• このエントリーをはてなブックマークに追加
【読書週間におすすめの1冊⑩】『泡沫少女とイデアの少年』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【読書週間におすすめの1冊⑩】『泡沫少女とイデアの少年』

2016-11-05 17:00

    こんにちは、メルマガの中の人兼ツイッターの中の人・Kです。
    10月27日~11月9日は読書週間中、毎日1冊、おすすめの本を紹介中♪

    今日11月5日は「いい林檎の日」。

    ということで、「赤い実」が重要なアイテムとなるボカロ小説をご案内します。


    ▼”憂欝”が”ドキドキ”に変わる瞬間、一歩踏み出せる気がする――

    『泡沫少女とイデアの少年』
    yukkedoluce(大歳 祐介) 著/なじょ イラスト
    ◆特設サイト
    ◆試し読み

    7b4bbd5d535aa5a3c9597754b858f92b785ab851


    【あらすじ】

    ――永遠の世界でただ一人、死の呪いがかけられた少女・イル。
    ある日、イルは立ち入ることを禁じられた永遠の街へと足を踏み入れ、時計塔守の少年・マドと出会う。動き出したふたりの運命の歯車は、誰にも止められない。

    ――世界がまだ有限だった頃、そこは炎に染まる真っ赤な世界だった。戦争によって、記憶を失った少年・エデクは、悲しみのない世界を求め、双子の弟・ウェルドとともに奔走する。あらゆる悲しみを乗り越えた先に待つ結末とは?

    永遠の世界の物語“泡沫少女"と、有限の世界の物語“イデアの少年"
    物語はいま、ひとつに。 


    「永遠の世界」を描くストーリーと
    「有限の世界」を描くストーリーが交互に展開される本作は、
    様々な伏線が貼り巡され、それらが最も美しく、最も切ない形で
    昇華されていきます。

    ▼中の人イチオシのシーン

    ――僕の名は、■■■。
    無限の世界の、創世主(オリジナル)だよ。


    超ネタバレ部分だけ伏せていますが、↑の台詞は、
    交互に展開されていく物語が大きな転換期を迎えるシーンで登場するためか、
    編集作業中、何度読んでも鳥肌が立った印象的な台詞です。

    幸せだけが全てではない、‟リアル”な‟ファンタジー”の世界観に
    どっぷり浸りたい方に、
    お勧めしたい1冊!


    そして内容以外にぜひ注目いただきたいのが、本の装丁

    「泡沫少女」に登場する老人の書斎にそっと置かれていても
    不思議ではない、古書を思わせるデザイン
    重厚なゴールドの箔押しの書名が添えられてるカバーは
    yukkedoluce氏のイメージを忠実に再現。

    さらにカバーをめくると、yukkedoluce氏お手製の、
    本作の世界地図がお目見えします。
    こちらも古めかしい地図をイメージして、
    ザラザラした質感の用紙に、インクが少しだけ滲み
    世界観を盛り上げています。

    紙の書籍でしか表現できないことを
    たっぷり詰め込んだ1冊。

    ぜひ手に取って、装丁からじっくり味わってもらえたら嬉しいです♪



    以上、中の人・Kが、
    読書週間におすすめの1冊⑩『泡沫少女とイデアの少年』を紹介しました!

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。