• このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマタクは二度死ぬ【ヤマタクのWEBマーケティング】第9号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヤマタクは二度死ぬ【ヤマタクのWEBマーケティング】第9号

2015-05-27 12:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ヤマタクは二度死ぬ
     生放送中に語り切れなかったあの話をフォロー!

    ────────────────────────────
    ヤマタクのWEBマーケティングのエロしょーもない心理技術
    第9号 2015年5月27日
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    第3回放送のテーマは
    『webサイト集客にコンテンツマーケティング
     & 本日オープン美女のサイトを診断するぞ』
    はたして・・・!?



    会員の皆さま、
    タイムシフトご予約の皆さま、
    今一度お楽しみください!

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ヤマタクです。


    ずっ、どーん・・・ どーん・・・どーん・・・どーん・・・

    (自分の中で反響する落ち込み音)


    いやぁ、今回の放送は不甲斐なかった。


    言いたいことならどれくらい あるかわからなくあふれてる♪


    工藤静香ならかすかに色っぽいところだが、
    明らかにイロモノっぽいヤマタクが

    生放送なのに
    目と目で通じ合う~とか、いざとなると内気になる~、とか
    キャッキャッしている場合ではない。


    話したいテーマはあれもこれも、たくさんあったのに、
    伝えきれなかったー、ぅギャー!!

    ということで、これからブロマガ2回分ぐらいかけて、
    コンテンツマーケティングの話をフォローさせていただく。


    大丈夫、マーケティングの内容自体は正直、
    (自分で言うのもナンだが)悪くなかった。

    要は、段取りとか要領の問題なのだ。たぶん。


    それは、今回の「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」ゲスト出演時に、
    岡田氏(以下:オ)より頂戴したセリフからも窺える。

     オ:「先に結論を言おうよ!」
     オ:「ここまで5分もかかってるよ!?」

    ザクッ(ヤマタク腹部から流血)

    見よ、この有難くも真っ当すぎる正論を。


    この日はまさに、「ヤマタクは二度死ぬ」状態。

    これはもう、違う意味で楽しんでいただけるに違いない。


    動画が公開され次第、
    あらためて二本立てでURLを案内させていただく。

    恐らく、涙なしでは見られないだろう。

    待て、次号!


    ▼本日のメルマガ
    ────────────────────────────
    【1】コンテンツマーケティング・泣きのフォロー編〈その1〉
    【2】会員限定動画! WEB動画スクール「1億円を稼ぐ三大基礎知識」
    ────────────────────────────

    【1】コンテンツマーケティング・泣きのフォロー編〈その1〉

    さて。
    「私 心はおしゃべりだわ~」の心の中身だ。


    1つ目。

    「ホット●ッパー」のような大手発行のクーポンマガジン、
    地域限定情報満載のタウン誌、
    自社チラシ。

    どの媒体で広告を出すのが一番、効果が高いのか?


    (覚えていないかもしれないが、)ここでヤマタクは言った。
    反応は、自社コンテンツの量に比例すると。


    その原則に沿って考えると、
    「自社チラシ」こそ、
    コンテンツマーケティングに最適の媒体だ。

    なぜなら、コンテンツの量に制限もなく、
    コストをかけずに反応が取れるからだ。


    広告には基本、コストがかかる。

    それは、広告とコンテンツが
    抱き合わせ商法みたいになっている今も同じ。


    確かに、「ホット●ッパー」の瞬間的な集客力は、
    魅力的に見えるかもしれない。

    しかし、そこに集うのは、
    他社と比較しながら、とことん「安さ」を求める客。

    すなわち、物事の価値判断の基準が「価格」だけの客。


    安さを求める客をターゲットにしてしまった途端、
    待っているのは競合との価格競争のスパイラル。

    リピートしてほしいから、怖くて値上げもできない。



    ・・・それ、あなたも やりたい?


    「自社チラシ」なら、
    実質容量無制限の豊富なコンテンツによって、
    顧客が判断するための材料をたくさん提供できる。

    どこどこの誰々さんがこんなふうに手間暇かけて作った野菜、
    と知るだけで、親近感が湧いちゃうのが人間だ。


    サービスや商品を売るための顧客との接点づくり、
    購入してもらう入り口として
    コンテンツを使おう!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。