• このエントリーをはてなブックマークに追加
【読書週間におすすめの1冊②】『東京電脳探偵団』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【読書週間におすすめの1冊②】『東京電脳探偵団』

2016-10-28 17:00

    こんにちは、メルマガの中の人兼ツイッターの中の人・Kです。
    10月27日~11月9日は読書週間中、毎日1冊、おすすめの本を紹介中♪
    2冊目の本はこちら!


    報酬次第で、危ない仕事も請け負います――。

    東京電脳探偵団

    Polyphonic Branch 原案・原作/石沢克宜 著/MONQ イラスト
    ◆特設サイト
    ◆試し読み


    26fba922b2bc23985944d2bd9c1579e7b36e190f


    【あらすじ】

    ここは架空の街[東京]――3年前の自身と津波によって荒廃した第24ベイエリア街区の一角で、ミクは双子のリン、レンと貧しいながらも互いに支えあって暮らしていた。生活を楽にしようと探偵業をはじめたレンだったが、「ネットゲーム上の恋人」の行方を探す少年から依頼を受けた翌日、火事が起きる。それは依頼人の自宅だった。

    依頼人の姉であり、自警団のリーダーであるルカに、調査を継続するよう強要されたミクたちは、唯一の手がかりである「ネットゲーム」の世界で調査を続ける。

    やがて事件は謎の組織パンデモニクスと、そこに所属するメイコやカイトたちの陰謀、そしてミク自身の過去が絡んでいることがわかり――?


    人気ボカロ楽曲のノベライズ第1弾。

    まるでレン君やミクさんと一緒に、架空の街「東京」を
    駆け抜けているような疾走感、臨場感が味わえる1冊です


    ▼中の人イチオシのシーン

    「あたしはここでしか生きられないから」

     諦めたような、悲しげな笑顔だった。


    物語の佳境のシーンで、ある人物が放つ台詞に
    中の人は、彼女の名前を呟きながら涙しました…

    本日10月28日に発売された待望の続編
    彼女はどうなってしまうのか?
    ぜひ、その目で確かめてください――!



    以上、中の人・Kが、
    読書週間におすすめの1冊②『東京電脳探偵団』を紹介しました♪

    明日、明後日はハロウィン直前!ということで、
    ホラーな小説をご紹介する予定です☆ お楽しみに!

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。