• このエントリーをはてなブックマークに追加
広橋 涼『こまごまかいてます』第366回「音叉」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

広橋 涼『こまごまかいてます』第366回「音叉」

2019-11-06 12:30
    ◆◇◆◇お知らせです◆◇◆◇

    『おとたま*いちごvol. 4~あなたのとなり~』
    [
    日時] 11/17()13/17(開場は開演の30分前)
    [
    会場] 香音里
    東京都新宿区天神町17( 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口徒歩1)
    [
    出演] 西村ちなみ 広橋涼 はんだすなお(pf.g.per)
    [
    お席代] 3500(前売り)/4000(当日)
    [
    予約https://ws.formzu.net/fgen/S71114843/
    チラシに出てくるいきものたちが出演するお話を読みます。昼と夜で少し変化がございます。ぜひ神楽坂まで遊びにきてください! 

    7fd71826a99df6583ded614dd8996d9c7169a2a9


    お琴に触れていたとき、調子笛を吹いて調子(調律)を合わせていました。ピアノはでっかい磁石のようなU字型の音叉を使って調律するイメージがあります。いまはどちらもチューナーが主流かもしれません。

    ピアノコンクールを題材にした『蜜蜂と遠雷』という映画を観たら調律師さんが登場していたので、音叉を使うのかしらと気になってしまいました。ぼんやり音叉について考えていましたら、知り合いから「お試しで音叉をやってみませんか」と声をかけられました。「お試し音叉」の響きにつられ、わけもわからずお試ししたわけですが、これが想像とまったく違うものだったのです。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/12/20
      【会員限定】『高田憂希・千本木彩花のしゃかりきちゃん』#103 直筆メッセージが到着!
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。