• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 臨床心理士試験対策講座online TEXT - 正誤問題40問 (2021.09.27更新)

    2021-09-27 21:3010時間前
    1000pt
    一問一答で出題した動画『臨床心理士試験対策講座online』のテキスト版です。過去問題を正誤問題にアレンジした問題のみを掲載しています。そのため、動画版とは問題番号が異なります。時間がない方の理解度チェック、苦手分野の発見のために、問題文の直後に正答を示しています。

    動画でご覧になりたい方は、下記からどうぞ。

    ▼ 臨床心理士試験対策講座online
    https://www.nicovideo.jp/series/216890
    https://ch.nicovideo.jp/secondary/blomaga/ar1938173


    問1:信頼性推定値を算出する方法の中で、2件法の検査に限定して使用されるものとしてKuder-Richardsonの手続きがある?

    答1:◯

    解説1: 平成19年度(2007)の問43の一部をマルバツ問題にアレンジした問題です。臨床心理学では心理尺度を作成したり使用したりすることが多いので、その信頼性や妥当性の検討の方法を知っていることは重要なこと、とされています。キューダーリチャードソンの他にも、折半法やα係数に関する問もセットで問題化されていました。

     
  • 心理測定尺度概要一覧 (2021.09.27更新)

    2021-09-27 13:2519時間前
    1000pt
    近年発表された心理尺度について、弊社独自の視点から概要を要約し、出典情報とともにご紹介します。

    下記の尺度についての概要を掲載中です。随時更新して参ります。尺度項目など詳細は、出典情報に掲載した論文でご確認ください。

    01. 理想の社会人生活イメージ尺度(林・齋藤, 2021)
    02. ロールモデル(RMS)尺度(溝口・溝上, 2020)
    03. 日本語版SIS(廣瀬・濱口, 2021)
    04. 介入行動意図尺度(松山・真田・栗原, 2021)
    05. Maximizing Tendency Scale(石黒, 2021)
    06. Maximization Inventry(石黒, 2021)
    07. 離婚後の父母コペアレンティング尺度(直原・安藤, 2021)
    08. 離婚後のゲートキーピング尺度(直原・安藤, 2021)
    09. Quality of Coprental Communication Scale(直原・安藤, 2021)
    10. 子の運動に対する養育態度尺度(藤後・大橋・井梅, 2021)

    ■01. 理想の社会人生活イメージ尺度(林・齋藤, 2021)
    ①完成形版の項目数:14項目
    ②因子数:2因子
    ③各因子の名称:仕事環境の充実、社会的自己の充実
    ④出典情報:林美都子・齋藤孝成(2021). 大人になったら、どんな暮らしをしてみたい?ーー理想の社会人生活イメージ尺度作成の試みーー 北海道心理学研究, 43, P.53.

    ■02. ロールモデル(RMS)尺度(溝口・溝上, 2020)
    ①完成形版の項目数:30項目
    ②因子数:5因子
    ③各因子の名称:尊敬・理想像、視野の広がり、支援・助言、行動の手本、回避
    ④出典情報:溝口侑・溝上慎一(2020). 大学生のキャリア発達とロールモデルタイプの関係――ロールモデル尺度(RMS)の開発の試み―― 青年心理学研究, 32, 1, 17-36.
     
  • DX対策講座online TEXT - 正誤問題18問(2021.09.26更新)

    2021-09-26 23:25
    1000pt
    一問一答で出題した動画『DX対策講座online』のテキスト版です。正誤問題のみをテキスト化しました。問題の多くはDX検定(日本イノベーション融合学会)のシラバスの範囲内から、弊社で独自に作問しております。時間がない方の理解度チェック、苦手分野の発見のために、問題文の直後に正答を示しています。

    解説も含めてご覧になりたい方は、動画版をご覧ください。

    ▼ DX対策講座online
    https://www.nicovideo.jp/series/217347
    https://ch.nicovideo.jp/secondary/blomaga/ar1974044


    問1:2021年1月現在、日本におけるDXの推進には、CXへの注力が必要であるという見解が存在する?

    答1:◯