• このエントリーをはてなブックマークに追加
『MY closet』102段目「板の上で生きる」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『MY closet』102段目「板の上で生きる」

2019-09-05 15:00
  • 6


なんか、今までにないタイトルのつけ方したなぁ、吉岡さん。と思ったそこのあなた。
大正解。
今日はちょっと違った観点からお話ししますよ。

どうも、吉岡茉祐です。

さて、お話は先週まで公演していた舞台タイプのお話。
一週間以上の公演期間。なかなか長いですが、公演数的には11公演。イベントもあったり、本編もかなり濃ゆい内容だったのですが、これが私の中でものすごく衝撃だったのです。

タイプ、登場人物はみんな、とある小劇団の劇団員たち。曲者揃い。
突然宇宙人が侵略してきて、その宇宙人たちに人間の感情を伝える演劇を公演するために生かされた…なんてぶっ飛んだ内容。
前半は、コント風に感情を表現。後半は、その芝居を作る劇団員たちの人間模様を描く…。
前半と後半で色がガラッと変わる、不思議なお芝居でした。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
102段目コラム更新お疲れ様です!!
舞台『タイプ』9日間12公演+スペシャルイベント
8月下旬から9月初旬までの公演で
まゆしぃが声優として活動を始めてからいえば
史上最長の舞台でしたよねw
川尻さんがお笑い芸人さん出身と言うことで
正しくコントの世界をマンマ舞台にした構成は実に面白く
一つの舞台の中に色々な世界線が詰め込まれていて
今まで、沢山の舞台を観劇してきましたが
あんな舞台は初めてですw
だからこそ、その魅力に吸い込まれましたし
不思議な感覚でしたw
登場人物が《変人》と言われる人物像ばかりだったので
まゆしぃの役も特殊でしたけど
ダンスあり、コントあり、フラッシュモブありの
何でもありの設定は笑っちゃいましたよw
きっと、まゆしぃに取って挑戦の舞台だったと思いますけど、きっとこの経験がコンボのまゆしぃ人生に生きてくると思いますし、舞台女優吉岡茉祐の成長を観られる舞台でもありました。
これからも声優は勿論のことながら
舞台女優として輝くまゆしぃも応援出来ればと考えているので、まゆしぃ
もっと、もっと、もっと、もっと、まゆしぃの虜にして下さいね!!
1ヶ月前
×
更新が遅かったので何かあったのかと心配しました!更新があって嬉しかったです。

それはさておき、舞台タイプ。
一言でいうと、物凄いエネルギーを感じた舞台でした。
前半、公演開始時間前から、セットを作る様を見せたり、公演前のアナウンスが宇宙人向けだったりと、世界観の作り込みが細かいっ!あのお陰で一気に世界に没入してました。

後半部分は、まさに人類、人間の生き様。
人類の存亡を賭けた舞台、そのプレッシャーは半端ない物があったと想像に難くない。そうちょっと頭がおかしくなるぐらいに…。
果たして西門は正常だったのか、否か。ちょっと考えてします。
そんな状況を反映しての、前半パートだと解釈すると凄く面白いと思ってます。

そして、後半のまゆしぃの見せ場。
妊娠の告白シーン…あの結果があっての妊娠告白。状況を察するに、誰も雪見を攻められないと思いますし、正解は無い。いやぁ、ニンゲンですねぇ。

後半の奥田の歓喜のシーンでも、
雪見はあのプロポーズを舞台上の演技として受け止めたのか、それとも…。と考えると面白い。しみじみ。

赤ちゃんを受け入れる事にした奥田は、かっけぇなと思いますが、本当に雪見の事を愛してたのか、それとも生き残るために選んだのかと考えると、また、深いなぁと思った次第です。
考えすぎですかね?

お笑いの中にしっかりと、人間ドラマがちゃんと描かれていて凄い舞台だったと思います!

でも、しっかりと暗い人間模様を描いてるのに、終始笑いが絶えなかったのが、この舞台の凄いところでは無いでしょうか。
脚本・演出の川尻さん、ほんと凄いわ…。

最後に…
まゆしぃの人間味溢れる演技が見れて、嬉しかったですし、いい舞台を見せて頂きました。せんきゅー!

では、また、板の上で活躍される姿をみれるを楽しみにしております。

by インディゴブリンブリン
(7秒に一回雄叫びをあげてしまう宇宙人)より



1ヶ月前
userPhoto
syu
×
102段目更新ありがとうございます。

まゆしぃがいつも言っている「○○として生きる」という言葉が大好きな人間です。
自然に完全にそのものを演じる。
そのナチュラルさにいつも感心してしまうのですが、今回の舞台は特に、その精度が高く、費やした時やエネルギーを肌で感じたように思います。
最終的に感じたのは、作り上げていく側がとても楽しかったんだろうなぁ、と。
その楽しさは客席にも届きます。

舞台は半分以上ずっと笑っていて、日頃の嫌なことを吹き飛ばしてくれる勢いがありました。
ぶっ飛んだ設定と、精度の高い演技。楽しそうに演じている演者さん。
とても好きな空間がそこにはありました。

最後になりますが、9日間お疲れ様でした。
楽しい時間をありがとう。

次回の更新も楽しみにしています(^_^)
1ヶ月前
×
102段目の更新ありがとうございます!
舞台『タイプ』、類を見ない長丁場でしたね。本当にお疲れ様でした。

本番前に「魂を削る舞台」と表現されていたのを思い出します。
コラムを読んで、あれだけ突飛な設定、トンデモな物語の中でも登場人物の一挙手一投足がすごく自然に映ったのは、"生きる"表現をキャストの皆さんが出し切ってくれた何よりの証明なのかなと思いました。
そのおかげか、千秋楽までずっと楽しくいられました。ありがとう。

違った観点といえば、"人間の感情"がテーマだったこともあり、ぼくの中では"鏡"のような作品だったなとも感じています。
作品と向き合うことで自分を見つめ直すような、とても貴重な時間が過ごせたこと、本当に感謝しています。

公演中のツイートなど見て、きっとまゆしぃにも力となるような作品だったのだろうと思うので、この先のご活躍も一層楽しみになりました!
次の更新も楽しみにしています!
1ヶ月前
×
更新ありがとうございます。そして舞台お疲れさまでした。
板の上で生きている「私」として、まゆしぃは「私」と向き合っていったのでしょうね。
会話(アドリブ)も雪見の中で生まれたセリフに辿り着くのは大変だったのではないでしょうか。

一番好きなシーンのセリフは「何で相談してくれなかったんだよ」「それが人間だ」のところです。
正にここに全てが詰まっていると思っています。
きっと宇宙人と人間との違いはここなんだろうな。テレパシーとかで全部筒抜けになりそうですもんね。
人間は伝えないと伝わらないものが多すぎるんです。

板の上で生きるというのは舞台役者だけの特権だと思います。
私たちはこの世界の板の上で生きるのに精一杯で他の世界を知る一つの手段として舞台があります。
まゆしぃなら世界を作ることも生きることもできますよね。
色々な世界をこれからも楽しんでください。
1ヶ月前
×
更新ありがとうこざいます。
そしてまずは舞台の無事の成功おめでとうございます。今回の更新ではそんな舞台の役者としてのお話を知ることができて、とてもいい刺激になりました。
もうすぐ、次のイベントとなりますが、演出なども担当されるとのことなので、吉岡さんの世界観がどのように表現されるのか、とても楽しみにしています。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。