• このエントリーをはてなブックマークに追加
【読書週間におすすめの1冊①】『レムレスブルーの午前2時』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【読書週間におすすめの1冊①】『レムレスブルーの午前2時』

2016-10-27 14:00

    こんにちは、メルマガの中の人兼ツイッターの中の人・Kです。
    10月27日~11月9日は読書週間!
    ということで、

    読書週間におすすめの1冊

    を読書期間中、毎日(中の人がうっかりしない限り)紹介していきたいと思います!
    記念すべき第1回目の本はこちら!

    7月の半ば、ある一人の天才が消えた――。

    『レムレスブルーの午前2時』

    心太 著・イラスト
    ◆試し読み


    bea41070ccfb182153d6591c7dda0af3135027be


    【あらすじ】

    7月の半ば、ある一人の天才が消えた――。

    中高一貫男子校に通う中学3年生の少年、アオイ。午前2時に桜の木の下に現れた不思議な少年、ヒナタ。アオイの先輩であり同じ寮に住まう高校2年生、サクラ。アイドル探偵として「レムレスブルー」の謎を探る少年、イツキ。4人は親交を深めるが、お互いにある思惑があって――。


    死んだものを生き返らせ、万病を治し、不老不死にするという幻の存在「レムレス・ブルー」を巡る少年たちの、真夏の夜の物語。


    死者の蘇り、不老不死までも叶えるという
    幻の存在「レムレス・ブルー」を巡る少年たちの物語。

    学園で噂される「幽霊」の意外な正体にも注目!
    ”考察しながら読むのが好き”な読書家の人にも
    ぜひ読んでほしい1冊です!




    ▼『レムレスブルーの午前2時』中の人イチオシのシーン

    「目を逸らしちゃ、だめだ。たとえ誰に否定されて、粉々になっても、自分が自分を信じてあげなきゃだめなんだ」


    「――ぼくと一緒に死のうよ」
    う発した▲▲▲に向けて、●●●が応えた言葉が↑の台詞です。
    誰から誰へ向けた台詞なのか明かしてしまうと
    盛大なネタバレになってしまうので伏せますが、
    この台詞は、▲▲▲だけでなく、他の少年たちにも
    読者である私達にも刺さる台詞ではないでしょうか。


    ちなみに、この後、原作ゲームとは異なるエンディングを迎えますので
    ゲームプレイ済の方にも楽しんでいただけるかと思います♪

    なお本書の初回限定プレゼント企画「描き下ろしサイン色紙」の
    応募受付は今月31日まで
    2016年10月31日の当日消印有効なので、
    これからゲットいただいても応募は間に合います!


    そしてゲーム「レムレスブルーの午前2時」のコミック版
    KADOKAWA/メディアファクトリーさんから発売されています。
    こちらもおすすめです♪



    以上、中の人・Kが、見切り発車で
    読書週間におすすめの1冊①『レムレスブルーの午前2時』を紹介しました♪

    明日紹介するのは、フンフウフンフーフンフーフンです!
    お楽しみに♪

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。