• このエントリーをはてなブックマークに追加
【読書週間におすすめの1冊⑨】『からくり卍ばーすと』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【読書週間におすすめの1冊⑨】『からくり卍ばーすと』

2016-11-04 17:00

    こんにちは、メルマガの中の人兼ツイッターの中の人・Kです。
    10月27日~11月9日は読書週間中、毎日1冊、おすすめの本を紹介中♪

    明日はボーマスTHE VOC@LOiD M@STER36)ですね♪
    開場待ちの時間や、電車の中、あるいはエア会場とした自宅で…
    土日でじっくり楽しめる、上下巻のボカロ小説をご案内♪


    正義とはいったいなんだ――? 
     本格ハードアクション×和風ボカロ小説!!


    『からくり卍ばーすと 上 白き狼の閃光
    『からくり卍ばーすと 下 紅き椿の葬列

    ひとしずくP 著/鈴ノ助 イラスト
    ◆特設サイト

    924e9eb02c654ac52a6dadc2e38f23bdbf18f35d  09d6f0b4ab4e7b683dc01522d05ea24ecfaf9917

    【上巻あらすじ】

    蓮(れん)は、要塞国家トーキョーのなかでも最強といわれる特殊警察部隊白狼・十三番隊副隊長として、治安を守るために反政府過激テロ集団「紅椿(べにつばき)」や「黒龍(こくりゅう)」と日夜戦っていた。そんなある日、紅椿の手によって襲撃された現場に駆けつけると、紅椿の主戦力である破壊兵器“からくり”と、“ヒト型からくり”が暴れていた。 蓮は、ヒト型からくりの【椿】と対峙するが、戦闘中、それが幼き日に失った大切な少女・凛(りん)にそっくりであることに気づいて――。


    特殊警察部隊「白狼(ハクロウ)」、
    反政府過激テロ集団「紅椿(ベニツバキ)」「黒龍(コクリュウ)」。
    そして、紅椿が生み出した破壊兵器「からくり」。

    和風×ボカロ×ハードアクションで構成されている本小説は
    楽曲ファンはもちろん、ハードな小説を読みたい読書家にオススメの
    本格派シリーズです!

    ▼中の人イチオシのシーン

    伸ばした手の先に掴める量は、生まれた時から決まっているというのに。
    定められた量すべてを掴みきれば、最後には何も残らない。(中略)

    いらないものばかりを掴みながら、
    本当に欲しいものは、
    いつもあっけないほど簡単にすり抜けていく。

     

    月明かりの下で出会った蓮(レン)と椿(ツバキ)。
    正義とは何か悩み、あがく蓮は、毎夜夢にうなされる――。
    それは、大切な凛と離れ離れになったあの日の夢。

    小説の端々に登場する蓮の人生観には、
    はっとさせられる言葉が多く、印象に残るフレーズをたくさん生み出してきた
    ひとしずくP氏ならではの小説と言えます。

    クライマックスまで一気に読みたくなるシリーズですので、
    ぜひ下巻をお手元に置いてから、上巻を読み始めてください…!




    以上、中の人・Kが、
    読書週間におすすめの1冊⑨『からくり卍ばーすと』を紹介しました♪

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。