンの台数よりも
    携帯電話、スマートフォンのほうが上回っています。

    モバイル端末の回線スピード、どうでしょうか。
    やはり読み込みに時間がかかります。
    画像の重さは、致命的な売上減につながり得るんです。


    B:画像のサイズを軽くする。


    ヤ:はい。一番簡単に売上が上がる方法です。

    他にも、いろいろなプラグインやjQueryを
    入れていらっしゃるんですけれども、
    それもまたページが重くなる原因になりますので、
    不要であれば削除してください。


    B:ページ全体もできるだけ軽く。


    ヤ:そうです。
    それから例えばこの「面白グッズ紹介」画像、
    売り込みをするわけでもない、
    正直、目的のない画像なんです。

    これが容量を結構とっています。
    こういう画像はもっともっと軽くしたり、
    メッセージだけにするといった変え方が可能です。

    重い画像であるにも関わらず、
    クリックするポイントが画像の中にない。

    つまり、お客さんに行動してもらうところまでが
    1つの画像の中で完結していないんです。

    ここでもう1つ、大原則があります。

    「1ページ 1コール 1アクション」という大原則です。

    1つのページ、あるいは1つのメディアでは、
    1つのメッセージを付け、1つの行動を促しましょうと。

    例えば、複数行動をさせようとするチラシは、
    成約率が悪いんですよね。

    そして、「Come on!」「Let's go!」のような
    曖昧なメッセージではなく、
    明確に、お客さんにどういう行動をしてほしいかを
    提示するようにします。


    B:画像にアクションを促す言葉を入れるというのは、
    例えば「こちらをクリック」とか、そういう・・・。


    ヤ:はい。単純にそういうことです。

    サイトの構成はいいですね。楽天型を継承している感じで。
    グリッドデザインを使って、
    Appleに近い形で商品を紹介している。

    ただ、購入ボタンまで2スクロールぐらいあるので、
    今すぐ買いたいお客さんが離脱してしまう可能性があります。

    特に、先ほど言ったモバイル端末からアクセスしている場合、
    途中の画像の読み込みで嫌になるんです。

    画像サイズと1ページ1アクションの原則を守るだけで、
    十分、売上が上がります。


    ▲▲▲ コンサル実況中継、ここまで ▲▲▲

    (次回・後編に続く)


    ホームページこそダイエットの時代。
    見た目で避けられない工夫は大切です。

    と、見た目で容赦なく避けられる怪しいエロ天然パーマが
    言っても説得力ないとか言わないように。

    こうなったら誌上コンサルだけでもサワヤカでいくぞー!

    というわけで、
    次号では、よりいっそうディープな後編をお届けします。
    お楽しみに!


    【2】会員限定動画! 悪魔のテクニック3「写真」

    人気の「悪魔のWEB制作講座」より
    会員限定で「今、役に立つ!」解説部分をご提供します。

    今回はテクニック3「写真」。

    百聞は一見に如かず、
    イラスト以上に伝える力を持ったメディア、それが「写真」。

    美しさよりも「●●」を感じる写真に差し替えるだけで、
    いや、ただ写真を××するだけで、
    何倍もコンバージョン率がアップするとしたら・・・
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。